2019年11月29日 三本松、共産党、中曽根、シベリア、長崎大、山口組、馬毛島

2019年11月29日の17件のメディアの記事を収集しました。可能な限りみたところ、みょう、馬毛島、中曽根、受け入れ、核兵器、見返り、贈収賄、オスプレイ、シベリア、共産党、乳幼児、ワクチン、クラブ、コレラ、わいせつ、三本松、山口組、生まれ、どころ、同窓会、長崎大、不具合、といったことばが見出しに使われていました。17件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
実験には陸上自衛隊相馬原駐屯地の第12旅団のヘリコプターが協力した。実験結果を踏まえ、農水省は12月以降に本格的な散布を始める予定。農水省によると、実験ではワクチンを散布する際のヘリコプターの適切な高度や速度などを確認した。
上毛新聞2019/11/29群馬
冷え込んでいた米国との信頼関係回復に努め、日米安全保障体制を強化し、レーガン大統領と「ロン・ヤス」と呼び合う親密な関係を築いた。「日米は運命共同体」「日本列島を不沈空母にする」などの発言や、戦後の首相として初の靖国神社公式参拝、防衛費の国民総生産(GNP)比1%枠撤廃などの政策は野党勢力の反発を受けた。
北海道新聞2019/11/29北海道
ただ、中国では共産党と国民党の内戦が激化し、共産党を支援するため戦地に送られるというデマもあった。「考えても仕方ないけど、何がほんまか分からへん。いつか帰れるやろ、と言うてる間に4年が過ぎた」〈国の資料などを見ると、46年5月、日本の度重なる要望を受け、連合国軍総司令部(GHQ)が捕虜解放の協議をソ連と始める。
神戸新聞2019/11/29兵庫
自動小銃は米軍の主力兵器として使われているもので、個人での入手は考えにくいという。警察当局は、事前に綿密な計画を立てていた可能性があるとみて、組織的関与の有無などを捜査する。この事件では京都府警が27日、銃刀法違反容疑などで無職朝比奈久徳容疑者(52)=愛知県江南市=を現行犯逮捕。
神戸新聞2019/11/29兵庫
 秋田県出身の壇蜜さんは「いい夫婦の日」の22日に結婚したばかりで、映画「関ケ原」、ドラマ「半沢直樹」に出演し、防衛省や環境省のPRにも貢献している。 複数の事業者から配役の提案を受け、知名度の高さなどを考慮して決定した。
北國新聞2019/11/29石川
香川県東かがわ市出身の海軍士官で、将来を嘱望されながら太平洋戦争で39歳の若さで戦死した樋端(といばな)久利雄(1903~43年)が、士官時代に使っていた昭和初期の帽子が今夏、同市伊座の生家で見つか。
四国新聞2019/11/29香川
米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている西之表市の馬毛島について、政府は29日、馬毛島の大半を所有するタストン・エアポート(東京)と売買契約を結んだ。タストン社が所有する大半の土地を約160億円で購入する。
南日本新聞2019/11/29鹿児島
酔っぱらった末にわいせつな行為をしたとして、海上自衛隊は28日、護衛艦「おおなみ」乗組員の30代男性3等海曹を停職6カ月の懲戒処分にした。
神奈川新聞2019/11/29神奈川
海上自衛隊の食料納品業務で便宜を図った見返りに接待を受けたとして、収賄の罪に問われた海自横須賀造修補給所の2等海曹(47)=横須賀市汐入町=と、贈賄の罪に問われた同市の食料品製造販売会社の元社長の。
神奈川新聞2019/11/29神奈川
長崎県の米海軍佐世保基地の若手軍人らが29日、海上自衛隊北吸桟橋(京都府舞鶴市北吸)を訪れ、海自舞鶴地方総監部などの隊員と交流した。日米の相互理解と国際交流が目的で、24~26歳の米軍人4人と、舞鶴と佐世保に在籍する海自の若手隊員6人が参加した。
京都新聞2019/11/29京都
冷戦下の1981年、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世による広島での演説は、核戦争の防止が主眼だったと思うが、時代は大きく変わり、視野も広がっている。一方、フランシスコの広島での演説は、原子力の戦争利用を「犯罪」と言い切るなど、長崎よりも平和理念的だった。
長崎新聞2019/11/29長崎
同発電所は米軍北部訓練場G地区のヘリコプター発着場(ヘリパッド)に隣接。そのため唯一の入り口はフェンスで閉ざされ、警備員が立っているため内部の様子はうかがえない。救急車やパトカーが出動し、普段は静かなやんばるの森にサイレン音が鳴り響いた。
琉球新報2019/11/29沖縄
隣接する米軍嘉手納基地を離陸したF15戦闘機の音だ▼砂辺で暮らす当時86歳の男性は「何十年間も耳鳴りがひどい。深夜も爆音のたびに跳び起きる毎日だから」と話していた。昼寝どころの話ではなかった▼15年たったが、基地周辺にまき散らされる騒音は変わらない。
琉球新報2019/11/29沖縄
総事業費は約9億8千万円で、防衛省の補助事業を活用する。関連議案可決後の来年1月、指定管理者の公募とともに着工し、21年1月の完成予定。4月から利用者の受け入れを始める。
琉球新報2019/11/29沖縄
【オスプレイ配備計画】防衛省からの要請を受ける形で、県有明海漁協15支所ごとの説明会が開催され、12支所で終わった。26日には本所で徳永重昭組合長と話し、残る3支所でも説明会が開かれるよう環境を整えてほしいと要請した。
佐賀新聞2019/11/29佐賀
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、共産党佐賀県委員会(今田真人委員長)は28日、県庁を訪れ、受け入れ表明の撤回を求める要望書を山口祥義知事宛てに提出した。県有明海漁協の南川副、早津江の両支所で防衛省の説明が終わっていないことや、コノシロ(コハダ)漁への騒音影響調査で防衛省が、漁業者に漁への影響を評価せずに伝えた点などを問題視し、受け入れの撤回を求めている。
佐賀新聞2019/11/29佐賀
富山県警を含む中部管区の6県警は29日、富山市惣在寺の県広域消防防災センターや県総合運動公園などで、陸上自衛隊や富山市消防局などを交え、大規模災害を想定した合同訓練を行った。約520人が参加。
北日本新聞2019/11/29富山