2020年1月7日 木更津、和田岬線、イラン、瑞慶覧、横須賀、自衛隊

2020年1月7日の16件のメディアの記事などを解析しました。一通りチェックした感じでは、ひろば、自衛隊、木更津、和田岬線、無事故、瑞慶覧、横須賀、みだら、オスプレイ、キャラ、スタンプ、ホテル、まつり、キャンプ、イラン、高校生、インパルス、という言葉が使われていました。16件の記事URLは以下の通り。
佐竹敬久秋田県知事は6日、地上イージスを陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に配備する計画の是非について、防衛省が実施している再調査の結果説明を踏まえ、「(最終的に)夏ごろまでに結論を出す必要がある」と述。
秋田魁新報2020/1/7秋田
秋田市の穂積志市長は6日、市役所正庁での仕事始め式で幹部職員ら約350人を前にあいさつした。
秋田魁新報2020/1/7秋田
市のご当地グルメの海上自衛隊カレーにちなんだ「きんよう日はカレーよう日」のスタンプもある。市制施行60周年を記念し、田名部高と大湊高川内校舎の生徒が実行委員会をつくって作業に当たった。販売額は120円。
河北新報2020/1/7青森
青森県むつ市の海上自衛隊大湊航空基地で7日、今年の初訓練飛行が行われた。第25航空隊の哨戒ヘリ「SH-60K」2機が基地周辺空域を飛行し、今年1年の無事故を願った。離陸に先立ち、格納庫では、第。
東奥日報2020/1/7青森
愛媛新聞賞は、地雷処理や地域の自立支援などでカンボジア内戦復興に寄与したNPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会理事長の高山良二氏(72)、25社を率い、地域経済発展に尽力した一宮グループ代表の一宮捷宏氏(75)、正岡子規研究や個性的な現代俳句で文化振興に貢献した俳人・俳句研究者の坪内稔典氏(75)の3氏を表彰。
愛媛新聞2020/1/7愛媛
愛媛新聞賞は、地雷処理や地域の自立支援などでカンボジア内戦復興に寄与したNPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会理事長の高山良二氏(72)、25社を率い、地域経済発展に尽力した一宮グループ代表の一宮捷宏氏(75)、正岡子規研究や個性的な現代俳句で文化振興に貢献した俳人・俳句研究者の坪内稔典氏(75)の3氏を表彰。
愛媛新聞2020/1/7愛媛
道内出身者約700人を含む日本兵約2万2千人が戦死し、1万人超の遺骨が未収容となっている太平洋戦争の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)で、現在、自衛隊が使用する滑走路の下から未探索の壕(ごう)が見つかったことが、厚生労働省への取材で分かった。
北海道新聞2020/1/7北海道
開始式には陸上自衛隊員約100人を前に、実行委の柴田龍会長が「記録的な雪不足だが、困難を乗り切って雪まつりを成功させたい」とあいさつした。
北海道新聞2020/1/7北海道
しかし、太平洋戦争末期の神戸空襲で大きな被害を受け、45年5月に閉鎖された。終戦後も再開されることはなく、工場の診療所を前身に設立された神戸百年記念病院だけが付近に残った。鐘紡前は終戦後間もなく休止となり、正式に廃止となったのは、終戦から17年たった62年。
神戸新聞2020/1/7兵庫
県警少年捜査課と茅ケ崎署は7日、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、横須賀市久比里、陸上自衛隊久里浜駐屯地の3等陸曹の男(25)を逮捕した。
神奈川新聞2020/1/7神奈川
米軍が、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」を率いるソレイマニ司令官を暗殺した。隣国イラクの首都バグダッドで車列を空爆するという強硬手段で、トランプ米大統領が指示したという。イランは米国を厳しく非難し、報復を予告。
高知新聞2020/1/7高知
神奈川県川崎市の田中一春さん(80)は「アメリカとイランが戦争になっても誰も得をしない。うまく仲裁できるよう外交手腕に期待したい」と話していた。
伊勢新聞2020/1/7三重
航空自衛隊松島基地(東松島市)の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行初めが6日、同基地であった。天候偵察機が飛行後、計8人のパイロットが乗り込んだ6機の航空機が副滑走路から次々と離陸した。各機は南東約30キロの金華山沖に移動。
河北新報2020/1/7宮城
日米で返還が合意されている沖縄県北谷(ちゃたん)町内の「米軍キャンプ瑞慶覧の施設技術部地区内の倉庫地区の一部」(約11ヘクタール)が3月31日に返還されることが決まった。6日までに北谷町が沖縄防衛局から連絡を受けた。
沖縄タイムス2020/1/7沖縄
佐賀市の秀島敏行市長は6日、市役所で年頭会見を開き、陸上自衛隊オスプレイの木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備で、木更津市が配備期間を「5年以内」とするよう防衛省に求めたことが佐賀空港配備計画。
佐賀新聞2020/1/7佐賀
一九五〇〜六〇年代、米軍旧立川基地の滑走路拡張計画を巡り、旧砂川町(現立川市砂川町)の住民らが農地を守るために闘った「砂川闘争」の資料を展示する「砂川平和ひろば」。陸上自衛隊立川駐屯地の北側に立つ、この小ぶりな白い平屋の建物は、地域で子どもを育てる拠点という新たな目標に向かいつつある。
東京新聞2020/1/7東京