2020年2月17日 クルド、自衛隊、北関東、横浜市大、ロシア、武蔵野、四日市

2020年2月17日の21件の新聞記事をチェックしました。収集した新聞各社の報道を読むと、嘉手納、四日市、横浜市大、歩み寄り、辺野古、自衛隊、ファン、北関東、上富良野、ロシア、呼び出し、新開地、こだわり、きれい、武蔵野、クルド、中高生、ばあちゃん、といったワードが記事にありました。21件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
非戦を訴えた実在の僧侶をモデルに、戦争の愚かさを描いた映画「明日(あした)へ−戦争は罪悪である−」が二十九日、印西市の市ふれあい文化館で上映される。主催する市民グループは「戦前戦中に、体制に抗して、信念を貫いた人々が存在したことを知ってほしい」と鑑賞を呼び掛けている。
東京新聞2020/2/17千葉
岐阜中署は15日、県迷惑防止条例違反の疑いで、各務原市三井町、航空自衛隊岐阜基地所属の防衛事務官(46)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午後11時20分ごろ、岐阜市長住町の路上で、通行人の女性(19)=同市=の尻を触った疑い。
岐阜新聞2020/2/17岐阜
ミュンヘン安全保障会議に合わせて行われた会談の冒頭、茂木氏は「日ロ間の協議、協力は着実に進んでいる」と述べ、平和条約締結問題を率直に議論したいと強調。ラブロフ氏は「互いに関心のある一連の問題について議論できると期待している」と語った。
北海道新聞2020/2/17北海道
【上富良野】17日午前7時半ごろ、陸上自衛隊の上富良野演習場(上川管内上富良野町など)で、第25普通科連隊(オホーツク管内遠軽町)所属の3等陸曹、金松孝明さん(31)が野外演習のテント内で仮眠中、意識不明となっているのを同僚隊員が見つけた。
北海道新聞2020/2/17北海道
だが、日中戦争でマージャンは「敵性遊戯」として年を追うごとに糾弾され、ビリヤード店に変更を余儀なくされたという。だがその後、太平洋戦争も開戦。明弘さんは言う。
神戸新聞2020/2/17兵庫
イラクやイランなどにまたがり、中東地域に広く居住する山岳民族は、シリア内戦でトルコや過激派組織「イスラム国」(IS)などからの攻撃と差別にさらされ、住み慣れた家を追われている。内戦の混乱が収まらない中、関西で暮らす2人のシリア系クルド人が内戦と迫害にさらされる現状を語った。
神戸新聞2020/2/17兵庫
イラクやイランなどにまたがり、中東地域に広く居住する山岳民族は、シリア内戦でトルコや過激派組織「イスラム国」(IS)などからの攻撃と差別にさらされ、住み慣れた家を追われている。内戦の混乱が収まらない中、関西で暮らす2人のシリア系クルド人が内戦と迫害にさらされる現状を語った。
神戸新聞2020/2/17兵庫
太平洋戦争やその後の食糧難、結婚、仕事のことなどを書き記した。得意の服飾も生かし、本人をイメージしたドレスを作った。「大胆なところもあるけど、本当は優しいということを表現した」。
東京新聞2020/2/17茨城
水戸市は「カメラを止めるな!」の舞台となった旧芦山浄水場(同市渡里町)や「テルマエ・ロマエ」の七ツ洞公園(同市下国井町)、「図書館戦争」シリーズの市立西部図書館の3種類を制作。宇都宮と前橋市も3種類、高崎市は2種類のカードを日本語と英語でそれぞれ制作した。
茨城新聞2020/2/17茨城
ベトナム戦争を契機に反戦や大学改革などを訴えた学生運動から半世紀。最も高揚した1960年代後半に横浜市立大学新聞会が発行した「横浜市大新聞」の縮刷版が刊行された。OBたちは、激動の時代を記録として。
神奈川新聞2020/2/17神奈川
侵略戦争をするわけではないので、自衛隊が軍隊として生まれ変わったような条文にすべき」との意見が上がった。片山氏は「安倍総裁は、ご自分の任期中に何としても憲法改正を出したい(と思っている)」とした上で「この案であれば、3分の2をクリアできるのではという考えで示している」と理解を求めた。
伊勢新聞2020/2/17三重
このデータは2019年3月に防衛省が国会に提出した地盤調査結果の資料に記載されているもので、最大深度90メートルの「B27」地点の地盤強度を示す。試算したのは、立石氏や地質に詳しい専門家でつくる応用地質研究会のメンバー。
沖縄タイムス2020/2/17沖縄
防衛省はこの深い地点の地盤強度を再調査する必要はないとするが、立石氏は「調査をやり直した上で、データを公表するべきだ」と指摘した。問題のデータは、コンクリート製の大型護岸の設置が予定される「B27」地点の地盤強度を示したもので、防衛省の委託業者が調査していた。
琉球新報2020/2/17沖縄
2カ月余り前、米軍が照明弾を誤って落下させた地点でもある。11日に訪れると家族連れが目立つ中、山側から「パラパラ」と乾いた音も響いた。訓練する米軍の射撃音だ▼近くの米軍金武ブルービーチ訓練場では離島防衛を担う陸自の水陸機動団と米軍が13日まで共同訓練を実施した。
琉球新報2020/2/17沖縄
航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が17日午後1時29分ごろ、米軍嘉手納基地に緊急着陸した。空自広報班によると、午後0時14分に那覇基地を離陸した後、油圧系統の不具合が発生した。被害状況は確認されていない。
琉球新報2020/2/17沖縄
県への通報が翌日夕だったことも問題視し、事故発生時の迅速な通報を米軍に働きかけることも要請した。謝花副知事は1月25日に同じ米海軍のMH60ヘリコプターが墜落したことにも触れ「1カ月もたっておらず、米軍の安全管理体制に疑念を抱かざるを得ない」と指摘した。
琉球新報2020/2/17沖縄
大阪市天王寺区の出版社、新風書房(福山琢磨代表)が、毎年夏に刊行する戦争体験集『孫たちへの証言』の原稿を募集している。第33集となる今年は、戦後75年という大きな節目。実際に戦争を体験した年代が減り、戦争の風化が一層懸念される中、編集者が激動の歴史に埋もれた新たな証言の発掘に尽力している。
大阪日日新聞2020/2/17大阪
原発ゼロ、オスプレイの佐賀空港配備反対や諫早湾干拓訴訟では和解協議を支援して再生に取り組む方針も確認。党県委員会委員として現在と同じ26人を選任し、委員会の互選で役員再任を決めた。
佐賀新聞2020/2/17佐賀
...合短期給付対策委員会▽15時現地調査型行政課題研修・視察報告および政策提案会(以上、佐賀市)▽17時陸上自衛隊久留米駐屯地西部方面特科連隊第4大隊長面会▽18時半佐賀健康プラン推進審議会(佐賀市)【村上・嬉野市長】9時半打ち合わせ(マッチングエージェント社)▽12時防衛省訪問▽14時国土交通省訪問(以上東京)【松本・神埼市長】16時半定期監査講評【伊東・吉野ヶ里町長】9時半議会運営委員会▽10時半...
佐賀新聞2020/2/17佐賀
山中祭は大正時代に地元有志が始め、戦争で一時途絶えた後、現在は布部交流センターが毎年開いている。【詳しくは本紙紙面をご覧ください】。
山陰中央新報2020/2/17島根
松下玲子市長=写真=は「戦争のない平和の尊さを子どもたちに伝えていかねばならない」と強調した。三年ぶりに青少年平和交流派遣団として中高生を長崎市に派遣するほか、戦争体験者に自らの体験を語ってもらい、映像に残す費用を盛り込んだ。
東京新聞2020/2/17東京