2020年2月22日 辺野古、上富良野、瀬戸大橋、自衛隊、普天間

2020年2月22日の10件の新聞記事などを解析しました。新聞各社の報道では、上富良野、市街地、飛行場、辺野古、自衛隊、普天間、瀬戸大橋、などなどの表現が目に止まりました。10件の記事URLは以下の通り。
蒲郡ふ頭に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」の二十二、二十三日の防災訓練は実施するが、見学会は取りやめる。競艇場から岸壁へのシャトルバスは運行しない。いずれも蒲郡市民会館で予定していた二十二日の「新入学を祝うよい子のつどい」(中日新聞社共催)と「体重測定100日チャレンジゴールイベント」、二十四日の講演会「働き方改革×女性活躍」も中止となった。
中日新聞2020/2/22愛知
大規模地震に備えて本州四国連絡高速道路しまなみ今治管理センターと陸上自衛隊松山駐屯地の中部方面特科隊は21日、愛媛県今治市上浦町甘崎の瀬戸内しまなみ海道大三島インターチェンジ(IC)敷地内で初の合同防災訓練を行い、約30人が道路の段差修正などに取り組んだ。
愛媛新聞2020/2/22愛媛
【上富良野】富良野署は22日、建造物侵入の疑いで、旭川市神楽岡13の5、陸上自衛隊第3地対艦ミサイル連隊(上富良野駐屯地)所属の2等陸曹有馬健太容疑者(33)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前5時10分ごろ、正当な理由がないのに上川管内上富良野町大町3の上富良野町立病院の職員用玄関ドアのガラスを割って内部に侵入した疑い。
北海道新聞2020/2/22北海道
南海トラフ巨大地震の発生に備え、本州四国連絡高速道路(神戸市)と陸上自衛隊第14旅団は21日、坂出市川津町の本四高速坂出管理センターで合同訓練を実施。
四国新聞2020/2/22香川
本山町上空を飛行する米軍輸送機とみられる機体(大豊町内の山中から望遠レンズで読者撮影)昨秋から目撃増える米軍の低空飛行訓練ルート「オレンジルート」に位置する長岡郡本山町の上空で21日午前、米軍輸送機とみられるプロペラ機2機が超低空で飛行した。
高知新聞2020/2/22高知
【宜野湾】米軍普天間飛行場で21日未明、消防訓練があり、炎や黒煙が上がっているのが確認された。宜野湾市に住む女性が撮影。「炎も見えた。
沖縄タイムス2020/2/22沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関して防衛省が埋め立て予定地の海底地盤の安定性を分析する際、より安定していないことを示す調査結果の一部を除外していたことが21日、分かった。地質学や土木工学の有識者らでつくる「沖縄辺野古調査団」(代表・立石雅昭新潟大学名誉教授)の検証で明らかになった。
琉球新報2020/2/22沖縄
浦添市牧港で発見された米軍製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理が23日午前9時からある。処理現場から半径88メートルが立ち入り禁止で、避難対象は21世帯42人、8事業所。同9時25分から避難誘導を開始する。
沖縄タイムス2020/2/22沖縄
戦争から多くの命を救った赤十字社創始者の物語、命が宿ったかかしや草花たちの童話など、どの作品も生命の美しさを豊かな空想力と表現力で描き出している。家族が大村さんの心情を代弁して記したメッセージも掲示。「見ているみなさんが楽しくなれるように、と思って描いてきました。
静岡新聞2020/2/22静岡
沖縄県名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設を巡り、海面下七十メートルより深い地点に軟弱地盤があることを示すデータが見つかった問題で、防衛省が実施した別の試験でも「軟弱」をうかがわせるデータが検出されたことが分かった。
東京新聞2020/2/22東京