2020年3月12日 自衛隊

2020年3月12日の12件のメディアの記事をチェックしました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、自衛隊、コロッケ、センバツ、パワハラ、エキストラ、グルメ、コロナ、美術館、ヤマザクラ、といったワードが見出しに使われていました。12の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年、青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落下させた事故で、米軍側は11日、落下地点とみられる現場周辺で地質調査を始めた。村と三沢防衛事務所によると、同日、米軍側から作業開始の連絡はなかったという。
東奥日報2020/3/12青森
宮本会長は今後の展開について「海上自衛隊大湊地方総監部や航空自衛隊第42警戒群とも相談する必要があるが、弁当を市内のイベントで販売したり、三つを一緒に食べられるメニューを各店舗で提供したりできれば」と語った。
デーリー東北2020/3/12青森
選抜大会は太平洋戦争の影響で1942~46年に中断したが、予定されていた大会が中止となるのは初めて。磐城・木村監督「誰も悪くない」「残念が最初に出る言葉だが、しょうがない」。新型コロナウイルスの感染拡大の中、日本高野連が第92回選抜高校野球大会の中止を決定した11日、21世紀枠で出場予定だった磐城の木村保監督は同校で報道陣の取材に応じ、言葉を絞り出した。
福島民友新聞2020/3/12福島
選抜大会は太平洋戦争の影響で1942~46年に中断したが、予定されていた大会が中止となるのは初めて。磐城・木村監督「誰も悪くない」「残念が最初に出る言葉だが、しょうがない」。新型コロナウイルスの感染拡大の中、日本高野連が第92回選抜高校野球大会の中止を決定した11日、21世紀枠で出場予定だった磐城の木村保監督は同校で報道陣の取材に応じ、言葉を絞り出した。
福島民友新聞2020/3/12福島
西郷の新たな足取りを示した記述や、後に西南戦争で薩軍に加わる熊本藩士・池辺吉十郎の人柄を評した漢詩も含まれ、西郷研究の新たな史料として注目される。巻物状の書簡(縦18・5センチ、幅67センチ)の日付は10月3日。
熊本日日新聞2020/3/12熊本
選抜大会は太平洋戦争の影響で昭和17~21年に中断したが、予定されていた大会が中止となるのは初めて。第92回選抜大会には県内から天理が5年ぶり、智弁学園が2年ぶりに出場する予定だった。昨年の大会は県内から出場がなく、県勢の活躍に期待が高まっていた。
奈良新聞2020/3/12奈良
陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場で本年度の実弾砲撃訓練を終えた在沖縄米軍は11日までに、大分合同新聞の取材に応じた。日米合意の年間上限日数を超えて小銃などの実弾訓練をしたことについて「小火器射撃は日数に含まれない」とし、問題はないとの考えを示唆した。
大分合同新聞2020/3/12大分
米軍キャンプ・ハンセン隣接地での検出数値が最も高かったことから、町は「ハンセンからの排水が原因の可能性が高い」とした。PFOSが検出された排水路はハンセンから米軍金武レッドビーチ訓練場水域に排出されている。
琉球新報2020/3/12沖縄
太平洋戦争末期の沖縄を描いた映画「島守の塔」(五十嵐匠監督)の製作委員会は、映画に出演するボランティアエキストラを募集している。撮影日は3月25日から4月5日。撮影場所は糸満市やうるま市、名護市、今帰仁村、大宜味村など。
沖縄タイムス2020/3/12沖縄
金武町伊芸の民間地に米軍の照明弾3発が落下した事故で、米軍は9日、再発防止策を完了し60ミリ迫撃砲照明弾の訓練を再開できる状態になったと沖縄防衛局に伝えた。防衛局は海兵隊の再発防止策について「妥当だ」と追認している。
琉球新報2020/3/12沖縄
愛国百人一首にも選ばれ、特攻隊の部隊名はこの和歌から取られた▼これを引いた詩「山桜」で石垣島の詩人八重洋一郎さんは、陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練「ヤマサクラ」に結び付ける。演習で陸自隊員と海兵隊員らが島の地図を広げた床に立つ写真を見て、生まれ島が踏みつけられていると感じたと詩に表現した▼思いは石垣島への自衛隊配備に向かう。
琉球新報2020/3/12沖縄
陸上自衛隊大津駐屯地(大津市)は12日、後輩隊員にパワハラ行為をしたとして、同駐屯地第4陸曹教育隊の男性1等陸曹(38)を戒告処分にした、と発表した。同駐屯地によると、陸曹は2017年12月~18年4月、自分より階級が下の後輩隊員に「ボケ、カス、仕事できない」などの暴言や威圧的な指導を繰り返し、精神的苦痛を与えた。
京都新聞2020/3/12滋賀