2020年4月13日 普天間

2020年4月13日の12件のメディア記事などを確認しました。この日に見つかった報道の言葉は、大好き、普天間、英会話、軽自動車、飛行場、コロナ、小学生、イベント、市街地、離着陸、パイロット、ガジュマル、という文字が使われていました。12件の記事URLは以下の通りです。
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落下させた事故で、米太平洋空軍は、パイロットのミスが原因だったという事故調査結果を公表した。本来投下するポイントとは別の誤ったポイントを選択して、模擬弾を投下した-とした。
東奥日報2020/4/13青森
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、三沢対地射爆撃場(青森県三沢市、六ケ所村)外の同村民有地に重さ226キロの模擬弾を落下させた事故で、米太平洋空軍(司令部・米国ハワイ)は、操縦士が投下地点を正しく認識しなかった過失が原因-とする調査結果を公表した。
東奥日報2020/4/13青森
平和や民主主義をテーマにした映画を表彰する日本映画復興会議(東京都)で、太平洋戦争末期に旧群馬町(群馬県高崎市)に建設された軍事用飛行場の実像に迫ったドキュメンタリー映画「陸軍前橋飛行場私たちの村も戦場だった」が、2019年度の日本映画平和賞に選ばれた。
上毛新聞2020/4/13群馬
このほか、10日に感染を発表した1人が、海上自衛隊の横須賀地区(神奈川県横須賀市)の部隊に所属し、神戸市内で勤務する30代の男性隊員だったことも公表。既に感染が判明している同地区所属の40代男性隊員の濃厚接触者という。
神戸新聞2020/4/13兵庫
1週間程度は、陸上自衛隊に防疫や消毒などの支援も受ける。県によると、患者は3階以上の客室で過ごし、外出は禁止。症状がなくなった後、2回のPCR検査で陰性になれば自宅などに戻る。
神戸新聞2020/4/13兵庫
「戦争と似ている面はあるかもしれない。私は3月まで約1年、英国に滞在していたが『平静を保ち、普段の生活を続けよう』という第2次世界大戦と同じ合言葉が今回も使われていた。英国の戦争観とは違い、日本では戦争に対する拒否感は強い。
京都新聞2020/4/13京都
村井嘉浩知事は12日、市の要求に基づき、陸上自衛隊東北方面総監に災害派遣を要請した。派遣要請は3日に続き2度目。期間は13〜15日で、いずみ保育園など4施設のPCR検査に従事する看護師らを医療機関に派遣してもらう。
河北新報2020/4/13宮城
米軍普天間飛行場から大量に漏出した泡消火剤に関し、市街地の回収作業をしていない米軍の対応を巡り、13日朝、登庁した県首脳からは「とんでもない」(富川盛武副知事)などと批判が相次いだ。玉城デニー知事は抗議を「検討中」と述べた。
沖縄タイムス2020/4/13沖縄
基地外に漏れた泡の除去作業に日本側が追われる一方、米軍が動くことはなかった。基地内の側溝を流れた水は、暗渠(あんきょ、地下水路)を伝って市街地へ抜け、宇地泊川に合流する。「普天間飛行場から漏れた泡消火剤は、これだろうな。
沖縄タイムス2020/4/13沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場の返還が合意され24年となるが、宜野湾市民の基地負担は減っていない。昼夜を問わない米軍機の飛行は特に外来機を中心に増加傾向にあり、市への苦情も日々相次いでいる。直近は早朝に日米の国歌が大音量で流れることへの苦情が増加し、地上デジタル放送の受信障害に関する苦情も根強い。
琉球新報2020/4/13沖縄
米軍は太平洋戦争中に飛行場を造り始め、戦後に拡張。1944年当時にあった22字のうち、真志喜を含む14字にまたがった。仲間さんは、ガジュマルの木陰を見ると「昔の人たちは農作業を終えて、ここで一服したんじゃないか」と考え、月が出ると「もーあしびーの場所だったのかも」と想像してきた。
沖縄タイムス2020/4/13沖縄
...ンライズパーク補助競技場)26日(日)▷第32回県高校バドミントン春季大会(佐賀市の旭学園体育館)▷陸上自衛隊西部方面音楽隊巡回演奏会in佐賀(佐賀市文化会館)▷小城歩こう会4月例会(小城市の一本松古墳周辺)▷春の普茶料理食事会(小城市の小城公民館晴田支館)▷普茶料理食事会(小城公民館晴田支館)29日(水・祝)▷第9回唐津やきもん祭り(5月5日まで、唐津市中心市街地周辺)▷唐津神社春季例大祭で唐津...
佐賀新聞2020/4/13佐賀