2019年12月4日 中曽根、オキナワ、下仁田、辺野古、日本原、佐世保、馬毛島

2019年12月4日の16件のメディア記事を精査しました。にマスコミで報じられたニュースには、オスプレイ、中曽根、馬毛島、太平洋戦争、佐世保、日本原、小金井、兄さん、市町村、いのち、オキナワ、埋め立て、下仁田、辺野古、アフガニスタン、県議会、アルバム、などの熟語などが目に止まりました。16件の記事へのリンクをスクラップしました。
12月県議会は4日、本会議を開き、住谷達(自民)、石川ひとみ(社民)、小原正晃(つなぐ会)の3氏が一般質問した。
秋田魁新報2019/12/4秋田
◎戦前から残る建物当時の面影そのままに映画は太平洋戦争前のビリヤード場で繰り広げられる男女の恋愛物語で、監督、脚本は田口敬太さん(33)=東京都杉並区。撮影場所を探していた田口さんはインターネットの画像を見て同町のビリヤード場の雰囲気に引き込まれた。
上毛新聞2019/12/4群馬
河野太郎防衛相は3日の記者会見で、米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)候補地になっている西之表市馬毛島を政府が約160億円で買収する大筋合意について、「売買金額は適正なもので行っていく」との方針を示した。
南日本新聞2019/12/4鹿児島
太平洋戦争で戦死した陸軍兵四方秀雄さんが持っていたアルバムがこのほど、弟の保さん(89)=京都府綾部市多田町=ら遺族に、米国の団体から返還された。遺品となったアルバムには、戦地の秀雄さんを励まそうと家族10人で撮った写真が収められていた。
京都新聞2019/12/4京都
滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場などで陸自と米海兵隊が12日まで実施している共同訓練で、米軍輸送機オスプレイが京都府上空を通過する可能性が出ていることに対し、府は4日、近畿中部防衛局に対し、府上空を通過する際には速やかに連絡するよう、申し入れた。
京都新聞2019/12/4京都
市国際政策課によると9月末現在、44カ国の1940人(米軍人、軍属、家族の約7400人を除く)が生活。前年同期より116人増えた。外国人材の受け入れ拡大に伴い多国籍化が進む可能性を見据え、同課は「米軍関係者とは違い、市内に頼る場所がない外国人も出るはず。
長崎新聞2019/12/4長崎
陸上自衛隊日本原演習場(岡山県奈義町、津山市)で行われていた日米共同訓練は4日、3日間の日程を終えた。13日まで国分台(坂出、高松市)など5カ所の演習場・駐屯地で展開する訓練の一環。中国四国防。
山陽新聞2019/12/4岡山
沖縄県外の文化人やジャーナリストら32人が宮古島や石垣島などへの陸上自衛隊配備に反対する共同声明を発表することを決め、賛同者を募っている。呼び掛け文は「沖縄・奄美の再戦場化というすさまじい事態に、私たち『本土』の市民は自分たちの生存に関わる問題として捉え、共にこの地域の軍事化を阻む世論をつくり出すべきだ」と述べている。
琉球新報2019/12/4沖縄
防衛省によると10月末現在、埋め立て区域2カ所の進捗(しんちょく)率は「(2)-1」で7割、「(2)」で1割だった。平和市民連絡会のメンバーで土木技師の北上田毅氏は進捗率と埋め立てに必要な土砂の総量を比較し「埋め立て総土量は2062万立方メートルで、二つの区域に投入されたのは23万2千立方メートル。
沖縄タイムス2019/12/4沖縄
若い保守政治家が「われわれは新憲法を制定して戦争放棄を宣言した」「絶対平和主義と中立堅持は八千万民族の決意」と憲法擁護の弁をぶち、吉田茂首相の姿勢をただした▼発言の主が先日他界した中曽根康弘氏と聞けば驚く人もいよう。
琉球新報2019/12/4沖縄
米軍統治下で制度の導入が遅れたことや地域のつながりの希薄化、担い手不足が背景にあるとみられる。1日時点の充足率は宜野座村、金武町、読谷村、渡嘉敷村、渡名喜村、多良間村、竹富町の7町村で100%となり、11市の最高は宮古島市で88・7%、最低は石垣市の60・5%。
沖縄タイムス2019/12/4沖縄
「私たちの活動を「非暴力による平和の貢献」として沖縄県民の皆さまが認めて下さったことは、特別に意味のあることだと受け止めております」「遠いアフガニスタンでの活動と、アフガンに出撃する米軍基地を抱える沖縄、このコントラストは、現場にいる私たちには圧倒的であります。
琉球新報2019/12/4沖縄
さらに、「遠いアフガニスタンでの活動と、アフガンに出撃する米軍基地を抱える沖縄。このコントラストは、現場にいる私たちには圧倒的であります」「平和を唱えることさえ暴力的制裁を受ける厳しい現地の状況の中で、物言えない人たちの奪われた平和の声を『最大の米軍基地の島・オキナワ』が代弁するのは、日本人として名誉でもあります」とも語った。
沖縄タイムス2019/12/4沖縄
那覇軍港の浦添移設を巡り、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設との違いについて、池田竹州知事公室長は「那覇軍港は既存機能の移転だ。辺野古新基地建設計画は弾薬搭載エリアや係船機能付き護岸など、現在の普天間飛行場と異なる機能が加わるので、単純な移設ではない」と述べた。
琉球新報2019/12/4沖縄
平和・戦争問題、女性の人権、子どもの人権など11コーナーが設けられ、来場者がメモを取りながら人権問題について学んだ。ハンセン病の元患者に関する写真パネルや家族補償の新聞記事を見た津和野中3年、宅野貴紀さん(14)は「(元患者が)療養所内で消毒風呂に入れられていたと知り衝撃を受けた。
山陰中央新報2019/12/4島根
戦時中、旧ビルマで戦死した親戚がいて「戦争はしてはいけない」と母に聞かされて育った。高校時代、核兵器廃絶運動や日本民主青年同盟(民青)の活動に加わった。音楽はエリック・クラプトンが好き。
東京新聞2019/12/4東京