2020年1月29日 自衛隊、伊江島、辺野古、ルソン、百里基地、日出生台、普天間

2020年1月29日の18件の新聞記事を収集しました。新聞各社の報道では、伊江島、日出生台、テレビ、サトウキビ、コレラ、飛行場、見積もり、オスプレイ、辺野古、普天間、核兵器、自衛隊、ライブ、中高生、百里基地、ルソン、といった字句が記事にありました。18個のコンテンツURLを記録しておきます。
航空自衛隊三沢基地でF2戦闘機を運用する第3飛行隊が百里基地(茨城県)に移動する準備が着々と進んでいる。三沢基地近くの建物からは1月後半に入り、これまでF2が担っていた、領空侵犯の恐れのある航空機に対する緊急発進(スクランブル)の警戒待機任務に、空自千歳基地のF15戦闘機が就くのが見える。
東奥日報2020/1/29青森
北海道防衛局は29日、道内で行われている陸上自衛隊と在沖縄米海兵隊の日米共同訓練に参加するため、29日に航空自衛隊千歳基地(千歳市)に到着予定だった海兵隊の輸送機オスプレイ2機が同日の飛来を中止したことを明らかにした。
北海道新聞2020/1/29北海道
「犠牲」という文面に、戦争へと突き進むための教育がにじみ出ていた。女性は1929年に起きた「世界恐慌」の翌年に生まれた。不況を脱するため、外国に新たな市場を求めた戦争とともに、成長していった。
神戸新聞2020/1/29兵庫
太平洋戦争の激戦地だったフィリピン・ルソン島で戦死した祖父の元へ、兵庫県三田市で亡くなった祖母の遺灰を届けようと、同市の坊野祥子さん(54)が1月、初めて同島を訪れた。おばあちゃんっ子で物心がついた頃から祖父の話を聞いて育った祥子さん。
神戸新聞2020/1/29兵庫
えびの市と鹿児島県湧水町にまたがる陸上自衛隊霧島演習場で行われている日米共同訓練で28日、米軍輸送機MV22オスプレイを使った総合訓練があった。同演習場でオスプレイの訓練は初めて。
宮崎日日新聞2020/1/29宮崎
「聞いたことのない大きな音だった」「農場付近を飛ばないで」。
宮崎日日新聞2020/1/29宮崎
竹下さんは「突然命を奪った戦争や核兵器のむごさを知って、二度と後世に味わわせないように反核について考えてほしい」と話している。
長崎新聞2020/1/29長崎
陸上自衛隊日出生台演習場で2月12日から始まる在沖縄米軍の実弾砲撃訓練を前に、市民グループ「ローカルネット大分・日出生台」は29日、演習場を見渡す玖珠町日出生の長谷地区に監視センターを設けた。業者がクレーンでプレハブ小屋1棟を設置。
大分合同新聞2020/1/29大分
陸上自衛隊日本原駐屯地(岡山県奈義町滝本)で29日、テロ事件を想定した自衛隊と県警の共同実動訓練が行われた。
山陽新聞2020/1/29岡山
米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練をする米兵が29日、誤って基地のフェンス外に着地した。午後1時現在、伊江村が詳細を確認している。村関係者によると、民間地のサトウキビ畑に落下したとみられる。
琉球新報2020/1/29沖縄
【東京】沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡って、防衛省が警備費に約1700億円を見積もっていることが28日までに分かった。総工費として示している9300億円の約18%に相当する。辺野古の埋め立て現場や土砂採取地周辺で続く抗議行動に対応するため、試算が膨らんでいるとみられるが、同省は「これまでの警備実績と今後の計画を踏まえて見積もっている」と説明している。
琉球新報2020/1/29沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場を離着陸する米軍機の影響により周辺地域で地上デジタル放送の受信障害が発生している問題で、沖縄防衛局と宜野湾市が2011年度までに把握していた地域より広範囲で受信障害が発生していることが28日、分かった。
琉球新報2020/1/29沖縄
戦後を代表する写真家、東松照明はカラフルな色をまとった基地の町に「戦争のもう一つの顔」を見た▼与那覇幹夫さんは生まれ島・宮古の成り立ちと苦難の歴史、島人の運命を赤と青で描いた詩人だった。1983年の第1詩集「赤土の恋」に収めた詩編が発する色は読む者の目をくぎ付けにする▼人頭税やソテツ地獄を描いた。
琉球新報2020/1/29沖縄
29日正午ごろ、米軍から「フェンスの外にパラシュートが落ちた」と伊江村役場に連絡があった。村などによると、米軍伊江島補助飛行場のフェンス外にあるサトウキビ畑に、米軍の物資が落下した。けが人はいない。
沖縄タイムス2020/1/29沖縄
沖縄県のうるま、沖縄両市の養豚場で発生した豚コレラ(CSF)の防疫支援活動などを実施した陸上自衛隊第15旅団は28日、那覇市の陸自那覇駐屯地で報告会を開いた。対処部隊長で第15高射特科連隊長の内村直樹1等陸佐は、県側との調整を円滑にするため、前進拠点に県の現地調整所を設置することを要望。
沖縄タイムス2020/1/29沖縄
宮家さんは外務省日米安全保障条約課長、在中国大使館公使、中東アフリカ局参事官などを経て2005年に退職。立命館大客員教授なども務める。午後4時終了予定。
佐賀新聞2020/1/29佐賀
中高生十数人が、沖縄県名護市辺野古での米軍基地建設を巡る県民投票や国内外の政治情勢、民主主義のあり方などについて約1時間語り合う。1998年に「第十堰住民投票の会」が住民投票条例制定を求める署名集めを行った際には、選挙権のない高校生らが自主的に活動した。
徳島新聞2020/1/29徳島
吉川の長男で振興会代表理事の吉川英明さん(81)は、一九四五年四月に近くの山林に米軍のB29爆撃機が墜落する様子を両親と目撃したことや、友人と野球や駆けっこを楽しんだ子ども時代の経験を紹介。「思い出の場所を寄付できるのはありがたい」と話した。
東京新聞2020/1/29東京