2019年12月22日 久美子、真珠湾

2019年12月22日の11件のマスコミ報道などを確認しました。この日マスコミで報じられた内容には、アニメ、真珠湾、いくつ、プロジェクションマッピング、久美子、文化財、などの字句が目に止まりました。11の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
海上自衛隊大湊地方総監に20日付で就任した二川(ふたかわ)達也海将(54)の着任式が21日、青森県むつ市の海自大湊基地で行われた。二川総監は北海道出身。1988年、防衛大卒。
東奥日報2019/12/22青森
海上自衛隊の中東派遣を27日に閣議決定する政府方針に対し、野党が批判を強めている。自衛隊の活動が無原則に拡大するなど懸念材料が多いにもかかわらず、国会が閉会した後に事実上の流れが固まったためだ。野党各党は「議論が不足している」と指摘し、来年1月召集の通常国会で追及する構えだ。
北海道新聞2019/12/22北海道
一方で「戦争がなくならないことへの嘆きの言葉でもあった」と考えている。
長崎新聞2019/12/22長崎
1941年に旧日本軍の奇襲で日米戦争の火ぶたが切られた米ハワイの真珠湾で来年夏、被爆地の長崎、広島両市が「原爆展」を開く方向で最終調整していることが分かった。
西日本新聞2019/12/22長崎
同予算案では、県が五條市に誘致を目指す陸上自衛隊駐屯地について、防衛省が、県が整備する広域防災拠点の検討に引き続き協力するための調査経費約200万円を計上。これに対し荒井知事は、予算化に感謝するとともに「今後も防衛省が行う候補地の利活用などの協議に協力。
奈良新聞2019/12/22奈良
うるま署は21日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで米軍嘉手納基地所属の海軍2等兵曹(29)を現行犯逮捕した。「アルコールは体から抜けたと思った」と容疑を否認しているという。呼気から基準値約3倍のアルコールが検出された。
沖縄タイムス2019/12/22沖縄
首里城の視察後は自民党県連役員や松川正則宜野湾市長らと那覇市内で面談し、米軍普天間飛行場の移設先とする名護市も訪れて関係者と面談した。22日に米軍那覇港湾施設(那覇軍港)を視察し、帰任する。今回の菅氏の来県で玉城デニー知事との正式な会談は予定していなかったが、県側の希望で玉城知事が首里城の視察に同行して被災状況を直接説明した。
琉球新報2019/12/22沖縄
首里城再建で県民の声を聞く一方、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設でも県民の声を聞く機会を設けるべきでは、との質問には「普天間飛行場負担軽減推進会議や政府・沖縄県協議会という協議の場で、玉城知事の考えを伺うとともに、政府の考えや沖縄の基地負担軽減のための取り組みを粘り強く説明したい」と述べた。
沖縄タイムス2019/12/22沖縄
戦闘シーンを描かずに、戦争の惨めさや理不尽さを庶民の生活を通して描いた「この世界の片隅に」は、幅広い世代のお客さまに受け入れられた。そうなると、こちらも気が大きくなり「アニメなの?じゃあ見ないわ」とおっしゃるお客さまに、「だまされたと思って見た方がいいです。
沖縄タイムス2019/12/22沖縄
沖縄県の国頭村と東村にまたがる米軍北部訓練場の部分返還から22日で3年を迎えた。返還後、政府は汚染物質の撤去など「支障除去」を終えたとして、返還1年後の2017年12月に地権者に土地を引き渡した。だが支障除去の対象とされたヘリコプター着陸帯「FBJ」付近では、今もライナープレート(防護壁)や鉄板が大量に残っているほか、他の返還地でも廃棄された弾薬などが多数見つかっている。
琉球新報2019/12/22沖縄
政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)を抱える阿武町の花田憲彦町長は20日、地元住民向けの説明会を開いた防衛。
山口新聞2019/12/22山口