2019年10月29日 嘉手納、ゴルバチョフ、辺野古、フィリピン、戊辰戦争、ヒデコ

2019年10月29日の20件のメディア記事などをチェックしました。この日マスコミで報じられた内容には、ゴルバチョフ、ヒデコ、戊辰戦争、友の会、フィリピン、自治体、嘉手納、申し入れ、辺野古、立ち往生、きょう、中学生、などなどのキーワードが目に止まりました。20個のコンテンツURLを記録しておきます。
河野太郎防衛相は29日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備計画を巡る防衛省の調査ミスを受け、外部有識者による専門家会議を設置したと発表した。
秋田魁新報2019/10/29秋田
京都府舞鶴市の中学生が10月上旬、職場体験で訪れた海上自衛隊の艦艇で、機関砲の模擬体験をしていたことが29日までに分かった。市教育委員会などは「問題はない」としているが、自衛隊員が扱う火器を中学生が操作することを疑問視する声も上がっている。
京都新聞2019/10/29京都
三浦岸壁にはクルーズ船が、隣接する新みなと岸壁には海上自衛隊の艦船が停泊していた。クルーズ船の乗客は、船を降りて目当ての観光地へ。市民は散歩をしたり、釣りをするなど、のんびりと過ごす。
長崎新聞2019/10/29長崎
帰国後も活動したが、日中戦争に反対したため逮捕、投獄され、第2次大戦直後に東京で死亡した。内村鑑三に従ったキリスト者でもあり、近年その業績の掘り起こしが進んでいる。記念館は、NPO法人末永敏事平和記念館(末永次利理事長)が木造2階建ての施設を整備。
長崎新聞2019/10/29長崎
世界が新冷戦と呼ばれる軍拡競争に向かっている今だからこそ、かつて壊滅的な世界戦争を回避させた巨人の言葉は非常に重い。東西冷戦を終結に導き、ノーベル平和賞を受賞したミハイル・ゴルバチョフ氏は本紙のインタビューに対し、日本復帰後も沖縄に核兵器が存在するかどうかを検証する必要があると説いた。
琉球新報2019/10/29沖縄
3人の少年の交錯し変化する関係を太平洋戦争を思わせる戦争などを背景に描く。タイに滞在経験があり、BTFの責任者に「突撃」して参加を決めた神田さんは「タイに持ってきたら、どうなるんだろうと期待感がある」と話す。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
【東京】米軍が29日午後に予定する嘉手納基地でパラシュート降下訓練を巡り河野太郎防衛相は同日の記者会見で、米側に中止を求めたことを明らかにした。河野氏は「天候を条件として嘉手納でパラシュートの降下訓練が度々行われるのは、明らかにSACO合意に反する」と強く抗議した。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
【東京】河野太郎防衛相は29日の閣議後会見で、米軍が嘉手納基地内でのパラシュート訓練実施を通知していることについて「明らかにSACO合意に反することで、受け入れることはできない」と強い不快感を示し、米側に中止を申し入れたと明らかにした。
琉球新報2019/10/29沖縄
28日午前7時15分ごろ、沖縄県宜野湾市大山の国道58号南向き車線で「米軍車両が止まって渋滞している」などと目撃者から宜野湾署に通報があった。同署によると米軍車両1台が故障し、午前9時ごろ撤去されたという。
琉球新報2019/10/29沖縄
クレーマーさんは当時、米軍牧港住宅地区(現在の那覇新都心周辺)に住んでおり、ヒデコさんは基地の道向かいにある青のコンクリート住宅に住んでいた。週に1、2度、日本語や英語を教え合って交流したが、その時代は電子メールなど手軽に連絡を取る手段もないため、離沖を機につながりがなくなったという。
琉球新報2019/10/29沖縄
米軍嘉手納基地を拠点とする空軍のMC130J特殊作戦機が、米軍伊江島補助飛行場で重さ約500グラムの部品を落下した事故で、嘉手納町議会(徳里直樹議長)は28日に臨時会を開き、第18航空団や米空軍第353特殊作戦群など日米関係機関に対し、すべての航空機の整備点検と安全管理の徹底などを求める抗議決議と意見書の両案を全会一致で可決した。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
米軍が29日、米軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を計画していることが分かった。米連邦航空局の航空情報(ノータム)に午後4~8時の間に実施すると記載された。降下訓練は日米特別行動委員会(SACO)最終報告で伊江島補助飛行場に集約すると合意しており、地元自治体や沖縄県は訓練の中止を求め、日本政府も嘉手納での実施を問題視している。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
【中部】米連邦航空局は28日、米軍が29日午後4~8時に嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施すると航空情報で発表した。実施されれば同基地での降下訓練は今年4回目。米軍はこれまでの降下訓練でMC130特殊作戦機を使用している。
琉球新報2019/10/29沖縄
「いかなることがあっても絶対に戦争はしてはいけない。思いやりの心を持って支え合って楽しい学校生活を送ることが平和を築くことになる」と訴えた。岩美西小6年生の土井大和さん、岩美北小6年の中山遥久(はく)さん、岩美南小6年の言水くるみさんは「生きて親元に帰るんだという強い意思で生き抜いたことが分かった。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
【中部】米軍は29日夕、米空軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した。訓練は5月21日以来。今年に入り4回目で日米特別行動委員会(SACO)合意後の年間実施回数は最多となった。
琉球新報2019/10/29沖縄
【中部】米軍は29日夜、米軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した。日米特別行動委員会(SACO)最終報告で降下訓練は伊江島補助飛行場に集約すると合意しており、嘉手納基地の使用は「例外的」とされている。
沖縄タイムス2019/10/29沖縄
オープンした1997年4月は米軍普天間飛行場の辺野古への移設が浮上した直後だった。22年余り、店を経営しながら基地問題の経緯を見詰め、新基地建設反対を訴え続けてきた西川さん。昨年、埋め立て区域への土砂投入が始まり、政府が新基地建設工事を強行する中、「今からでも何かをしなければ」との思いで閉店を決断。
琉球新報2019/10/29沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で29日、名護市安和の琉球セメント桟橋前に集まった市民約25人が抗議の声を上げた。抗議活動参加者の中に、米軍基地と隣り合わせで生活してきたがゆえに戦後にもかかわらず戦争を意識してきた男性がいる。
琉球新報2019/10/29沖縄
「戦争のせいで父の国、日本とのつながりが途絶えた。皆弱っている。残る時間はわずかだが、どうか日本人と認めてほしい」と訴えた。
琉球新報2019/10/29沖縄
戊辰(ぼしん)戦争で戦死した長州、薩摩、土佐などの西軍(新政府軍)藩士らが埋葬されている福島県会津若松市の西軍墓地を、地元の人たちが守っている。23日に墓前祭が行われ、地元関係者や山口、佐賀両県の関係者ら約60人が参列した。
山口新聞2019/10/29山口