2020年2月3日 自衛隊、那覇空港、伊万里、古宇利島、鹿児島、横須賀

2020年2月3日の24件の報道各社の記事を観察しました。可能な限りみたところ、横須賀、古宇利島、那覇空港、雪だるま、あいさつ、代わり、まつり、正念場、自衛隊、ダイビング、鹿児島、市議会、いわき、伊万里、といった熟語などが見出しに使われていました。24の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備反対の決議を秋田県議会などに求める県民署名準備会は2日、4万人分を超える署名が集まったと発表した。請願の署名は、6日に県議会と市議会に提出する。
河北新報2020/2/3秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する政府の計画に反対の意思を示そうと、県民有志が集めた署名数が2日まとまり、県議会提出分が4万2123筆、秋田市議会提。
秋田魁新報2020/2/3秋田
...海上自衛隊員 無新小岩井 僚太(こいわい・りょうた) 26 会社員 無新入沢 繭子(いりさわ・まゆこ) 45 飲食業 無新吉田 直弘(よしだ・なおひろ) 41 政党職員 共新前田 みか子(まえだ・みかこ) 48 介護職員 N新(共=共産、N=NHKから国民を守る党、無=無所属)1日現在の選挙人名簿登...
上毛新聞2020/2/3群馬
高さ50センチほどの雪だるまは、陸上自衛隊第2師団の隊員が事前に製作。参加者は、主催者側が用意したフェルトで目や口を表現したり、持ち込んだ金銀のモールなどで華やかにしたりと思い思いに飾り付けた。NHK番組のチコちゃん、仮面ライダーといった人気キャラクターをイメージした雪だるまも見られた。
北海道新聞2020/2/3北海道
読み語りの公演のほか、太平洋戦争中の市について、小学生に知ってもらおうと、出前授業などを開いている。公演は、東海第二の再稼働の是非について県民投票の実現を目指す動きがあることなどを受け「県民投票実現の助けになりたい」との狙いもあるという。
東京新聞2020/2/3茨城
海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が2日、海自横須賀基地(神奈川県横須賀市)から中東海域の活動に向けて出航した。
神奈川新聞2020/2/3神奈川
中東へ向け、神奈川県の海上自衛隊横須賀基地を出港する護衛艦「たかなみ」=2日午前(共同通信社ヘリから)与党「情報共有有効」野党「情勢一変した」...。
高知新聞2020/2/3高知
パレスチナは、入植地が占領された1967年の第3次中東戦争前の境界線に基づいて国家を樹立し、首都を東エルサレムとした上での2国家共存を大原則としてきた。自治政府は到底、受け入れることのできない提案だろう。
高知新聞2020/2/3高知
舞鶴事業所は、事業環境の厳しいばら積み船やタンカーの建造が主力だったため、防衛省向け艦艇の修理事業に特化して収益性を高める狙い。現在受注している船が完成次第、新船建造を終了。来年4~6月をめどに完全に修理専門に特化する。
京都新聞2020/2/3京都
太平洋戦争で出撃した特攻隊員の遺書や遺品などを見学し、平和の大切さや命の尊さを学んだ。平和会館は特攻隊の出撃基地跡の一角にある。午前中の練習を終えた6人の選手は、車で1時間ほどかけて到着。
信濃毎日新聞2020/2/3長野
陸上自衛隊水陸機動団の2代目団長と、機動団の本部を置く長崎県佐世保市の陸自相浦駐屯地の司令に、平田隆則陸将補が着任した。抱負や、もうすぐ発足から2年を迎える機動団の課題について聞いた。-抱負を。
長崎新聞2020/2/3長崎
【伊江】米軍伊江島補助飛行場でのパラシュート降下訓練中に投下された物資が提供区域外の耕作地に落下した事故を受け、伊江村議会(渡久地政雄議長)は3日午前、事故原因の徹底究明と結果を速やかに公表することなどを求める意見書と抗議決議の両案を全会一致で可決した。
沖縄タイムス2020/2/3沖縄
航空自衛隊那覇基地は2日、与座岳分屯基地(糸満市)の南西航空警戒管制団第56警戒群に所属する20代の空士が那覇空港で拳銃実弾を所持しているところを発見され、豊見城署から事情聴取を受けたと発表した。同基地で火薬庫を点検した結果、9ミリ拳銃弾1発が紛失していることも判明。
琉球新報2020/2/3沖縄
防疫ステーションとなっている沖縄市農民研修センターでは、陸上自衛隊や建設業の関係者らが豚の殺処分に向けた作業に追われる姿が見られた。当初の発生農場から半径10キロ圏内で、豚の搬出制限区域内となっている中部の養豚農家男性は、新たな豚熱確認に驚いた様子。
琉球新報2020/2/3沖縄
今帰仁村古宇利島の北約2キロ沖合のダイビングスポットで2日、米軍トリイステーション所属の米陸軍一等軍曹の男性(30)が、ダイビング中に行方不明になった。海保の巡視艇や航空機などで捜索しているが、2日午後5時現在、発見されていない。
沖縄タイムス2020/2/3沖縄
那覇署は2日、米軍キャンプ・コートニー所属の海兵隊伍長(22)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「ビール1杯を飲んだが、時間がたったので酒は残っていないと思った」と容疑を否認しているという。
沖縄タイムス2020/2/3沖縄
航空自衛隊与座岳分屯基地所属の20代の自衛官(空士)が、帰省のため1日に那覇空港から搭乗しようと手荷物検査を受けた際、バッグの中から拳銃の実弾らしき1発が見つかっていたことが2日分かった。空自が基地内の火薬庫を調べたところ、実弾1発が紛失しており、代わりに使用済みの薬きょうや弾頭で模造したとみられる1発が混入していた。
沖縄タイムス2020/2/3沖縄
在日米軍駐留経費の負担増を求めるトランプ米政権との交渉がこの夏にも本格化する。県は黙って事態の推移を見守るのではなく、これを辺野古見直しの機会と位置付けてもらいたい。■■普天間飛行場の長期維持を前提に、破綻した計画に湯水のごとく血税を投入する国の姿はあまりに異常である。
沖縄タイムス2020/2/3沖縄
振り返れば、欧州の歴史は戦争の歴史であった。戦争によって領土が何度も変わり、権力争いの下で多くの人々が犠牲となった。ひいては二つの世界大戦に至り、ナチス・ドイツなどの暴走を招いた。
琉球新報2020/2/3沖縄
語り継ぐ静岡県の団体は「戦争をしない努力を共に発信したい」と語った▼60年代、伊江村で米軍は模擬核爆弾投下訓練を繰り返した。部品が贈られた翌日、パラシュート訓練の物資が村の民間地に落下した。戦争は終わっていないとの思いになる▼米の核の傘に入る日本は核禁止条約を批准していない。
琉球新報2020/2/3沖縄
県は陸上自衛隊に災害派遣要請を行い、協力して作業を進める。豚熱の拡大を受け、県は発生場所から10キロ圏内の養豚場などで感染状況の検査を進め、全てで陰性反応が出ていた。今回、感染を確認した養豚場は1月11日の検査で陰性を確認した。
琉球新報2020/2/3沖縄
「困っている人を助けたい」と陸上自衛隊へ。伊万里市二里町。(情報処理科)斉藤来夢(さいとう・らいむ)生徒会役員や家庭部の部長を務めた。
佐賀新聞2020/2/3佐賀
太平洋戦争下、広島県呉市などで暮らした女性の日常にスポットを当てたヒットアニメ映画「この世界の片隅に」に新エピソードを加えた「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開が一日、浜松市中区のシネマイーラで始まった。
中日新聞2020/2/3静岡