2019年11月18日 嘉手納、外務省、オスプレイ、アメリカ、レンゾ、福岡女子大

2019年11月18日の16件の報道各社の記事などを分析しました。この日収集した新聞各社の報道には、見直し、福岡女子大、シンポ、アメリカ、外務省、思いやり、レンゾ、嘉手納、引き揚げ、教え子、姫路駐屯地、いびつ、オスプレイ、イエズス、ミサイル、といった表現が記事にありました。16件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
太平洋戦争の終結から約3カ月たった1945年11月24日、福岡市の博多港に「引揚援護局」が設置された。
西日本新聞2019/11/18福岡
戊辰戦争を戦った会津の義をテーマにしたシンポジウムが17日、会津若松市で開かれ、幕末に孝明天皇から会津藩主松平容保(かたもり)へと贈られた「御宸翰(ごしんかん)」(天皇直筆の書簡)を巡って出席者が議論した。
福島民友新聞2019/11/18福島
シンポジウム「戊辰戦争150年を超えて会津の義-孝明天皇の御宸翰(ごしんかん)から」は十七日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで開かれた。
福島民報2019/11/18福島
陸上自衛隊姫路駐屯地(兵庫県姫路市峰南町)で17日、創立68周年の記念行事があった。約250人の隊員が車両の紹介や空砲を使った模擬訓練にきびきびした動きを見せ、親子連れらがカメラを手に見守った。同駐屯地は1951年に設立。
神戸新聞2019/11/18兵庫
軍服姿で、戦争に行く前に写したとみられ「知らなかった父の姿を知ることができた」と写真を見詰めた。父からは「土蔵には家宝がある」と伝えられていたが、高価そうな物はなかった。「戦中戦後に何度か泥棒に入られたらしく、盗まれてしまったのかもしれない」と済田さん。
中日新聞2019/11/18石川
陸上自衛隊武山駐屯地業務隊(横須賀市)は18日、業務時間に仕事を離れて飲酒したなどとして、同隊の40代男性行政職員を停職4日の懲戒処分にした。
神奈川新聞2019/11/18神奈川
法王は核兵器や戦争のほかに原発、死刑、自殺問題など「日本でしか言えないことを話すだろう」と予想した。レンゾ氏は、江戸幕府の禁教令まで日本のイエズス会本部などが置かれ、現在発掘調査中の県庁跡地に関するシンポジウムに出席するため来崎した。
長崎新聞2019/11/18長崎
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する市民は18日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込み、建設資材を搬入する工事車両に対し抗議した。時折強い雨が降る中、約50人が「違法工事今すぐやめろ」「美ら海守れ」などと声を上げ、基地建設反対を訴えた。
琉球新報2019/11/18沖縄
【嘉手納】米軍が1992年には、嘉手納基地(沖縄県)で海に泡消火剤を流出していたことが明らかになり、町民からは「垂れ流しだったのではないか」と不安の声が漏れた。公表しない米軍の姿勢を批判する声も上がった。
沖縄タイムス2019/11/18沖縄
在日米軍駐留経費のうち、日本による米側負担の肩代わり分を指す「思いやり予算」。1978年、米軍基地で働く日本人従業員の「労務費」の一部(62億円)を対象に日本側の支払いが始まったが、その後も米国の負担要求に応じる形で支払い範囲は拡大。
琉球新報2019/11/18沖縄
【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍嘉手納基地で1992年まで、泡消火剤が嘉手納マリーナなど基地外の海に継続的に流出していたことが分かった。人体への影響が疑われる有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)を含んでいた可能性がある。
沖縄タイムス2019/11/18沖縄
【宮古島】宮古島市の平良港に15日入港した海上自衛隊佐世保地方隊第3ミサイル艇隊の「しらたか」が17日、一般に公開され、家族連れらが船内を見学した。一方、陸上自衛隊配備に反対する市民らが「私たちは歓迎していない」などと抗議の声を上げた。
沖縄タイムス2019/11/18沖縄
在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行の5倍の増額を求めていた。トランプ氏の法外な要求をむしろ奇貨として、ゆがんだ日米の「同盟」関係を見直していくべきである。
琉球新報2019/11/18沖縄
【東京】在日米軍駐留経費を巡って米側からの負担要求が強まっていた1978年5月、外務省幹部が日米地位協定改定による対応は困難だとして、別に特別取り決めを結び、日本側が支払いに応じるよう提起した文書の存在が明らかになった。
琉球新報2019/11/18沖縄
身近で戦争を語っていた親戚が亡くなるにつれ沖縄戦に関心を抱くようになり、在学中から障がい者4人の体験を聞き取り、結果をまとめてきた。「神谷さんにも絶対に会いたい」と思っていたところ、今年参加した沖縄戦のシンポジウムで読谷村の平和ガイドをする比嘉涼子さんと出会い、調査が実現したという。
沖縄タイムス2019/11/18沖縄
佐賀新聞社が11月8~10日に実施した県民世論調査で、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、「賛成」が前回から4・3ポイント増えて33・0%となり、「反対」の35・9%(前回比0・1ポイント減)と拮抗(きっこう)した。
佐賀新聞2019/11/18佐賀