2019年12月23日 普天間、辺野古、北朝鮮

2019年12月23日の13件のメディア記事などを確認しました。ザッピングしたところ、北朝鮮、普天間、チキン、見通し、プレゼン、習氏国、子ども、胸ぐら、埋め立て、タイヤ、辺野古、ラッシュ、賓来日、のようなキーワードが使われていました。13件の記事URLは以下の通り。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する防衛省の計画を巡り、佐竹敬久知事は23日の定例会見で、「国の専権事項だが、そういう状況(新屋配備)をなくすように頑。
秋田魁新報2019/12/23秋田
同社は、採掘技術が進歩したことに加え、閉山が太平洋戦争の戦局悪化に伴う国策だったことから、金がまだ残っている可能性に着目し、国から試掘権を得て8月からボーリングを開始。12月下旬までに6カ所で地表から深さ約550メートルまで掘り進め、地質サンプルを採取する。
北海道新聞2019/12/23北海道
【北京上家敬史】安倍晋三首相は23日、訪問先の北京市内で習近平国家主席と会談し、朝鮮半島の完全な非核化に向けて、北朝鮮に関する国連安全保障理事会決議の完全な履行が重要との認識で一致した。両首脳は、来春に予定する習氏の国賓来日を有意義なものにするとの考えを確認。
北海道新聞2019/12/23北海道
宣告は体重計の置かれた一室で、巣鴨プリズンのハンドワーク所長ら10人以上の米軍将兵と花山氏が立ち会ったことが手書きの図から読み取れる。東条は左手に念珠をして臨んだ。さらに宣告を聞いた東条は「刑死前2、3時間ほど花山さんにお話を願いたい」と述べたという。
京都新聞2019/12/23京都
那覇署は21日、男性(20)の胸ぐらをつかんで暴行したとして、海上自衛隊沖縄基地隊所属の2等海尉(49)=うるま市=を暴行容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は21日午後6時10分ごろ、那覇市牧志の国際通りで被害男性の胸ぐらをつかみ引っ張るなどの暴行を加えた疑い。
沖縄タイムス2019/12/23沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が埋め立てに必要な工程を10年程度と見積もっていることが22日、分かった。政府関係者が明らかにした。軟弱地盤の存在が発覚し、当初予定していた5年から2倍の時間がかかると判断した。
琉球新報2019/12/23沖縄
2013年に日米が合意した在日米軍基地の統合計画では、本体工事の期間を5年と想定していた。埋め立て工事の完了後も飛行場の整備に3年を見込んでおり、「2022年度またはその後」としてきた普天間飛行場の返還時期は、30年代半ば以降にずれ込む公算が大きい。
沖縄タイムス2019/12/23沖縄
那覇署は21日、沖縄県那覇市牧志の国際通りで路上に立っていた会社員男性(20)に「どけ」などと因縁を付け胸ぐらをつかみ引っ張ったとして、暴行容疑で海上自衛隊沖縄基地隊所属の2等海尉の男(49)=うるま市=を逮捕した。
琉球新報2019/12/23沖縄
【東】東村高江の県道70号上で22日午前、米兵らが米軍車両から落下したとみられるタイヤを回収する様子が確認された。現場は新川ダム周辺で、タイヤの直径は1メートル以上あった。同日午前10時20分ごろ、米軍車両が1台停車し、米兵たちがタイヤを回収している様子を周辺住民が目撃した。
琉球新報2019/12/23沖縄
生活に根付くソウルフードをめぐって、コンビニ、スーパーなども“チキン戦争“に参入し、しのぎを削っている。しかしながら、那覇市の一世帯の鶏肉消費量は意外にも44位。あんなにも食べているイメージなのに、実際は?(デジタル部・與那覇里子)沖縄大百科事典によると、戦前の沖縄には、鶏肉文化はなかったようだ。
沖縄タイムス2019/12/23沖縄
佐賀県内の国際交流や外国人支援などのNGO団体が、戦争など逆境の中に置かれている子どもたちの希望をプレゼンテーション方式で紹介する「世界の子どもたちにクリスマスの夢を」が21日、佐賀市白山の県国際交流プラザで開かれた。
佐賀新聞2019/12/23佐賀
学習会は市民団体「戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める県民ネットワーク」(県民ネット)が主催。参加無料。問い合わせは明良さん=電080(3442)1976=へ。
東京新聞2019/12/23栃木
「国や米軍に安全教育の徹底を再三要請してきた中での発覚で言語道断だ」。米軍の調査報告書を手に会見した岩国市の福田良彦市長の声は怒気を帯びていた。米軍岩国基地(岩国市)所属の戦闘攻撃機部隊で戦闘。
山口新聞2019/12/23山口