2020年1月1日 木更津、アラスカ、インド洋、辺野古

2020年1月1日の10件のメディアの記事を確認しました。新聞各社の報道では、インド洋、木更津、辺野古、アラスカ、初日の出、などのコトバが目に止まりました。10個のコンテンツURLを記録しておきますね。
米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設が進められている沖縄県名護市辺野古の浜には1日早朝から、初日の出を見ようと県内外から多くの人が訪れた。ヘリ基地反対協議会が主催する「初興し」も開かれ、安次富浩共同代表は「辺野古の闘いは勝利できる状況に来ている。
琉球新報2020/1/1沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設では、国民の権利利益の救済を目的とする行政不服審査制度を沖縄防衛局が利用した。福岡高裁那覇支部は国も利用できると判断し、県の訴えを却下している。国に追随する姿勢があらわになった。
琉球新報2020/1/1沖縄
焼け跡に残る道を見つめ、戦争という時代に迎合した自身の歩みを顧みる。「私はまた、ひとつの方向に進む足音に自分の足音を混じえて歩いて行こう」と決意し、作者は戦後の道を踏み出す▼東峰夫さんの「オキナワの少年」は基地の門前町コザを活写する。
琉球新報2020/1/1沖縄
アジア太平洋戦争時に、日本軍が民間船を徴用した「戦時徴用船」の船員として、少なくとも340隻以上で700人以上の県民が太平洋全域とインド洋で犠牲になっていたことが31日までに分かった。琉球新報社が「戦没船員名簿」(1972年、戦没船員の碑建立会)を基に、近年の戦時徴用船に関する調査結果を加味した上で、729人分のデータを分析した。
琉球新報2020/1/1沖縄
アジア・太平洋戦争中の1943年ごろまで続いた。辺戸のお水取りは、首里城火災から2カ月近くが過ぎた昨年12月22日午前にも営まれた。集落外れの照葉樹林の木漏れ日の中で女性が祈り、クバの葉のひしゃくで、せせらぎの水を甕(かめ)に注ぐ。
沖縄タイムス2020/1/1沖縄
那覇署は1日、那覇市松山の飲食店で、男性(25)=群馬県=の首をつかむ暴行を加えたとして、米軍キャンプ・コートニー所属の米海兵隊上等兵(20)を暴行容疑で現行犯逮捕した。「酔っていて覚えていない」と容疑を否認しているという。
沖縄タイムス2020/1/1沖縄
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀県の山口祥義知事は、陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県)にオスプレイが暫定配備された後、木更津市の状況を点検する考えを示した。初めて国内に配備される陸自オスプレイの状況について「関心を持っている」と述べた。
佐賀新聞2020/1/1佐賀
2020年もこれらに加え、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画などの課題に向き合うことになる。就任6年目を。
佐賀新聞2020/1/1佐賀
陸上自衛隊朝霞駐屯地)が行われる。1964年東京五輪でも、サッカー(大宮蹴球場)、ライフル射撃・近代五種(朝霞駐屯地ほか)、クレー射撃(所沢クレー射撃場)、ボート(戸田漕艇場)が実施された。実際に使われた五輪会場として、県内で最も歴史があるのは戸田漕艇場。
東京新聞2020/1/1埼玉
陸上自衛隊朝霞駐屯地)が行われる。1964年東京五輪でも、サッカー(大宮蹴球場)、ライフル射撃・近代五種(朝霞駐屯地ほか)、クレー射撃(所沢クレー射撃場)、ボート(戸田漕艇場)が実施された。実際に使われた五輪会場として、県内で最も歴史があるのは戸田漕艇場。
東京新聞2020/1/1東京