2019年11月7日 野辺山、木更津、オスプレイ、六ケ所

2019年11月7日の12件のマスコミ報道などを解析しました。一通りチェックした感じでは、六ケ所、市議会、オスプレイ、ピアノ、自治体、チラシ、木更津、高校生、野辺山、などの文字が散見されました。12の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
航空自衛隊は六日、日進市の県口論義運動公園で地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の作動手順を確認する訓練を報道陣に公開した。北朝鮮の弾道ミサイルの発射が相次ぐ中、技術の向上などを目的に実施した。弾道ミサイルへの対応にあたる第四高射群第十五高射隊(岐阜県各務原市)が公園内の駐車場で作業し、レーダーやアンテナを組み立て、機材を動かす手順を確認した。
中日新聞2019/11/7愛知
防衛省は7日、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練中だった6日午後6時35分ごろ、三沢市と六ケ所村にまたがる三沢対地射爆撃場から西約5キロの訓練区域外の同村民有地に、模擬弾1発を誤って落としたと明らかにした。
デーリー東北2019/11/7青森
防衛省は7日、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練中の6日午後6時35分ごろ、三沢対地射爆撃場(青森県三沢市、六ケ所村)から西約4.8キロの地点に、重さ226キロの模擬弾を誤って落とす事故を起こしたと明らかにした。
東奥日報2019/11/7青森
集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法に反しており、平和に生きる権利(平和的生存権)を侵害されたとして、国内外の1553人が国に1人10万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が7日、東京地裁であった。
北海道新聞2019/11/7北海道
太平洋戦争で日米の激戦地となったペリリュー島(現パラオ共和国)から生還した元日本兵の永井敬司さん=茨城町小鶴=が4日、同町の病院で亡くなった。98歳。戦後は和菓子店を営んでいた。
茨城新聞2019/11/7茨城
5日午前9時半ごろに南佐久郡南牧村のJR野辺山駅付近で灰色の航空機が低空飛行した問題で、在日米軍は6日、信濃毎日新聞の取材に「お問い合わせの航空運用は、日米政府間で合意した空域と規制に沿うもの」と回答した。
信濃毎日新聞2019/11/7長野
結果、米軍の艦砲射撃の標的となり、灰じんに帰した。復帰で国所有に戦後、沖縄を支配した米軍政府は首里城跡地に大学設置を決める。首里城は戦前は首里区、戦後は旧首里市の所有となっていた。
琉球新報2019/11/7沖縄
戦争の悲惨さを伝えるピアノとして、ぜひ多くの人に音色を聴いてほしい」と呼び掛けている。被爆ピアノは1945年8月6日の広島への原爆投下で傷つき、後に修復された。修復した調律師の矢川光則さん=広島県=が全国各地でコンサートを展開している。
沖縄タイムス2019/11/7沖縄
18校56人が参加し、子どもの貧困や海への赤土流出、米軍基地の問題などで、解決に向けた県の取り組みをただした。地域の課題を中心に質問。名護の座間味潤也さんらは、那覇市と名護市を1時間で結ぶ県の鉄軌道建設計画について「北部地域の発展につながる」と期待。
沖縄タイムス2019/11/7沖縄
沖縄署が管内で交通安全の広報活動を米軍と合同で行うのは初めて。信号待ちのドライバーに、米憲兵隊員や沖縄署の警察官、ボランティアら約45人がチラシを配りながりながら、注意を促した。道路交通法の改正に伴い12月1日から運転中の携帯電話の使用罰則が強化されることや、米軍人による飲酒運転の摘発が相次いでいることなどを受け、米軍人や県民に広く広報することが目的。
琉球新報2019/11/7沖縄
陸上自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画が実現するまでの暫定的な配備を巡り、候補地の陸自木更津駐屯地(千葉県)がある木更津市議会が6日、佐賀県を視察した。
佐賀新聞2019/11/7佐賀
米軍岩国基地(岩国市)所属の戦闘機部隊で悪質な規則違反が横行していた問題で、村岡嗣政知事は6日の定例会見で、防衛省が高知県沖の墜落事故の調査結果を県に示す際に具体的な規則違反を説明しなかった対応につ。
山口新聞2019/11/7山口