2020年2月10日 松山東、ロシア、辺野古、トルコ、長谷部

2020年2月10日の10件のメディアの記事などを分析しました。この日マスコミで報じられた内容には、トルコ、辺野古、松山東、アイス、ロシア、卒業生、長谷部、オスプレイ、シンポ、といった熟語などが記事にありました。10の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備をめぐり、防衛省が再調査する国有地4カ所を抱える由利本荘市の長谷部誠市長は10日、「沿岸部2カ所は住宅密集地に隣接し、山間部2カ所は『法体の滝』や『。
秋田魁新報2020/2/10秋田
この歴史ある建物を1945年の松山大空襲時に米軍の焼夷(しょうい)弾攻撃による火災から守り抜いたのは、防空要員として消火をした13、14歳の松山中学校(現・愛媛県立松山東高校)2年生や教員ら約40人だった―。
愛媛新聞2020/2/10愛媛
この歴史ある建物を1945年の松山大空襲時に米軍の焼夷(しょうい)弾攻撃による火災から守り抜いたのは、防空要員として消火をした13、14歳の松山中学校(現・愛媛県立松山東高校)2年生や教員ら約40人だった―。
愛媛新聞2020/2/10愛媛
【千歳】陸上自衛隊北部方面隊と在沖縄米海兵隊の日米共同訓練に参加していた海兵隊の輸送機オスプレイ1機が10日午後5時すぎ、航空自衛隊千歳基地(千歳市)を離陸した。撤収したとみられる。訓練には米軍普天間飛行場(沖縄)所属の2機が参加し、1機は訓練を終えた7日に帰ったが、もう1機は同日の撤収を中止していた。
北海道新聞2020/2/10北海道
陸上自衛隊姫路駐屯地(姫路市峰南町)は10日、敷地内で盗撮を繰り返したとして、同駐屯地の第3特科隊に所属する3等陸尉の30代男性を懲戒免職処分にしたと発表した。同駐屯地によると、2019年4月に発覚。18年11~12月にも計9回、同様の行為を行っていたことが分かり、本人も認めたという。
神戸新聞2020/2/10兵庫
陸上自衛隊姫路駐屯地(兵庫県姫路市峰南町)は10日、敷地内で盗撮を繰り返したとして、同駐屯地の第3特科隊に所属する3等陸尉の30代男性を懲戒免職処分にしたと発表した。同駐屯地によると、2019年4月に発覚。
神戸新聞2020/2/10兵庫
シンポジウムは核戦争を防止する宮城医師・歯科医師の会が日本科学者会議宮城支部と初めて連携して開催した。
河北新報2020/2/10宮城
【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡る大浦湾の軟弱地盤の問題で、最大深度90メートルの「B27」地点の地盤強度を示す新たな防衛省の資料が8日までに、判明した。識者によると、当該資料には防衛省がこれまで説明してきた強度よりも軟弱を示す大幅に弱い数値が出ているという。
沖縄タイムス2020/2/10沖縄
[骨抜きの主権国家 日米地位協定60年](9)NGOの日本平和委員会が発行する平和新聞編集長を務める布施祐仁さん(43)=東京都=は、国内で発生した米軍関係者による一般刑法犯の起訴率を調べて公表する活動を2008年から続けている。
沖縄タイムス2020/2/10沖縄
両国はシリア内戦介入を巡って国際的な批判を浴びることもあり、アイス外交は世間の厳しい目をそらすパフォーマンスと見る向きもある。外交は美食と切っても切り離せない。夕食会などのメニューは入念な検討の末に決まるのが通例だ。
東京新聞2020/2/10東京