2020年4月9日 辺野古、マキシン、宇出津、五稜郭、嘉手納

2020年4月9日の11件の報道を収集しました。この日確認した報道では、公民館、ブランド、タイヤ、見送り、マキシン、イベント、宇出津、五稜郭、まとめ、辺野古、スクランブル、トラブル、さくらんぼ、コロナ、キャンセル、マラソン、嘉手納、こだわり、という語句が使われていました。11個のコンテンツURLを記録しました。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地の選定を巡り、自民党秋田県連の金田勝年会長ら国会議員が9日、河野太郎防衛相に申し入れ書を提出した。
秋田魁新報2020/4/9秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、河野太郎防衛相は9日、4月中で調整していた秋田県訪問を取りやめる可能性を示唆した。
秋田魁新報2020/4/9秋田
【函館】箱館戦争の歴史を後世に伝える目的で5月16、17の両日に函館市内で開かれる予定だった「箱館五稜郭祭」(同祭協賛会主催)は規模を縮小し、戦死者を悼む16日の「碑前祭」のみを開催することになった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、恒例の「維新行列」や「土方歳三コンテスト全国大会」などは中止する。
北海道新聞2020/4/9北海道
防衛省は9日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が2019年度に緊急発進(スクランブル)した回数が947回だったと発表した。前年度より52回減ったが、過去3番目の多さ。中国機とロシア機が共同飛行する異例の動きもあった。
北海道新聞2020/4/9北海道
戦争や阪神・淡路大震災を乗り越え、ファッションの街・神戸の文化を担ってきた同店。素材と品質へのこだわりは創業時から変わらず、職人の手作業による「作品」ともいえる製品には全国から注文が絶えない。店の顔が、四半世紀以上社長を務める渡邊百合さんだ。
神戸新聞2020/4/9兵庫
3年前発行の「宇出津物語」にあばれ祭や太平洋戦争末期の防空壕(ごう)落盤事故など4話を追加し、全15話の冊子としてまとめた。500部作り、公民館で希望者に配布する。 冊子はA5判49ページで、前館長の佐野勝二さん(65)が執筆した。
北國新聞2020/4/9石川
沖縄県の米軍嘉手納基地で9日午前10時ごろ、同基地所属のKC135空中給油機1機の周辺で、複数の地上隊員が右翼側のタイヤを交換する作業が確認された。滑走中に同機のタイヤに何らかのトラブルが発生したと見られる。
沖縄タイムス2020/4/9沖縄
防衛省は昨年12月、工期約12年、総工費を約9300億円とする計画見直し案を発表した。今回の変更分も含まれており、全体の工期や工費に影響はない。防衛局は区域(2)と、区域(2)-1の2カ所を護岸で囲み、土砂の投入を続けている。
沖縄タイムス2020/4/9沖縄
県平和祈念資料館は当初6月に戦争の語り部功労者に対して感謝状の贈呈式などを計画していたが、今後日程を見直すという。
琉球新報2020/4/9沖縄
...)=9月19、20日に延期26日(日)▷第32回県高校バドミントン春季大会(佐賀市の旭学園体育館)▷陸上自衛隊西部方面音楽隊巡回演奏会in佐賀(佐賀市文化会館)▷小城歩こう会4月例会(小城市の一本松古墳周辺)▷春の普茶料理食事会(小城市の小城公民館晴田支館)▷普茶料理食事会(小城公民館晴田支館)29日(水)▷第18回ストリングフェスタ(佐賀市文化会館)▷第9回唐津やきもん祭り(5月5日まで、唐津市...
佐賀新聞2020/4/9佐賀
19回目の今年は6月7日、陸上自衛隊神町駐屯地を発着地に開催予定だった。中止となるのは初めて。今後、参加費や企業からの協賛金について取り扱いを検討する。
山形新聞2020/4/9山形