2020年5月6日 立候補、シェア、コロナ、ホテル、ピンチ

2020年5月6日の6件のメディア記事を解析しました。にマスコミで報じられたニュースには、立候補、シェア、コロナ、ホテル、ピンチ、などの言葉が散見されました。6件の記事URLは以下の通りです。
政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、現行案の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を断念し、新たな候補地を秋田県内の国有地を軸に選定する調整に入った。
秋田魁新報2020/5/6秋田
「1938年の創業以来、太平洋戦争でも東日本大震災でも1日も休んでいないのが誇り。ホテルや店舗など、あるべき明かりがついていることで、地域の人は安心できる。やるかやられるかというぐらいの気持ちで営業を続けている」と前を向いた。
茨城新聞2020/5/6茨城
会員制交流サイト(SNS)上でも「落ちた?」「米軍機か」などと相次いで発信された。現時点で航空機の詳細は不明だが、目撃者によると、旅客機のような形状で米軍輸送機のオスプレイではなかったという。。
高知新聞2020/5/6高知
3日午前10時ごろ、沖縄県宜野座村城原区の路上で米軍の女性が飼っている大型犬が、同区の男性(74)にかみついた。男性は右腕に軽傷を負った。同区の座喜味満理雄区長によると、米軍の女性が、飼っているシェパードにリードを着けずに散歩していたところ、逃げて男性にかみついたという。
沖縄タイムス2020/5/6沖縄
渡久地修氏=共産、那覇・南部離島=は「米軍基地の存在による経済発展の阻害や離島県の振興など、沖縄振興計画の目的が達成されるまで維持すべきだ」と強調した。新垣淑豊氏=自民、同=は「廃止ではなく、さらなる補助や優遇について提案すべきだ」と見直しの必要性を指摘した。
沖縄タイムス2020/5/6沖縄
沖縄では戦後、米軍に売って収入を得るために基地周辺で花が栽培された。復帰後、換金率の高い作物として県外向けの生産が盛んになった。冬場に雪が降らない気候を生かし、正月や春の彼岸用に全国市場で沖縄産の花卉がシェアを伸ばしていった。
琉球新報2020/5/6沖縄