2020年3月16日 国防総省

2020年3月16日の5件のマスコミ報道を分析しました。この日確認した報道では、オスプレイ、リットル、まとめ、国防総省、などなどの語句が目に止まりました。5の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
戦争や核兵器の恐ろしさを忘れず、平和な世界を守っていく決意をいつまでも伝えてほしい」とあいさつ。次いで本年度平和大使の中学生10人が「広島や長崎であった惨劇を二度と起こさないこと、いつか戦争が無くなり、世界中に笑顔があふれることを願い続け、自分たちの身近なところから平和を作っていく」と声を合わせて平和宣言を行った。
茨城新聞2020/3/16茨城
那覇署は15日、那覇市久茂地の市道で酒気を帯びたまま車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で米軍キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊伍長(22)を現行犯逮捕した。「酒は抜けたと思った」と容疑を否認しているという。
琉球新報2020/3/16沖縄
2019年4月には航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)のF35Aが訓練中に太平洋上に墜落した。県内では米軍嘉手納基地や普天間飛行場に飛来したり、伊江島補助飛行場で離着陸訓練をしたりするなど頻繁に飛行が確認されている。
琉球新報2020/3/16沖縄
【ジョン・ミッチェル特約通信員】米海兵隊普天間飛行場で2018年1月12日、オスプレイから燃料約千リットル(ドラム缶5本分)が地下の排水溝に流出する事故が起きていたことが15日までに分かった。機体の整備中に燃料が流出し、除去作業に少なくとも2日間を要した。
沖縄タイムス2020/3/16沖縄
那覇署は15日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、米軍キャンプ・ハンセン所属の海兵隊伍長(22)を現行犯逮捕した。「酒は抜けたと思った」と容疑を否認しているという。呼気からは基準値の2倍を超えるアルコールが検出された。
沖縄タイムス2020/3/16沖縄