2019年10月24日 辺野古、東洋一、フェス、戊辰戦争、緑ヶ丘、会津若松、有料道路橋

2019年10月24日の16件の報道を観察しました。この日収集した新聞各社の報道には、ホテル、東洋一、有料道路橋、辺野古、公権力、戊辰戦争、小学校、取り消し、いのち、会津若松、フェス、子ども、無駄遣い、保育園、緑ヶ丘、などなどの言葉が目に止まりました。16件の記事へのリンクをスクラップしました。
当時、日清戦争後の不況などで名古屋港の築港に反対意見が多かった。助七郎はロシアの巡航博覧会船「ろせった丸」の入港をあえて小規模な熱田港へ誘致し、大規模な名古屋港の必要性を訴えた、との逸話もある。「名古屋港を造った中心的な人物」と、名古屋港管理組合の広報担当者は評する。
中日新聞2019/10/24愛知
当時、日清戦争後の不況などで名古屋港の築港に反対意見が多かった。助七郎はロシアの巡航博覧会船「ろせった丸」の入港をあえて小規模な熱田港へ誘致し、大規模な名古屋港の必要性を訴えた、との逸話もある。「名古屋港を造った中心的な人物」と、名古屋港管理組合の広報担当者は評する。
中日新聞2019/10/24愛知
(保母哲)母親大会は、広島と長崎に投下された原爆、米国による水爆実験などを機に、「戦争から子どもたちを守ろう」と全国各地で開催されている。県大会は六十二回目で、今回は第六十回市川市母親大会との共催となる。
東京新聞2019/10/24千葉
防衛省防衛研究所や外務省に勤務したことがある教授の経歴から、中国当局が当初から拘束目的で招聘(しょうへい)したとの見方も浮上している。関係筋によると、教授は社会科学院から研究報告を求められて訪中し、滞在は2週間の予定だった。
北海道新聞2019/10/24北海道
校庭には、被災地支援を行う陸上自衛隊の関係車両などが常駐。体育館には市の現地対策事務所がある。事務所は今月末にも校庭に設置されるプレハブに移される予定で、その後に体育館は利用可能となる見込み。
福島民友新聞2019/10/24福島
戊辰戦争で没した土佐、薩摩、長州、大垣など各藩の藩士らが埋葬されている会津若松市の西軍墓地で23日、墓前祭が行われ、参列者が戦死者の霊を慰めた。会津戊辰戦役西軍墳墓史跡保存会の主催。同会のほか佐賀、山口両県の関係者ら約60人が参列した。
福島民友新聞2019/10/24福島
海上自衛隊は24日、配偶者に継続的に暴力を振るったとして、厚木基地所属の第3航空隊の1等海尉(32)を停職3カ月の懲戒処分にした。
神奈川新聞2019/10/24神奈川
架橋事業は太平洋戦争で中断し、1955年に全長316メートルの当時「東洋一」と呼ばれたアーチ橋が開通。国内初の有料道路橋として長崎と佐世保を結ぶ最短ルートとなり、県内の人や物の動きを変えた。西海橋が昨年、国の登録有形文化財になったため総合学習のテーマに選んだ。
長崎新聞2019/10/24長崎
田上氏は「沖縄は戦争の悲しい歴史があり、広島、長崎と共有できる部分がある」として、相互参列に意義があると述べた。沖縄の追悼式への出席は、定例市議会の日程と重なる可能性があり、「検討しないと分からない」と話した。
長崎新聞2019/10/24長崎
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄県が国を相手に提起した「関与取り消し訴訟」。福岡高裁那覇支部は判決で、沖縄防衛局などの国の機関であっても一般私人と認められるとの見解を示した。県内からは現状の司法制度に異議を唱える声や、県側への要望の声が上がった。
琉球新報2019/10/24沖縄
また、沖縄の米軍基地建設をはじめ、植民地や東アジアの歴史認識に関する史実、各国に広がる難民の現状など、現在の世界が抱えるあらゆる問題を扱った作品が並ぶ。芸術家の視点で多様な主題を表現へと変換し、国という枠組みを超えた創造的な観点を提供することが国際芸術祭の役割だと私は理解しているが、その意義を十分に果たしている。
沖縄タイムス2019/10/24沖縄
【宜野湾】宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園に2017年12月、米軍部品が落下してから2年を迎える前に、園児の保護者らが音楽とトークの交流イベント「ことりフェス~お空を飛ぶのは小鳥さんだけがいいな」を11月24日午後2時半から、市立中央公民館で開催する。
琉球新報2019/10/24沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相裁決の取り消しを求めた「関与取り消し訴訟」で、福岡高裁那覇支部が県の訴えを却下した。法をねじ曲げてでも地方の決定を押しつぶす政府の強権的なやり方に、裁判所がお墨付きを与えることになる。
琉球新報2019/10/24沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決の取り消しを求め、県が国を相手に7月に提起した「関与取り消し訴訟」で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は23日、県の訴えを却下した。
琉球新報2019/10/24沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは24日、市安和の琉球セメント桟橋前に集まり「民主主義を壊すな」「税金の無駄遣いをやめろ」などと声を上げた。21日から始まった「ストップ辺野古―連続5日大行動」の3日目。
琉球新報2019/10/24沖縄
...業促進意見交換会▽衆院農林水産委員会▽衆院本会議〉【今村】東京〈党再生可能エネルギー普及拡大議連▽衆院本会議▽党たばこ特別委員会〉【古川】東京〈九州治水期成同盟連合会意見交換会▽衆院農林水産委員会▽上場土地改良区上場会との意見交換会〉【岩田】東京〈九州治水期成同盟連合会意見交換会▽港湾議連総会▽衆院安全保障委員会〉=参院=【福岡】東京〈九州治水関係事業促進意見交換会▽党人生100年時代戦略本部▽平成研究会意見交換会〉【山下】東京〈九州治水関係事業促進意見交換会▽弘学館高校修学旅行▽上場土地改良区上場会との意見交換会〉(日程は変わることがあります)。
佐賀新聞2019/10/24佐賀