2020年5月19日 辺野古、検察庁

2020年5月19日の3件の新聞記事を精査しました。収集した新聞各社の報道を読むと、検察庁、辺野古、防空壕、などのキーワードが散見されました。3個のコンテンツURLを記録しました。
同4月、防衛庁(当時)航空自衛隊入隊。2011年7月、ISS搭乗宇宙飛行士として認定。15年7月~12月、ISSに約5カ月滞在。
南日本新聞2020/5/19鹿児島
米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡って沖縄県内では知事選や主要な国政選挙で反対候補が勝利してきたほか、埋め立ての賛否を問う県民投票では7割超が反対だった。玉城知事は投稿で、新基地建設について「2兆5千億円掛かる」と県独自の試算を示したうえで「護岸崩落の恐れがある軟弱地盤」「多くの希少種が生息し環境省が重要海域に指定」などと新基地建設の欠点を挙げた。
琉球新報2020/5/19沖縄
園内の市立博物館に聞くと、太平洋戦争の際に掘られた防空壕(ごう)らしい。かつての高岡城で、今はまちのシンボルとして愛されている史跡に、どうしてこんなものがあるのだろうか。(高岡支社・稲葉亮) 1メートル四方の穴は奥行きが2・5メートルあり、大人でも5人ほど入れる。
北國新聞2020/5/19富山