2020年2月25日 トリイ

2020年2月25日の9件の報道各社の記事などを解析しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、シンポ、トリイ、チキンライス、肉じゃが、不安定、といった文字が見出しに使われていました。9個のコンテンツURLを記録しておきますね。
日露戦争によって欧米各国で日本への関心が高まる中、茶の湯に凝縮された日本の精神を世界に向けて英語で伝えた。福井市の福井県立美術館には、「茶の本」出版100周年記念の特別展示を控えて2005年に購入した初版本が保管されている。
福井新聞2020/2/25福井
沖縄県の米軍キャンプ・シュワブ周辺で沖縄県警の機動隊員らから集団暴行を受け、公務執行妨害容疑で逮捕されたのは不当として、神戸市灘区に住む韓国籍の歯科医こかんほさん(62)が、沖縄県に慰謝料など330万円を求める訴訟を神戸地裁に起こした。
神戸新聞2020/2/25兵庫
海上自衛隊舞鶴地方総監部は25日、神奈川県横須賀市内の飲食店で従業員に傷害を負わせたとして、舞鶴基地(京都府舞鶴市)を母港とする護衛艦「せんだい」勤務の男性3等海曹(22)を停職5日の懲戒処分にした、と発表した。
京都新聞2020/2/25京都
舞鶴市内の海上自衛隊第4術科学校が所蔵しており、明治以降の洋食の広まりを伝える史料でもある。割烹術参考書は洋食を含む約200のメニューが記載されており、市内の飲食店では復刻版を参考にした海軍ゆかりのメニューが提供されている。
京都新聞2020/2/25京都
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てを問う県民投票から1年を迎えた24日、音楽やトークライブを通してこれからの沖縄を考えようと「2・24音楽祭2020」が那覇市内で開かれた。副題は「BeyondtheBorder(境界を越える)」。
琉球新報2020/2/25沖縄
安里氏は、歴代の自民党政権や鳩山政権時に米軍普天間飛行場の県外移設が模索されながらも頓挫してきた経緯を紹介。「本土の理解が得られないという理由で辺野古が移設先とされている」と述べ、辺野古移設は全国と沖縄の間の差別の問題だと指摘した。
琉球新報2020/2/25沖縄
防衛局によると、米軍は「投下前に周辺に船舶や民間人がいないことを確かめた」と強調している。また「乗組員の安全を確保するために意図的に放った」と説明している。海兵隊は原因を究明するまで同じような物体の輸送を停止するという。
琉球新報2020/2/25沖縄
沖縄県に駐留する米海兵隊第一航空団は25日、CH53E大型輸送ヘリでつり下げ輸送中だった鉄製の構造物を、読谷村の米軍トリイステーションの西側1・3キロの海上に投下したと発表した。「つり下げていた構造物が不安定になったため、意図的に投下した」としている。
沖縄タイムス2020/2/25沖縄
実行委は「米軍横田基地で貯蔵されている泡消火剤が漏出した可能性が高い」と指摘している。学習会では、沖縄県の米軍基地などでPFOS、PFOAの人体に与える影響を研究している小泉昭夫・京都大名誉教授が、同県の基地周辺のデータなどを基に、低体重児の出生や発がん性を持つ恐れがあることを指摘。
東京新聞2020/2/25東京