2020年3月29日 渡嘉敷、佐世保、自衛隊、嘉手納、中央公園

2020年3月29日の12件のメディア記事を解析しました。この日に見た紙面やネットでは、イベント、佐世保、同級生、まとめ、めった、コロナ、中央公園、取り組み、悲しみ、トラブル、嘉手納、渡嘉敷、自衛隊、のような熟語などが使われていました。12件の記事へのリンクをスクラップしました。
呉市の海上自衛隊呉基地に現存する地下壕(ごう)を調べている呉高専(呉市)でリーダー役を務めていた女子学生が、今春で卒業する。
中国新聞2020/3/29広島
知人男性を車内に監禁したとして、尼崎北署は29日、逮捕監禁の疑いで陸上自衛隊伊丹駐屯地の自衛隊員の男(19)=伊丹市=を逮捕した。逮捕容疑は28日午後7時ごろ、別の男(19)と共謀し、尼崎市富松町1の路上で知人のアルバイト男性(19)に対し「車に乗れ」と脅迫。
神戸新聞2020/3/29兵庫
米軍関係者三人の感染も新たに明らかになった。横須賀市は、感染症指定医療機関の市立市民病院で勤務する女性看護師の感染を発表した。十五日以降、感染症病棟で同ウイルス感染者を担当していた。
東京新聞2020/3/29神奈川
戦後は米軍が接収。66年に日本への返還が決まり、「市民がつくる、市民のための公園」として整備された。こうした歴史を踏まえ、市は地域住民との意見交換を続け、「新しい公園の設計にできるだけ反映させたい」とする。
長崎新聞2020/3/29長崎
「米軍に捕まったら何をされるか分からない。それなら早く死にたい」。大城さんは絶望しながら家族と共に歩を進めた。
琉球新報2020/3/29沖縄
米軍によると、1例目の空軍兵は海外から戻った後、15日間の行動制限下に置かれていた。同基地の医療チームは接触者を特定しており、濃厚接触した家族の行動も制限したとしている。2例目は12日に海外から戻り、16日から行動制限下に置かれた。
琉球新報2020/3/29沖縄
また、北谷町の女性殺害事件では男が交際を巡ってトラブルを起こし、女性が米軍憲兵隊や県警に相談していたことも分かっている。県はこれまでも、てぃるるに女性専用の電話相談窓口を設置。年間3千件を超える相談が寄せられ、このうち約150~250件が外国人と日本人女性の間のトラブルについてだった。
琉球新報2020/3/29沖縄
一方、米空軍嘉手納基地でも28日、在沖米軍で初となる感染者が2人確認された。2人の居住先が基地外かは不明。米軍関係を除く県関係感染者は計9人となった。
沖縄タイムス2020/3/29沖縄
米軍が渡嘉敷島に上陸した翌日の1945年3月28日、住民らは旧日本軍の命令で島北部の北山(ニシヤマ)に集まり、「集団自決(強制集団死)」で330人が犠牲になった。当時11歳で渡嘉敷国民学校6年生だった大城政連(せいれん)さん(86)も大けがを負い、幼い弟を失った。
沖縄タイムス2020/3/29沖縄
再び「戦争に近づいている」と感じるようになり、メディアに初めて体験を語った。金城さん一家は23日の空襲で大見謝山にある壕に避難していたが、警察官の指示で大雨の中、阿波連集落から北山へ向かった。27日夜中に到着。
琉球新報2020/3/29沖縄
埼玉県所沢市並木の米軍所沢通信基地を貫く東西連絡道路が28日開通し、記念式典と渡り初めが行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、式典の規模は、当初の半数以下となり、関係者約30人が出席した。米軍関係者は出席しなかった。
埼玉新聞2020/3/29埼玉
米軍所沢通信基地(所沢市)を東西に貫く市道「東西連絡道路」(総延長五百八十メートル)が二十八日、開通した。開通に先立ち、地元住民や自治会関係者ら約三十人が、記念式典に続いて車による「通り初め」を行った。
東京新聞2020/3/29埼玉