2020年4月28日 自衛隊、サンフランシスコ

2020年4月28日の14件のメディアの記事などを解析しました。この日に見つかった報道の言葉は、県知事、自衛隊、サンフランシスコ、恩返し、ウイルス、フィギュア、オスプレイ、などのキーワードが目に止まりました。14の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落下させた事故で、米軍は27日、掘削でできた穴に土を埋め戻す作業を始めた。28日に重機を現場へ運び、29日に土砂を搬入、埋め戻しを行う。
東奥日報2020/4/28青森
青森県むつ市と海上自衛隊大湊地方総監部は24日、同市の農水産物などの消費拡大に向けた「むつ市のうまいは日本一!」推進協定を締結した。海自大湊隊員の給食に地元食材を積極的に取り入れる。海上自衛隊。
東奥日報2020/4/28青森
まさに戦争状態という覚悟で取り組まないといけない。−大型連休が始まる。休みが長いほど、せっかくの休みだからという思いは募るが、さらに警戒を高めてほしい。
中日新聞2020/4/28岐阜
母(故上野衣子さん)は、戦争で中止になった1940年札幌五輪の“幻の代表選手”だった。直接聞いてはいないけれど、無念さや思い残しが私にスケートをさせた理由だと思う。執念を感じるほど厳しい先生でした」-長引けば経済的な悪影響も。
神戸新聞2020/4/28兵庫
石川県の谷本正憲知事は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。自衛隊は同日、軽症や無症状の患者を病院から宿泊療養施設に搬送する作業を開始し、初日は8人を移送した。県は今後、作業を民間交通事業者に委託することも検討している。
北國新聞2020/4/28石川
高知市横浜西町で撮影されたオスプレイとみられる機影(27日午後6時10分ごろ=読者提供)27日夕、高知市南部の住宅街上空を米軍の輸送機オスプレイが飛行した、との目撃情報が県などに複数寄せられた。高知県危機管理部は同日、目撃情報について防衛省中国四国防衛局にメールで連絡した。
高知新聞2020/4/28高知
大阪市で生まれ、戦争末期に美山の祖父母の家に両親と疎開してきた。北桑田高を卒業後、郵政省(現総務省)に入省し、東京や大阪など各地で勤務していたが、老いた両親の面倒を見るために早期退職し、ひとり美山に戻ってきた。
京都新聞2020/4/28京都
一方、県選出の野党国会議員でつくる「うりずんの会」は24日、防衛省に対し、名護市辺野古の新基地建設に伴う設計変更申請の取り下げと、新基地建設断念を求めた。自民党の3衆院議員も同日、衛藤晟一沖縄担当相へ感染拡大に対応した補正予算について要請するなど、与野党とも東京での活動を強化している。
琉球新報2020/4/28沖縄
2016年4月、本島中部でウオーキング中だった女性が殺害された米軍属女性暴行殺人事件の発生から28日で4年を迎える。
琉球新報2020/4/28沖縄
これにより米国は日本の同意の下で、他国に介入されることなく軍事基地を自由に使うようになった。米軍は「銃剣とブルドーザー」で農地を奪うなど、沖縄住民の基本的人権を無視した統治を敷いた。沖縄の地位は植民地よりひどかった。
琉球新報2020/4/28沖縄
戦争を起こす他国の王に命を懸けて意見し、最後は餓死した▼「五輪に行かせてください」。意に反する事態への選手たちの正直な気持ちの表れだった。1980年の今ごろだ。
琉球新報2020/4/28沖縄
玉城知事は沖縄の日本復帰以降、日本本土では米軍専用施設の返還が進んだが、沖縄は依然として70・3%の米軍専用施設が約0・6%の県土面積にある現状を指摘。SACO合意や米軍再編の計画が全て実現しても「依然として約69%の米軍専用施設が沖縄に残り続けることをよしとするものではない」と強調した。
琉球新報2020/4/28沖縄
米軍の輸送機オスプレイとみられる機体2機が27日午後5時50分ごろ、徳島県那賀町の上空で目撃された。70代男性が東から西へ飛ぶのを確認した。県によると本年度、県内で米軍機とみられる機体が確認されたのは計6日。
徳島新聞2020/4/28徳島
機動兵団歩兵第514連隊動員編成跡地記念碑の建立5周年記念の集いは27日、富山市の県五福公園で行われ、建立委員らが戦争の記憶を風化させないことを誓った。新型コロナウイルス感染防止のため、参加人数を最小限に抑えて実施した。
北國新聞2020/4/28富山