2019年10月12日 アジア

2019年10月12日の5件のマスコミ報道を収集しました。この日マスコミで報じられた内容には、きょう、サミット、総動員、アジア、子ども、などなどのキーワードが目に止まりました。5件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
インドネシアから参加したアザリア・アユミンティアスさん(29)は「戦争を経て(酒造所が)残っている」と感慨深げに話した。ツアー参加者らは12、13日に那覇市の県立図書館で開かれる同ネットワークのサミットに参加する。
琉球新報2019/10/12沖縄
友軍と思ったのは米軍機。島の住民とっては初めて見る敵機で、経験したことのない空襲だった。山田さんら生徒たちはこの日、真栄里の海軍南(平得)飛行場の建設現場にいた。
沖縄タイムス2019/10/12沖縄
日本の対応すべき道としては、「日本の置かれた環境を考えると、中国と米国どちらかを選べと迫られるのは国益上で悪夢」としながら、「外交安全保障では米国以外の選択肢はない。日本の転機を意識すべき」と考えを述べた。
埼玉新聞2019/10/12埼玉
会議には県や県警、陸上自衛隊の担当者らが出席し、本部長の松村誠(まつむらまこと)県危機管理監は「記録的な暴風雨になる恐れがある。各部で準備、対応をお願いしたい」と呼び掛けた。一方、東京電力パワーグリッド栃木総支社によると、12日早朝から、県内3総支社の社員の約7割に当たる500人規模で、送電設備の巡視や復旧作業の態勢を整える。
下野新聞2019/10/12栃木
防衛省は自治体の要請を待たずに救援活動ができるよう、関東を中心に自衛隊員1万7千人の即応態勢を取った。気象庁によると、12日は静岡県南伊豆町で最大風速25・6メートル、東京・神津島で最大瞬間風速36・0メートルを観測。
山梨日日新聞2019/10/12山梨