2020年4月30日 普天間

2020年4月30日の6件の報道各社の記事を解析しました。可能な限りみたところ、普天間、きょう、ホワイト、穴埋め、コロナ、といった字句が見出しに使われていました。6件の記事へのリンクをスクラップしました。
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県六ケ所村内の民有地に模擬弾を落下させた事故で、米軍は29日、掘削によりできた穴を埋め戻すため、土の投入を始めた。
東奥日報2020/4/30青森
感染症が猛威を振るおうと、核戦争が起きようと、人間のその性質は変わらないでしょう。私は中学生の頃に不登校や引きこもりを経験しました。人とつながりたい。
福井新聞2020/4/30福井
基地周辺住民らが自衛隊機や米軍機の一部飛行差し止めや騒音被害への損害賠償などを国に求める「基地訴訟」。全国七基地で係争が続く一連の裁判は一九七五(昭和五十)年、第一次小松基地騒音訴訟の提訴から始まった。
中日新聞2020/4/30石川
伊江島に米軍が上陸した1945年4月16日、義雄さんは防衛隊として隊長の送迎やかばん持ちをしていた。芳魂之塔での平和祈願祭(村主催)で義雄さんは戦友代表として献花を行っている。70年以上連れ添った妻のミドリさん(99)が昨年1月に先立った。
琉球新報2020/4/30沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場から発がん性などが指摘されている有機フッ素化合物(PFAS)を含む泡消火剤が10日に宜野湾市の宇地泊川などへ流出した事故を受け、日本環境化学会評議員の田代豊氏は流出事故翌日の11日、川の河口周辺で海水を採取し、専門家に分析を依頼した。
琉球新報2020/4/30沖縄
【うるま】米海軍の強襲揚陸艦アメリカが29日、沖縄県うるま市勝連の米軍ホワイトビーチに寄港しているのが確認された。28日に入港した。同艦は6、13の両日にも米軍ホワイトビーチに寄港していた。
琉球新報2020/4/30沖縄