2020年6月7日 辺野古、普天間

2020年6月7日の10件の報道各社の記事などを精査しました。にマスコミで報じられたニュースには、試着体、レプリカ、過半数、辺野古、投開票、飛行場、ソファ、ハンセン病、コロナ、モデル、火垂る、普天間、きょう、などなどの単語が目に止まりました。10件の記事URLは以下の通りです。
太平洋戦争中の幼いきょうだいの物語を描きアニメ映画にもなった野坂昭如さんの小説「火垂るの墓」の記念碑が、兵庫県西宮市奥畑の西宮震災記念碑公園に完成し、7日に除幕式が開かれた。地元住民らでつくる建碑実行委員会が手掛け、参加者は新型コロナウイルスの感染防止で数十人にとどめたが、青空の下で戦争の記憶に思いをはせ、平和への祈りを込めた。
神戸新聞2020/6/7兵庫
太平洋戦争末期の神戸空襲で犠牲となった人たちの名前が刻まれた大倉山公園(神戸市中央区)の慰霊碑に7日、148人分が加えられ、2年ぶり5回目の刻銘追加式が開かれた。式には毎回100人以上が参加してきたが、新型コロナウイルスの影響を受け、初めて一般の参列を中止。
神戸新聞2020/6/7兵庫
官民を問わず『コロナウイルスとの闘い、戦争だ』と強調される。そういう号令や空気みたいなものに対して、日本人は従順です。『大本営発表』が正しくて、それを守るのが正義だと感じる人は多い。
神戸新聞2020/6/7兵庫
航空自衛隊から貸し出された前政府専用機の貴賓室が6日、小松市の石川県立航空プラザで一般公開された。天皇皇后両陛下や歴代首相らが海外訪問する際に過ごした「空飛ぶ貴賓室」が、机やソファなど当時使われていた備品で再現された。
北國新聞2020/6/7石川
現在も海上自衛隊が自衛艦上での旗の揚げ降ろしにラッパを奏でているといい、市観光振興課は「コロナが収束したら、軍服の試着やラッパのメロディーを体感できる取り組みを行いたい」としている。
京都新聞2020/6/7京都
長崎原爆遺族会顧問の下平作江さん(85)も「人間らしく死ぬこともできなかった戦争の愚かさを伝えるべきだ」と求めた。原案では若い世代の行動も促している。この点について、活水中・高の草野十四朗非常勤講師(65)は、「(若い世代への)期待だけを語るのではなく、大人たちが何をなすべきか責任を考えることも大事」と提案した。
長崎新聞2020/6/7長崎
とはいえ、今選挙の最大の争点はやはり米軍普天間飛行場の移設に伴う辺野古新基地建設の是非だ。与野党で反対、容認両論に分かれ、対立軸は鮮明だ。このほか沖縄振興計画の在り方や子どもの貧困問題など山積する県政の課題を巡り政策論争が展開された。
琉球新報2020/6/7沖縄
候補者たちは米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設問題や経済振興策に加え、新型コロナ感染症への対応も政策に掲げて各地で激しく争ってきた。今選挙の争点を改めて振り返る。今選挙で主要な争点となるのは、米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古新基地建設に対する是非だ。
琉球新報2020/6/7沖縄
沖縄タイムスの情勢取材で、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対の立場の当選者が、過半数を占めることが確実になった。
沖縄タイムス2020/6/7沖縄
任期満了に伴う第13回沖縄県議会議員選挙(定数48)は7日午後8時に投票が締め切られ、琉球新報が実施した立候補者アンケートや事前の情勢取材によると、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地建設について「反対」の立場の当選者が過半数を占めることが確実となった。
琉球新報2020/6/7沖縄