2020年4月18日 オスプレイ、東北大、木更津、辺野古

2020年4月18日の8件の報道各社の記事を観察しました。この日マスコミで報じられた内容には、ドライブ、東北大、資機材、辺野古、コロナ、きょう、オスプレイ、木更津、などのワードが目に止まりました。8件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
海上自衛隊舞鶴教育隊の入隊式が8日、京都府舞鶴市泉源寺の同隊体育館であった。新型コロナウイルスの感染防止対策がとられる中、新入隊員が、海上自衛官への一歩を踏み出した。入隊者は一般海曹候補生や自衛官候補生の18~32歳の男女371人で、京都府出身者は52人。
京都新聞2020/4/18京都
市によると、大花火大会は太平洋戦争中に中止が続いたが、戦後の一九四六(昭和二十一)年に復活。以来、毎年八月に七里御浜海岸で開かれてきたが、初めて中止となる。記者会見した実行委会長の中平孝之・市観光協会長は「例年、協賛者や運営者、学生ボランティアら多くの人に協力してもらっている。
中日新聞2020/4/18三重
ドライブスルー方式は、仙台市の依頼で県が災害派遣を要請した陸上自衛隊が2回実施した。検査時間の短縮など円滑な検査が見込めることから、本格導入に向けて県が関係機関と調整に当たっていた。県は17日、県南の医療機関の敷地内に、帰国者・接触者外来を新設。
河北新報2020/4/18宮城
陸上自衛隊大村駐屯地は17日、上司に暴力を振るいけがをさせたなどとして、第16普通科連隊の50代男性陸曹を、同日付で停職60日の懲戒処分にしたと発表した。同駐屯地によると、陸曹は昨年9月9日、熊本県内の演習場で資材の管理を巡って上司に腹を立て、左目やあご付近を3回殴るなどし、全治2週間のけがを負わせた。
長崎新聞2020/4/18長崎
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に携わる業者の従業員1人が新型コロナウイルスに感染したことについて、沖縄防衛局は17日、18日以降も移設作業をしないと発表した。再開時期は明確にしていない。「状況の整理」として工事を止めたが、18日以降も米軍への説明や受注業者の意向確認などを行う。
琉球新報2020/4/18沖縄
県関係に含んでいないが、米軍関係者も3人の感染が明らかになっている。
沖縄タイムス2020/4/18沖縄
県関係に含んでいないが、米軍関係者3人の感染も明らかになっている。
沖縄タイムス2020/4/18沖縄
陸上自衛隊輸送機オスプレイの木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備計画に関して防衛省は、6月にも配備する予定だった最初の2機の配備時期が未定になったと木更津市に報告した。新型コロナウイルスの影響で、米国側による機体整備が見通せなくなったため。
佐賀新聞2020/4/18佐賀