2019年12月26日 辺野古、木更津、オスプレイ、宜野湾、普天間、オリオン

2019年12月26日の22件のマスコミ報道などを収集しました。収集した新聞各社の報道を読むと、キャンプ、オスプレイ、バイパス、木更津、核兵器、スカイ、辺野古、受け入れ、県知事、普天間、埋め立て、オリオン、宜野湾、タイムス、政財界、トレンド、といったワードが記事にありました。22件の記事へのリンクをスクラップしました。
陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイを陸自木更津駐屯地に暫定配備する計画について、木更津市が期間を五年以内に限って受け入れる意向を表明した。木更津市の渡辺芳邦市長は二十五日の臨時記者会見で、こう理由を述べた。
東京新聞2019/12/26千葉
陸上自衛隊の輸送機オスプレイの暫定配備計画が浮上してから7カ月。木更津市の渡辺芳邦市長が25日、木更津駐屯地への受け入れを認める意向を表明した。駐屯地近くの市民からは「安全面や市民への配慮がない。
千葉日報2019/12/26千葉
陸上自衛隊の輸送機オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備計画を巡り、木更津市の渡辺芳邦市長は25日、防衛省で河野太郎防衛相と面会し、「計画に協力する」と受け入れる意向を伝えた。焦点となっていた配備期間は「5年以内を目標」とすることで合意。
千葉日報2019/12/26千葉
【モスクワ小林宏彰】日ロ両政府は、北村滋国家安全保障局長が来年1月中旬にモスクワを訪問し、パトルシェフ安全保障会議書記と会談する方針を決めた。北村氏の局長就任後初の訪ロで、16日を軸に調整している。日ロ双方の政府関係者が25日、明らかにした。
北海道新聞2019/12/26北海道
講演した松夫佐江さん(92)は、米軍統治下の日々を「戦争は悲しいものと子どもながらに感じた。みんなが幸せになることを願い力をあわせた運動だった」と振り返った。
南日本新聞2019/12/26鹿児島
鈴木英敬三重県知事は25日の定例記者会見で、海上自衛隊が来年2月上旬に松阪港沖の伊勢湾で予定している米軍との合同訓練について「安全確保にしっかり配慮しながら進めてほしい」と述べた。鈴木知事は、県が16日付で東海防衛支局から連絡を受けたと説明。
伊勢新聞2019/12/26三重
陸上自衛隊のヘリコプターで丸森町に移動し、午後1時前、丸森中に着いた。同町では阿武隈川の支流が氾濫した五福谷地区を視察するほか、町内の仮設住宅を訪れて被災者と面会する予定。救援活動に当たった警察や消防、自衛隊、ボランティアをねぎらう。
河北新報2019/12/26宮城
えびの市と鹿児島県湧水町にまたがる陸上自衛隊霧島演習場で来年1月18~30日に行われる日米共同訓練で、市と防衛省は25日、地元住民らを対象とした説明会を市文化センターで開いた。
宮崎日日新聞2019/12/26宮崎
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡って政府が事業完了までに約12年、工費の見積もりを9300億円と示した。2014年に明示した3500億円から約2・7倍になった。9300億円はどのくらいの金額なのか。
琉球新報2019/12/26沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、国が工期見通しを12年と発表したことを受け、宜野湾市の松川正則市長は「米軍普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還を求めてきた立場からすると、12年はやっぱり長い」と沖縄タイムスの取材に語った。
沖縄タイムス2019/12/26沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り政府が事業完了までに約12年、工費の見積もりを9300億円と示したことについて、玉城デニー知事は26日、報道各社の新春インタビューで「膨大な予算を投じても、辺野古移設が普天間飛行場の早期の危険性除去につながらないということだ」と語った。
琉球新報2019/12/26沖縄
名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK9、K8護岸では、26日午前から、新基地建設の作業をする様子が確認された。K9護岸では、土砂を載せて接岸した台船上から、ショベルカーが土砂をトラックに移し替えていた。
沖縄タイムス2019/12/26沖縄
【東京】菅義偉官房長官は26日午前の会見で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り軟弱地盤の存在で工期が当初よりも長くなり、米軍普天間飛行場の返還時期が当初の2022年度以降から30年代に大幅にずれ込むことになったことについて「辺野古移設が唯一の解決策であり、この方針に基づいて着実に工事を進めていくことが普天間飛行場の1日も早い全面返還につながる。
琉球新報2019/12/26沖縄
2人は浦添市の米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)跡地利用で浮上したカジノ誘致の動きに参入。IR誘致推進に関するシンポジウム開催に関与するなど、県内の政財界で活発に活動していた。「名前は言えないけど、大企業です」。
琉球新報2019/12/26沖縄
米軍新基地建設に必要な名護市辺野古沖の埋め立ての賛否を問う県民投票が2月24日投開票され、「反対」が投票総数の71・7%を占めた。投票率は52・48%だった。都道府県単位の住民投票は、1996年9月に沖縄県が実施した、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否を問う県民投票以来、全国2例目。
沖縄タイムス2019/12/26沖縄
日米は、沖縄返還に難色を示していた米軍部を説得する条件として、沖縄に核を再持ち込みする密約を結んでいた。公電は、沖縄への核配備の戦略的価値が低下していた実態を物語ると同時に、密約の必要性に疑問を投げかける内容と言える。
沖縄タイムス2019/12/26沖縄
沖縄県の北谷町と沖縄市を結ぶ「県道24号線バイパス」整備で、県は2018年5月に米軍キャンプ桑江の一部を含む整備区間の測量や土質調査などの立ち入り調査を申請したが、米軍から許可を得られず、調査設計業務を委託した事業者との契約を10月に終了したことが25日、分かった。
琉球新報2019/12/26沖縄
【東京】防衛省は25日、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に関して有識者が軟弱地盤の問題を議論する「技術検討会」を開き、総工費を9300億円とする試算を示した。2014年に明示した3500億円から約2・7倍になった。
琉球新報2019/12/26沖縄
日中戦争から第2次世界大戦まで、苛烈で悲惨な「戦争の現実」を戦場の末端兵士の目線で描いた▼戦闘ではなくマラリアや栄養失調などによる戦病死者の多いことや、心の病に冒される兵士、無謀な作戦を遂行させる軍のシステムなどを実証する。
琉球新報2019/12/26沖縄
岸氏は会談で返還が合意されたことを受けた沖縄現地の反応について、米国統治からの解放感や「ヤマトンチュウ」への劣等感と不信感、米軍基地が残る不安などが混在し「平静さの底に複雑な陰影を作り出している」と分析。
琉球新報2019/12/26沖縄
防衛省と千葉県木更津市が合意した陸上自衛隊の輸送機オスプレイを木更津駐屯地に暫定配備する期間。両者が「恒久的な配備先」と確認した佐賀県内では、佐賀空港への配備計画に反発する漁協との。
佐賀新聞2019/12/26佐賀
陸上自衛隊輸送機オスプレイを木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備する計画を巡り、渡辺芳邦木更津市長は25日、河野太郎防衛相と東京都内の防衛省で面会し「計画に協力する」と伝え、配備受け入れを表明し…。
佐賀新聞2019/12/26佐賀