2020年3月27日 筑波大、座間味、辺野古、百里基地、自衛隊、座間味島

2020年3月27日の25件のメディア記事などを精査しました。この日収集した新聞各社の報道には、手りゅう弾、筑波大、パイロット、座間味島、辺野古、サイト、さくら、まつり、取り消し、セクト、カミソリ、座間味、イベント、義援金、コロナ、自衛隊、手がかり、見送り、資機材、百里基地、向こう、などの表現をみつけることができました。25個のコンテンツURLを記録しました。
中止は戦争の影響による44〜46年以来。園内での花見は禁止しない。感染防止対策としてスタッフの配置や検温の呼び掛けなどを検討している。
河北新報2020/3/27青森
【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は27日、酒気帯び運転をしたとして、第2特科連隊の男性陸士長(22)を停職3カ月の懲戒処分とした。陸士長は31日付で依願退職する。同師団によると、陸士長は昨年8月18日朝、旭川市内のカラオケ店でビールなどを5杯ほど飲んだ後、車を運転して帰宅し、警察官に停止を求められた。
北海道新聞2020/3/27北海道
大熊町出身で陸上自衛隊福島駐屯地(福島市)第44普通科連隊重迫撃砲中隊3等陸曹の佐藤彬瑛(あきひで)さん(26)の言葉に力がこもる。2011(平成23)年3月11日は自宅近くの飲食店でアルバイトをしていた。
福島民友新聞2020/3/27福島
兵庫駅を出発した本邦初の銀色のアルミカーが、日産・ブルーバードとトヨタ・コロナが覇を競う「BC戦争」の間を縫い、緑色の市電と擦れ違いながら、走り抜けていく-。兵庫こそが、山電の中心だった“古き良き”時代への、つかの間の時間旅行だった。
神戸新聞2020/3/27兵庫
兵庫には復帰前から沖縄出身者が多く移住し、神戸市出身の島田叡氏が太平洋戦争末期に沖縄県知事を務めるなどゆかりが深い。募集委は県議会や県市長会、県商工会議所連合会、神戸新聞厚生事業団など16団体で構成。募金箱や専用口座に486件の寄付があった。
神戸新聞2020/3/27兵庫
筑波大が軍事技術に応用可能な研究を助成する防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」に応募し採択された問題で、同大の永田恭介学長は26日の定例会見で、「基礎研究であり、軍事研究には当たらない」とし、軍事技術への応用意図を改めて否定した。
茨城新聞2020/3/27茨城
防衛省が公募する研究費助成制度に筑波大が応募して採択され、学内外から批判が出ている問題で、永田恭介学長は二十六日、定例会見で「お金の出どころではなく内容で判断した。軍事研究ではない」と反論した。採択されたのはハイテク素材のカーボンナノチューブを使い、衝撃に強い素材を開発する研究。
東京新聞2020/3/27茨城
航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)は26日、空自三沢基地(青森県三沢市)からF2戦闘機を配備する第3飛行隊が移動したと発表した。今回の部隊改編により、百里基地はF4EJ改とF2の2機種編成になる。最古参の戦闘機で同基地が唯一運用するF4は老朽化により来年度中の退役が決まっており、同基地は今後、F2が主力となる。
茨城新聞2020/3/27茨城
海上自衛隊は27日、商業施設で窃盗を繰り返したとして、指揮通信開発隊(横須賀市)の男性隊員を懲戒免職とした。
神奈川新聞2020/3/27神奈川
陸上自衛隊は27日、後輩の女性隊員に暴行やわいせつな行為を繰り返したとして、座間駐屯地第4施設群の23歳と21歳の男性陸士長2人を懲戒免職処分にした、と発表した。
神奈川新聞2020/3/27神奈川
ANAは今年1月、米中貿易戦争の長期化で、日本発の航空貨物輸出量が減少しているとし、3月29日から沖縄発着の4路線を減便・運休し、従来の週70便から週50便に減らすと発表していた。その際、従来の航空貨物ネットワークを維持するため、他社の旅客便などとコードシェア(共同運航)する計画もあった。
沖縄タイムス2020/3/27沖縄
【平安名純代・米国特約記者】エスパー米国防長官は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、米軍に海外での移動を60日間停止するよう命じた。将校や文官らの出張や異動、家族ら米軍関係者の移動にも適用され、約9万人が影響を受ける見通し。
沖縄タイムス2020/3/27沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設が進む名護市辺野古で飲食店を経営する玉利朝輝さん(61)は、移設について「辺野古区民は条件付き容認の人が多い」と強調する。今回の判決を受けて「司法判断が示された以上、普天間飛行場の危険除去のために辺野古移設を前に進めるべきだ」と訴えた。
琉球新報2020/3/27沖縄
【与那嶺路代本紙嘱託記者】米国防総省は25日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、米軍の海外での移動を60日間禁止すると発表した。軍人、文官、その家族が対象で、約9万人に適用される。一部の例外を除き、米軍の演習や展開、再配備などに影響する。
琉球新報2020/3/27沖縄
【座間味】米軍が座間味島を含む慶良間諸島に上陸し、地上戦が始まった1945年3月26日から75年を迎えた。26日、座間味村の平和之塔には遺族や関係者が集まり、戦争で命を落とした家族や友人らを思い、静かに手を合わせた。
琉球新報2020/3/27沖縄
■戦後75年75年前の3月26日、米軍が上陸し、住民を巻き込む激しい地上戦の始まりとなった沖縄県座間味村。「集団自決(強制集団死)」で多くの住民が命を失った沖縄戦の記憶を継承しようと、村は戦争体験者15人のインタビュー映像や戦跡マップなど掲載する特設サイトを制作している。
沖縄タイムス2020/3/27沖縄
平和行進は、日本復帰後も米軍基地の過重な負担が続いているとして、抗議のために1977年に始まった。毎年開催しており、センターによると中止は初。昨年は3日間で延べ3590人(主催者発表)が参加した。
沖縄タイムス2020/3/27沖縄
75年前の3月26日に、米軍が上陸した沖縄県座間味村で「集団自決(強制集団死)」を体験した元小学校校長の宮城恒彦さん(86)=豊見城市=は、村の沖縄戦記憶継承のデジタル化事業に携わっている。自身も約40人の戦争体験を聞き取った「記録者」。
沖縄タイムス2020/3/27沖縄
戦争につながる一切を否定しなければならない。沖縄の平和を求め、これらの誓いを新たにしたい。75年前の3月末、日米で20万人余が命を落とした沖縄戦が始まった。
琉球新報2020/3/27沖縄
2018年2月に神埼市千代田町の民家に墜落した陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターの同型機が25日から駐屯地敷地外での整備確認飛行に入った。専門家は、機体数が少ないという事情を踏まえてミスを生まない整備体制の重要性を強調する。
佐賀新聞2020/3/27佐賀
...(土)▷第17回おぎ観桜男子ミニバスケットボール大会(26日も、小城体育センターなど)26日(日)▷陸上自衛隊西部方面音楽隊巡回演奏会in佐賀(佐賀市文化会館)▷春の普茶料理食事会(小城市の小城公民館晴田支館)29日(水)▷第117回有田陶器市(5月5日まで、有田町一帯)=延期5月17日(日)▷第33回県道場少年剣道大会(嬉野市中央体育館)10日(日)▷第35回県柔道整復師会中学生柔道錬成大会(佐...
佐賀新聞2020/3/27佐賀
陸上自衛隊は4月から、全国の演習場などへの資機材輸送で鉄道の利用を本格化させる。JR貨物の鳥栖貨物ターミナル駅(佐賀県鳥栖市)など全国八つの貨物駅を積み降ろしの拠点とする。東日本大震。
西日本新聞2020/3/27佐賀
イラク戦争と重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行による年間減収額の約1700億円、リーマン・ショック時の年間約3千億円を数カ月で上回る計算となる。新型コロナの影響で利用者の減少に歯止めがかからず、協会は「旅客数が1桁台の便も散見される」状況を懸念。
佐賀新聞2020/3/27佐賀
そして、全学の自治会(?)との全面戦争(?)が始まった。ぼくは、九四年六月に学長に選出され、二〇〇一年八月に彼らを全員大学から追い出すまで、大学の全面的改革を行いながら、闘いを続けることになる。しかし、これはまたその後の話である。
東京新聞2020/3/27栃木
清掃行政の転換点となったといわれる「ごみ戦争」だ。その歴史を語り継ぐ新たな展示が、区の環境問題学習施設「えこっくる江東」(潮見)にできた。出来事をリアルに知らない若手職員らがアイデアを練った。
東京新聞2020/3/27東京