2019年12月7日 太平洋戦争、緑ヶ丘、木更津、アメリカ、佐世保

2019年12月7日の19件の報道各社の記事を確認しました。この日に見つかった報道の言葉は、ブロック、クリスマス、緑ヶ丘、木更津、出来事、佐世保、太平洋戦争、子ども、明らか、コスモス、オスプレイ、不合理、保育園、公会堂、不思議、アメリカ、きょう、のようなフレーズが使われていました。19個のコンテンツURLを記録しておきます。
陸上自衛隊木更津駐屯地の垂直離着陸輸送機オスプレイ暫定配備計画を巡り、木更津市は六日、六〜八月の住民説明会で出された疑問に、防衛省がどのように回答したかを論点とした報告書を公表した。オスプレイの安全性について「防衛省の説明に不合理な点はない」と結論付けるなど、同省の主張におおむね理解を示す内容となった。
東京新聞2019/12/7千葉
車両は当初、ガソリンエンジンが使われてきたが、燃料事情を反映して太平洋戦争中は木炭車、戦後はディーゼル車にと変遷してきた。鉄道ファンの坂中さんはシステムエンジニアの仕事の傍ら、十五年ほど前から全国各地で森林鉄道の歴史を調べてきた。
中日新聞2019/12/7岐阜
戦争体験者が減る中、第九を通じて平和の大切さを次世代に引き継げる。さらに流れが広がってほしい」□「ルートヴィヒに恋して」は2020年1月4日から、大阪市淀川区十三本町のシアターセブンで上映される。■姫路第九合唱団1972年初演、質の高い演奏姫路労音が公募する「姫路第九合唱団」の初演は1972年12月。
神戸新聞2019/12/7兵庫
...3: 須崎総合高校がスタート(4月)24: 新「とさのさと」オープン(4月)25: ドクヘリ飛行域に米軍機(4月)26: 絵金屏風が初の本格修復へ(4月)27: 統一地方選の後半戦投開票(4月)28: 土佐清水市にアウトドア拠点(4月)29: 米軍機が県ヘリとニアミス(5月)30: 高知日赤新病院が開院(5月)31: 宿毛市に県内最大級水産施設(5月)32: 鍋島が日本選手権3年連続V(5月)33...
高知新聞2019/12/7高知
北上市口内(くちない)小の6年生10人が6日、地元の北上平和記念展示館を訪れ、河北新報に掲載された記事を教材にして太平洋戦争について学んだ。教材は1972年3月11日の岩手県内版に掲載された記事「生きた英霊」。
河北新報2019/12/7宮城
太平洋戦争末期の1945(昭和20)年に長野市南部に駐留した陸軍部隊が、米国との本土決戦に備えて千葉県で編成された後、大本営陸軍部を構成する参謀本部のトップ、参謀総長(当時は梅津美治郎)の指揮下に入っていたことが6日、分かった。
信濃毎日新聞2019/12/7長野
第7遠征打撃群司令官フレッド・ケイチャー少将は「この船は、自由で開かれたインド太平洋地域を同盟国などとともに守りつつ、この重要な地域の安全保障や安定、繁栄に対する米国の責務を支援する大切な役割を担う」と強調した。
長崎新聞2019/12/7長崎
米軍に対し危険な演習を直ちにやめるよう強く求めたい。金武町伊芸で米軍の照明弾が民間地域に落下する事故が5日に発生した。落下が確認された田んぼは、民家まで50メートルしか離れていない。
琉球新報2019/12/7沖縄
警察庁の担当者は、米軍の物かどうかについての確認は現在も取れていないと説明し、原因究明について「必要であれば県警で適切に対応していく」と述べた。保護者らが求めている落下時の再現実験に関しては「痕跡と音声データの解析を含め、どういう再現がふさわしいか検討している」と語った。
琉球新報2019/12/7沖縄
一方、県議会米軍基地関係特別委員会の仲宗根悟委員長は11日に予定される同委員会で落下に抗議し、再発防止を求める決議と意見書を提案する方針だ。玉城知事は「落下場所は、直近の民家まで約50メートル。周辺には沖縄自動車道などがある」と説明した。
琉球新報2019/12/7沖縄
【うるま】1961年12月7日、米軍嘉手納基地所属のF100D戦闘機が旧具志川村川崎(うるま市川崎)に墜落し、死者2人、重軽傷者6人が出た事故から58年。当時22歳で、墜落現場から約100メートル離れたところにいた大嶺良子(よしこ)さん(80)=うるま市川崎=が、その時の様子を語った。
琉球新報2019/12/7沖縄
突然米軍機の「ゴー」という轟音(ごうおん)が周辺を支配し、園児は上空を見上げたり、耳をふさいだり。2年前に米軍機部品が落下した緑ヶ丘保育園(宜野湾市野嵩)の日常だが、保育士の瑞慶覧愛美さん(28)=中城村=は事故を機に「日常ではない」と気付かされた。
琉球新報2019/12/7沖縄
5日から6日にかけて金武町伊芸の田んぼなどで米軍の60ミリ迫撃砲照明弾3発が見つかった問題で、県警は同日、沖縄防衛局などの関係機関と連携して情報収集などを実施した。現段階では人的・物的被害が確認されておらず、刑法など適用される法律がないことから調査にとどまっており、立件は厳しい見通しだ。
琉球新報2019/12/7沖縄
【金武】落下した米軍照明弾が民間地から見つかった金武町伊芸区では、最初の発見から一夜明けた6日朝も「パラパラ」「ダダダ」という米軍演習の射撃音が響いた。区民で作る行政委員会のメンバーらが一帯を捜索すると、2発の照明弾を2時間以内に発見した。
琉球新報2019/12/7沖縄
【うるま】1961年12月7日、米軍嘉手納基地のF100D戦闘機が旧具志川村川崎(うるま市川崎)の民家に墜落し、死者2人、重軽傷者6人が出た事故から58年になる。川崎小学校(伊波みどり校長)では6日、集会が開かれ、全児童が平和への誓いを立てた。
琉球新報2019/12/7沖縄
陸上自衛隊の輸送機オスプレイの木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備を巡り、木更津市は6日、防衛省のこれまでの説明に対する市の見解をまとめ、「暫定期間を明らかにしなければ受け入れるかどうか判断はできない」とする報告書を公表した。
佐賀新聞2019/12/7佐賀
首都圏在住などの戦争体験者三十人以上が自身の記憶を後世に伝えるイベント「戦場体験者と出会える茶話会」が六日、台東区の浅草公会堂(浅草一)で始まり、若い世代から高齢者まで多くの人が会場に訪れている。八日まで。
東京新聞2019/12/7東京
政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)に配備する計画を巡って、防衛省中国四国防衛局は6日、地元住民向けの説明会を萩市と阿武町で。
山口新聞2019/12/7山口
防衛省は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の山口県配備について、現行計画地のむつみ演習場(萩市、阿武町)が適しているとの内容の再調査結果をまとめ、村岡嗣政知事に伝達する方針を固めた。
山口新聞2019/12/7山口