2020年2月4日 高円寺、那覇空港、日出生台

2020年2月4日の11件のメディアの記事などを観察しました。新聞各社の報道では、オスプレイ、一般人、悪天候、那覇空港、ダイブ、高円寺、日出生台、水蒸気、などなどの字句が目に止まりました。11個のコンテンツURLを記録しました。
河野太郎防衛相は4日の閣議後会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地を判断する前に、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)などを視察する意向を示した。
秋田魁新報2020/2/4秋田
祭りは戦争からの復興を目的に1952年に始まった。今回は赤鬼役を自営業阿部純也さん、厄女のお福役を会社員村瀬幸美さんが務め、みこしや御所車に乗り、住民らと町内を練り歩いた。午後8時20分ごろ、赤鬼の乗ったみこしが境内に登場すると祭りの熱気は最高潮に。
岐阜新聞2020/2/4岐阜
陸上自衛隊北部方面隊と在沖縄米海兵隊の日米共同訓練に参加する海兵隊の輸送機オスプレイ2機は、3日に予定していた航空自衛隊千歳基地(千歳市)への飛来を中止した。千歳の悪天候の影響とみられる。米側は4日に2機が同基地に到着する予定としているが、当初の計画より8日も遅れることになる。
北海道新聞2020/2/4北海道
外相会談は昨年12月以来で、ミュンヘン安全保障会議に合わせて行われる。同会議に合わせた昨年の会談は、外相間の平和条約締結交渉の場と位置付けられ、河野太郎前外相とラブロフ氏が約1時間半会談した。ただ、今回は両外相の日程などの事情から短時間の会談となる見通し。
北海道新聞2020/2/4北海道
【千歳】陸上自衛隊北部方面隊と在沖縄米海兵隊の日米共同訓練に参加する海兵隊の輸送機オスプレイ2機が4日昼、整備や給油の拠点とする航空自衛隊千歳基地(千歳市)に到着した。当初の予定より8日遅れの飛来。機体整備などを行った上で、5日以降に本格的な飛行訓練を始めるとみられる。
北海道新聞2020/2/4北海道
陸上自衛隊北部方面隊と在沖縄米海兵隊の日米共同訓練に参加する海兵隊の輸送機オスプレイ2機が2月4日昼、整備や給油の拠点とする航空自衛隊千歳基地(千歳市)に到着した。当初の予定より8日遅れの飛来。機体整備などを行った上で、5日以降に本格的な飛行訓練を始めるとみられる。
北海道新聞2020/2/4北海道
在沖縄米軍の陸上自衛隊日出生台演習場入りに合わせ、玖珠町は4日、演習場に隣接する地区で小学生と高校生のタクシー送迎を始めた。米軍が撤収する29日まで続ける。中学生は普段通り通学バスを利用する。
大分合同新聞2020/2/4大分
4月1日に米軍が沖縄本島に上陸。戦闘が激化するにつれ、瀕死(ひんし)の兵士が続々と運ばれてきた。米軍を一網打尽にしているはずなのに、敵の攻撃はますます激しくなる。
沖縄タイムス2020/2/4沖縄
煙が確認された場所は、同空港の南側にある航空自衛隊那覇基地の敷地内だという。同基地によると、同時刻での自衛隊機の発着や、火災や事故などの発生の有無などを含めて詳細を確認中としている。那覇市消防局によると、那覇市赤嶺の所在するカメラで煙らしきものを確認したが、火災ではないと見ている。
琉球新報2020/2/4沖縄
陸上自衛隊大津駐屯地(大津市)は4日、同僚の男性隊員に暴行しけがを負わせたとして、同駐屯地第109教育大隊所属の20代の男性2等陸士を同日付で停職2日の懲戒処分にしたと発表した。同駐屯地によると、2等陸士は昨年10月3日、言動を注意されたことに腹を立て、同僚隊員の顔や脇腹に殴る蹴るの暴行を加え、全治1週間のけがを負わせたという。
京都新聞2020/2/4滋賀
声の出なくなった少女と視覚障害のある少年との交流を描いた「きみの声を聞かせて」や、体の不自由な子どもたちの太平洋戦争を描いた「あんずの木の下で」など、障害当事者の物語を多く書いてきた。講演では、視覚障害がある母について触れ、「口うるさかったから、障害に同情するより憎たらしい母だった。
東京新聞2020/2/4東京