2019年12月31日 香良洲、自衛隊、木更津

2019年12月31日の14件のマスコミ報道を分析しました。新聞各社の報道では、香良洲、大みそか、浮き彫り、オスプレイ、きょう、年の瀬、自衛隊、いわき、木更津、ピアノ、その後、ひとこと、などの熟語などが散見されました。14の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
木更津市の渡辺芳邦市長は十二月二十五日、陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイが木更津駐屯地に暫定配備されることを容認した。だが、騒音への不安や墜落の危険性が解消されないまま、見切り発車的に結論を下した印象がぬぐえない。
東京新聞2019/12/31千葉
太平洋戦争で多数の犠牲者が出た沖縄で、命や平和の大切さを広めたい。
福島民報2019/12/31福島
戦争して勝っても負けてもいいことはない。平和が一番大事」太平洋戦争で日立空襲などを経験し、本紙の取材に山形裕信さん「議会でしっかり話し合ってもらい、再稼働をさせないよう採択してほしい」東海第二原発再稼働反対の意見書提出を求め、署名を集めて笠間市議会に請願を提出した南友部地区の区長会代表・山口裕さん「この地におけるアントラーズの大事さは非常に感じている」サッカーJ1鹿島アントラーズの新社長に就任したフリーマーケット大手のメルカリの小泉文明社長「地元で起きて全国に広まった事件だったので、気になって来た」守谷市の常磐道であったあおり運転殴打事件の実況見分を見に来た守谷市久保ケ丘の無職原田和夫さん「収穫が始まったばかり。
東京新聞2019/12/31茨城
資料館を「戦争の歴史に特化した貴重な館」とし「盗難対策を超え、より多くの人に訪れてもらえるような取り組みの必要性を感じている」と話した。
伊勢新聞2019/12/31三重
5位:地上イージスで誤り秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地としてきた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画で、防衛省が同演習場を「適地」とした調査報告書に重大な誤りがあることが6月に判明した。
河北新報2019/12/31宮城
長崎県対馬市厳原町の陸上自衛隊対馬駐屯地(司令・山口勝1佐)はこのほど、同駐屯地の3部隊が野外炊飯の腕を競う「炊事競技会」を開き、ボリューム満点のチキンカレーセットを仕上げた本部中隊(中隊長・鈴木悟朗3佐)が優勝した。
長崎新聞2019/12/31長崎
今月21日に東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場に正当な理由なく侵入したとして、刑事特別法違反容疑で逮捕され勾留されていた6人が30日、釈放された。釈放理由は明らかになっていない。勾留期限は来年1月1日だった。
琉球新報2019/12/31沖縄
首里城火災や相次ぐ台風襲来、県民投票に米軍基地問題など目まぐるしく過ぎていった2019年もあとわずか。年の瀬は、明るく温かな気持ちで迎えてほしい。今年紙面で伝えたハッピーニュースのその後を訪ねました。
沖縄タイムス2019/12/31沖縄
だが元号が新しくなっても、米軍基地の過重な負担に苦しむ沖縄の状況に変化は見られない。普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票が2月に行われ、反対が72%を占めた。辺野古新基地建設に反対する圧倒的多数の民意が示され、名護市を抱える衆院沖縄3区補選や参院選沖縄選挙区でも昨年の知事選と同様に、建設反対の候補が勝利した。
琉球新報2019/12/31沖縄
名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立て工事の賛否を問う県民投票が2月24日にあり、投票率52・48%で、3択のうち「反対」が43万4273票と、投票総数の71・7%を占めた。「賛成」が11万4933票、「どちらでもない」が5万2682票だった。
沖縄タイムス2019/12/31沖縄
多くの戦争体験者が鬼籍に入り、記憶の継承がますます困難になっている。今年2月の県民投票で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て工事に「ノー」を突きつけたが、政府は知らんぷり。昨年の観光客が1千万人の大台を突破するなど明るい話題も増える中で、過重な基地負担は残ったままだ。
琉球新報2019/12/31沖縄
九州新幹線長崎ルートは、未着工区間の整備方式を巡る議論がこじれ、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画は、漁業者の根強い反発をよそに防衛省が働き掛けを強めている。世界に目を移せば、スウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさんの各国首脳に向けた温暖化対策への問いかけが多くの人に響いた。
佐賀新聞2019/12/31佐賀
ポスターは、浜松市出身の木下恵介さんが監督を務める「二十四の瞳」や、航空自衛隊浜松基地(西区)を舞台とした「ジェット機出動第101航空基地」などが目を引く。「喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地の一つ、御前埼灯台(御前崎市)で撮影した名シーンの写真もある。
中日新聞2019/12/31静岡