2020年3月10日 交屏風

2020年3月10日の9件のマスコミ報道などを精査しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、漏えい、トラブル、実体験、デリヘル、焼け野原、交屏風、絵はがき、のような語句が使われていました。9件の記事へのリンクをスクラップしました。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、防衛省が秋田、青森、山形3県の候補地で進めていた再調査の結果判明が4月末にずれ込むことが9日、分かった。
秋田魁新報2020/3/10秋田
...陸上自衛隊第7師団(千歳)は10日、正当な理由なく約9時間職務を離脱したとして同師団第71戦車連隊(北千歳駐屯地)の20歳代の男性陸士長を同日付で停職2日の懲戒処分にしたと発表した。同師団によると、陸士長は2018年10月11日午後0時50分ごろ、北海道大演習場島松地区(恵庭)での訓練中に89式小銃...
北海道新聞2020/3/10北海道
海上自衛隊は10日、女性向けデリバリーヘルス(派遣型風俗店)を約10年間にわたり実質的に経営し、自衛隊法の兼業違反行為があったなどとして護衛艦隊司令部付、森田哲哉1等海佐(55)を懲戒免職処分にした。
西日本新聞2020/3/10福岡
伊佐市大口小木原の社会教育推進員、古里秀人さん(71)らが、隣の母純子さん(94)の隠居から、太平洋戦争の頃に作られた未使用の絵はがきなどを見つけた。女性たちの当時の生活風景と一緒に胸中を伝えるメッセージが印刷されており、当時の状況をうかがい知ることのできる貴重な資料。
南日本新聞2020/3/10鹿児島
屏風は太平洋戦争開戦直後の1942年に作られ、俳句や水彩画などが貼られる。市文化財保護課は「詳しく検討すれば当時の交流関係などが分かるかもしれない資料」とする。4月12日まで。
京都新聞2020/3/10京都
[家族のカタチ 離婚の時代に]米軍人・軍属と県民の間に生まれた子どもの認知や、養育費請求などを巡る交際や家庭トラブルが相次いでいる問題を受けて、県が来年度から米軍基地内の支援状況調査に乗り出すことが9日分かった。
沖縄タイムス2020/3/10沖縄
少し先には米軍北部訓練場。約3500ヘクタールの面積に15カ所のヘリパッドを持つ。上空を毎日のように海兵隊のAH1Z攻撃ヘリやCH53E大型輸送ヘリが飛び交う。
沖縄タイムス2020/3/10沖縄
史実や先人が体現した人類愛を語り継ごうと、和木まちづくり協議会が設置した看板日露戦争中、日本海海戦で沈没したロシア艦隊の輸送船「イルティッシュ号」の乗員を助けた史実を伝えようと、島根県江津市和木町の住民団体「和木まちづくり協議会」が、地域内に同船の救援の地であることを明示した看板を設置した。
山陰中央新報2020/3/10島根
食料難で空腹に耐えた子ども時代を振り返り、「おにぎり一個の裏側にあった戦争の現実を知ってほしい」と話す。(奥野斐)終戦直後、福島の親類を頼って疎開していた小学六年のキヨシが、自宅のあった浅草に家族を捜しに行く道中を描いた物語。
東京新聞2020/3/10東京