2019年10月11日 辺野古、シリア、松山大、北朝鮮、嘉手納、鹿子木、カナダ、幸之助

2019年10月11日の20件のマスコミ報道などを精査しました。新聞各社の報道では、無関係、高校生、カナダ、シリア、松山大、イベント、ジュゴン、辺野古、防空壕、受け入れ、きょう、不十分、幸之助、嘉手納、イラスト、鹿子木、北朝鮮、柔らか、市役所、ひったくり、などなどのフレーズが目に止まりました。20個のコンテンツURLを記録しておきます。
東北防衛局によると飛行訓練期間は15日~11月1日でFA18のほか、航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機、同千歳基地のF15戦闘機が、三沢東方と秋田西方の空域で戦闘機戦闘訓練を行う。また期間中、三沢対地射爆撃場(青森県三沢市、六ケ所村)で空対地射爆撃訓練も行う。
東奥日報2019/10/11青森
内戦下のシリアから逃れてきた男性らによる講演会が25日午後6~8時、松山市文京町の松山大樋又キャンパスである。愛媛、松山両大の学生や教授らでつくる主催の「世界を拓(ひら)く実行委員会」は「外国人観光客を大歓迎する一方、難民受け入れに消極的な日本の問題に光を当て、理解者を増やしたい」と来場を呼び掛けている。
愛媛新聞2019/10/11愛媛
【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は11日、旭川市内で女性3人から合わせて現金約1万8千円などを盗んだとして、第2後方支援連隊の3等陸曹榊枝(さかきえだ)俊一被告(33)=窃盗罪で起訴済み=を、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
北海道新聞2019/10/11北海道
陸上自衛隊金沢駐屯地は13日に予定していた創立69周年記念行事を中止し、代替として14日に一般開放を行う。 県関係施設では、いしかわ動物園(能美市)は夜間開園の「ナイトズー」を予定する12、13日の営業について11日以降に判断する。
北國新聞2019/10/11石川
さらに主人公らは、西南戦争激戦地の田原坂公園や山都町の蘇陽峡、世界文化遺産の三角西港なども次々に訪れている。鹿子木さんは「復興していく熊本を記録に残したい。旅行で訪れた人には、漫画の中の被災状況と、復興が進む今の姿を見比べてほしい」と話している。
熊本日日新聞2019/10/11熊本
国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)が11日、衆院予算委で質問に立ち、強い口調を交えながら憲法改正や外交・安全保障に関する安倍晋三首相の姿勢を追及した。憲法改正議論の推進を唱える前原氏は、首相の目指す方向性が就任当初は96条改正だったのに、現在は9条への自衛隊明記を含む党改憲案4項目などへ変わっていると指摘。
京都新聞2019/10/11京都
生徒の1人は、ソウルの戦争記念館で休戦中の朝鮮戦争について説明を受けたとし「今も緊張状態が続いており、戦争を身近に感じた」。別の1人は「隣の国なのに握手ですら違うことに気付いた」とし、文化や人々の暮らしについてそれぞれ報告した。
信濃毎日新聞2019/10/11長野
サブテーマは「平和と戦争」。できる限り戦禍の傷痕が残る場所に足を運んだ。ドイツ、アウシュビッツの死の門や、爆撃された建物が残るクロアチアの街、ベトナム戦争の爪痕など。
大分合同新聞2019/10/11大分
2017年10月に米軍ヘリ不時着・炎上事故が発生した東村高江で、米軍機による60デシベル以上の騒音回数が増加し続けている。沖縄防衛局による最新(19年4~7月)の騒音調査で、同区牛道で午前7時~午後7時に記録した騒音が2365回と過去5年の同期間で最多を記録した。
琉球新報2019/10/11沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設が始まって以降、工事海域に近い名護市嘉陽沖に生息していたジュゴン「個体A」の行方が分からなくなっている件について、沖縄防衛局が工事は無関係だとの見解を示していたことが分かった。
琉球新報2019/10/11沖縄
沖縄県の米軍嘉手納基地に6日に飛来していたカナダ空軍の哨戒機CP-140が10日午後3時47分、同基地へ着陸する様子が確認された。離陸時間は不明。防衛省は、北朝鮮籍船舶が別の船に横付けして物資を積み替える「瀬取り」を含む違法海上活動を監視するため嘉手納基地を拠点に同機が警戒活動を行うと発表しており、任務飛行をしたとみられる。
沖縄タイムス2019/10/11沖縄
国場幸之助衆院議員(比例九州)が代表を務める自民党の沖縄1区選挙支部が2017年衆院選期間中、防衛省の工事を受注中の那覇市の建設会社から30万円の献金を受けていたことが10日、分かった。国場氏側は9日に献金を返金した。
沖縄タイムス2019/10/11沖縄
沖縄県東村高江の民間牧草地で米軍の大型輸送ヘリが炎上事故を起こしてから11日でちょうど2年となった。事故前と変わらず、現地では昼夜を問わず集落上空を米軍機が飛び、事故に伴う補償も進んでいない。地権者の西銘晃さん(66)は「事故原因の説明もなく不安な状況は変わらない」と事故を振り返る。
沖縄タイムス2019/10/11沖縄
【東京】自民党の国場幸之助衆院議員(比例九州)が支部長を務める「自民党沖縄県第1選挙区支部」が2017年の衆院選期間中、当時防衛省と取引のあった那覇市の建設会社から30万円の献金を受けていたことが10日、分かった。
琉球新報2019/10/11沖縄
全国一の生産量を誇るパイン産業を生活の糧にする人が多い、のどかな集落に米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上して11日で2年になる。自然に囲まれたこの場所に米軍のヘリが不時着し炎上したのはなぜか。
琉球新報2019/10/11沖縄
【東】2017年10月に東村高江で米軍のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着・炎上した事故から11日で2年が経過した。事故現場となった牧草地の所有者、西銘晃さん(66)に対し国が約束していた損害補償は依然支払われず、西銘さんは「突然音沙汰もなくなり、まるで忘れられたようだ」と懸念を募らせている。
琉球新報2019/10/11沖縄
日本軍の北飛行場(読谷補助飛行場)方面へ向かったのは、何機もの米軍戦闘機グラマン。空襲警報が鳴ったのは、しばらくたった後だった。それから数時間、比嘉さんはその場に立ち尽くしていた。
沖縄タイムス2019/10/11沖縄
浜松市中区の萩丘幼稚園の園児が9日、西区の航空自衛隊浜松基地を訪れ、練習機「T-4」の外部燃料タンクをイラストで彩った。園児120人は、基地内の格納庫で、練習機などの整備に当たる隊員から筆と塗料を渡されると、長さ約4メートル、直径約0.5メートルのタンク四つに思い思いのイラストを描き始めた。
静岡新聞2019/10/11静岡
胸元に日の丸を掲げた制服を眺め、田中さんは「戦争に負けて劣等感に包まれていた私たちにとって、この服を着ることは本当に誇りだった」と語った。横に並べた真新しい五輪スタッフ限定のタオルを指さし、「あの時は日の丸で汗を拭くのは『とんでもない』という感覚だった」と、使用せず大切に保存していたことも明かした。
中日新聞2019/10/11静岡
...ク、下水道の日「下水道いろいろコンクール」表彰式(26日午後2時半に延期)、みや学講座「宇都宮の戊辰戦争と山本有三」(20日午後1時半に延期)、ことぶき文化祭(13日も中止)、ものづくりポリテクフェスタ2019▽13日宮ふれあいステーションジャズ、TOCHIBIヘアショー(11月13日に延期)【さくら】▽12日市ミュージアム「春の院展」開幕式典・ギャラリートーク&サイン会▽13日「瀧澤家住宅」本オ...
下野新聞2019/10/11栃木