2019年10月18日 自衛隊、辺野古、相模原、ヴァイオレット、神戸大学、東日本

2019年10月18日の17件の新聞記事を分析しました。ザッピングしたところ、神戸大学、不参加、文学部、ヴァイオレット、オスプレイ、がれき、見直し、トライ、自衛隊、市議会、足踏み、東日本、前夜祭、辺野古、相模原、ストレス、クラブ、リフレッシュ、といった語句が記事にありました。17件の記事URLは以下の通り。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田市議会(定数36)の最大会派・秋水会(15人)が17日、同市内のホテルで防衛省を招いた勉強会を開き、ずさんデータ問題を受けて実施する。
秋田魁新報2019/10/18秋田
政府は18日、国家安全保障会議(NSC)会合を首相官邸で開き、中東での航行の安全確保に向け、自衛隊の艦船や哨戒機の独自派遣を検討すると決めた。米国主導の有志連合構想には参加しない。活動範囲はオマーン湾やアラビア海北部、ジブチとイエメンの間にあるバベルマンデブ海峡東側を軸に調整し、イラン沖のホルムズ海峡は含めない。
北海道新聞2019/10/18北海道
例えばその空間がつねに戦争と表裏一体であった事実は、いっそう重みを増していく。じっさい神戸港の地形の変化を記述するのに、コンテナ化などの技術革新やグローバル経済の動態はもちろん、1950年代の朝鮮戦争や60~70年代のベトナム戦争を切り離すことはできない。
神戸新聞2019/10/18兵庫
山北町に着いた陸上自衛隊の給水車が県の災害派遣要請がなかったために給水せずに引き返した問題で、県は、陸自の給水車が町に到着したという情報があるのを把握しながら、町に派遣していた県職員に事実関係を尋ねず、虚偽の情報と疑っていたことが分かった。
東京新聞2019/10/18神奈川
新作映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、戦争で深い傷を負った少女が手紙の代筆を通じて回復していく物語。京都アニメーションは事件前に来年1月10日に公開を予告していたが、事件後に公開を延期すると公式ホームページで発表していた。
京都新聞2019/10/18京都
県内の陸上自衛隊は被災者に臨時の入浴施設を設置するため、福島県に向けて出発した。県営住宅は四日市▽鈴鹿▽津▽松阪▽伊勢―の5市で17戸用意している。対象は、自治体から罹災(りさい)証明所の発行を受け、継続的に自宅に住めなくなった被災者。
伊勢新聞2019/10/18三重
九州最大のよさこいイベント「第22回YOSAKOIさせぼ祭り」が18日、長崎県佐世保市で始まった。
西日本新聞2019/10/18長崎
あいぽーと佐渡(両津夷)では、海上自衛隊などの船舶やたらい舟の乗船、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の体験ができる。19日は夕方以降も「島の屋台村」(午後3時~8時)で飲食でき、開港150年記念花火(同7時半~)もある。
新潟日報2019/10/18新潟
米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが2016年に名護市安部の沿岸部に墜落した事故で、米側が米国内のプライバシー保護法を理由に操縦士らの氏名提供を拒んでいた。外務省の川村裕沖縄担当大使が県議会の要請団に明らかにした。
琉球新報2019/10/18沖縄
日米防衛協力体制は強化されているとし、懸念事項として沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題と来年3月に改定予定の駐留経費の負担に関する特別協定(思いやり予算)を挙げている。報告書は10月1日付。41ページにわたり、日本の外交政策や日米関係、エネルギーと環境問題、日米同盟、経済、日本の内政問題などを報道などを基に分析した。
沖縄タイムス2019/10/18沖縄
4人は在沖米軍基地の配置見直しの条項が盛り込まれる可能性がある国防権限法案に関する上下両院協議会のメンバーで、玉城知事は条項で辺野古も見直しの対象とするよう求めた。米国の1年間の国防予算の大枠を決める国防権限法案は上院案で在沖米軍基地に関する条項が盛り込まれ、上下両院が各院の案の一本化を協議中。
沖縄タイムス2019/10/18沖縄
実際にメンバーは体格の差異だけでなく、学生や会社員、米軍関係者など多彩な顔ぶれがそろう。陸上の円盤投げ選手として活躍し、2009年に女子円盤投げの日本高校記録(当時)を樹立した糸満みやさん(27)=沖縄市=はラグビーに転向し5年。
琉球新報2019/10/18沖縄
実際にメンバーは体格の差異だけでなく、学生や会社員、米軍関係者など多彩な顔ぶれがそろう。陸上の円盤投げ選手として活躍し、2009年に女子円盤投げの日本高校記録(当時)を樹立した糸満みやさん(27)=沖縄市=はラグビーに転向し5年。
琉球新報2019/10/18沖縄
【ワシントンで松堂秀樹】訪米中の玉城デニー知事は17日、米連邦議会議員5人と面談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する民意を伝え、「基地を使用する国として、当事者意識を持って向き合ってほしい」と訴えた。
琉球新報2019/10/18沖縄
陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画を巡り、防衛省九州防衛局による県有明海漁協への説明会が全15支所のうち、拒否などした3支所を除く12支所で終わった。
西日本新聞2019/10/18佐賀
台風19号に伴う永野川の決壊で約3千棟が浸水被害に遭った栃木市大平地域で、陸上自衛隊中部方面隊(兵庫県伊丹市)が17日、「野外風呂」を設営した。被災者は「六甲の湯」と書かれたのれんをくぐり、5日ぶりの入浴で心身をリフレッシュした。
下野新聞2019/10/18栃木
台風19号による大雨被害で、県内の被災地支援のため招集された即応予備自衛官の編成完結式が十七日、陸上自衛隊宇都宮駐屯地(宇都宮市)であり、高根徳通一等陸佐が「被災地の住民の期待に応えよう」と訓示した。即応予備自衛官は、大規模な災害などが発生した際に招集され、現職自衛官と同様に第一線で任務に就く。
東京新聞2019/10/18栃木