2020年6月12日 辺野古、各務原、霞ケ浦駐屯地、宜野湾、三井山、倶知安

2020年6月12日の23件の新聞記事を観察しました。この日に見つかった報道の言葉は、絵の具、三井山、くらし、きょう、パノラマ、倶知安、宜野湾、ロマンス、霞ケ浦駐屯地、辺野古、コロナ、払い下げ、発がん、立ち入り、各務原、などのフレーズが目に止まりました。23個のコンテンツURLを記録しました。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備を巡り、秋田県三種町の田川政幸町長は11日、町議会6月定例会の一般質問で、同町下岩川の陸上自衛隊秋田射撃場が候補地となる可能性について、「住民の不安。
秋田魁新報2020/6/12秋田
米軍三沢基地に一時配備されている米海軍の電子攻撃機EA18Gグラウラー(米ワシントン州ウィトビー基地)の第209電子攻撃飛行隊が交代し、早ければ13日から別部隊の第131隊が約6カ月間展開されることになった。
東奥日報2020/6/12青森
小桧山吉紀市長は新型コロナウイルス感染防止に向け、米軍三沢基地のコロナ関連情報を、必要に応じて市民向けに発信する考えを示した。奥本菜保巳議員(無会派)の質問に答えた。
東奥日報2020/6/12青森
御井神社奥之宮があるほか、航空自衛隊の岐阜基地が近く、戦闘機などの離陸を間近で見ることができる。立岩は登山道入り口から東の南回りコースをたどるとすぐ。不動明王を祭る大岩が山麓の三井池を見下ろす位置に鎮座する。
岐阜新聞2020/6/12岐阜
武器や原子力など安全保障上重要な企業の株式を外資が取得する際、日本政府への事前届け出が必要な持ち株比率を、従来の10%以上から1%以上に引き下げた。政府は審査で問題があると判断すれば、取得の中止や変更を勧告する。
北海道新聞2020/6/12北海道
河野太郎防衛相は12日の記者会見で、後志管内倶知安町の上空で10日に米軍のC130輸送機とみられるプロペラ機3機が低空飛行していた問題について「事実関係を把握していないが、低空飛行が行われているのであればやめさせなければならない」と述べた。
北海道新聞2020/6/12北海道
防衛省は12日、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を18日に陸上自衛隊苗穂分屯地(札幌市東区)で実施し、報道陣に公開すると発表した。道内での公開訓練は2017年7月に陸自真駒内駐屯地(同市南区)で始まり、今回は4回目。
北海道新聞2020/6/12北海道
米軍人を名乗る人物が中高年の日本人に「日本に会いに行く費用」などを用立てるように持ちかける事例が目立つ。捜査関係者によると、犯人は、標的とした女性らに恋愛感情を抱かせるだけでなく、金銭的利益を期待させたり、犯罪に巻き込まれていると信じ込ませたりして、言葉巧みに現金をだまし取るという。
神戸新聞2020/6/12兵庫
代金支払いの手続きをしないまま駐屯地内の食堂で274回(約10万円相当)の昼食を取ったとして、陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(土浦市)は12日、関東補給処の1等陸尉男性(53)を停職1年の懲戒処分にしたと発表した。
茨城新聞2020/6/12茨城
沖縄県議選(定数48)で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する玉城デニー知事の支持派が25議席を得て過半数を維持した。辺野古反対派も27議席で、容認・推進派の19議席を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大が影を落としながらも、最大の争点はやはり辺野古移設問題になった。
高知新聞2020/6/12高知
会場には、小学校で使われていた戦争教育の紙芝居や、空襲から頭を保護するための防空頭巾などを展示。展示品の多くは1978年の開館以来、市民が寄贈したもので、戦時中の厳しい生活が垣間見える。同館は「展示品は当時の人たちが生きていた証。
長崎新聞2020/6/12長崎
「清野さんの体験が戦争や平和、家族のことを考えるきっかけになれば」。同日の同資料館。この日が「家族・交流証言者」活動のデビューとなった石田久美さん(57)が、8歳の時に入市被爆した清野定廣さん(83)の体験を市民らに涙ながらに語った。
長崎新聞2020/6/12長崎
三井E&Sホールディングス(HD、東京)は12日、子会社の三井E&S造船(東京)が玉野艦船工場(玉野市玉)で手掛ける防衛省向け艦艇事業について、三菱重工業(東京)への譲渡に向けて協議を始めたと発表し。
山陽新聞2020/6/12岡山
沖縄防衛局は12日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けた作業を再開した。午前8時20分ごろ土砂を陸揚げするための専用船2隻が辺野古沿岸部に入った。新基地建設の業務に携わっていた受注業者の作業員1人が新型コロナウイルスに感染し、4月17日から工事を止めていた。
琉球新報2020/6/12沖縄
米中西部ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、市民有志が11日、沖縄市の胡屋十字路から米軍嘉手納基地第2ゲート前まで「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」や「命どぅ宝」などと書かれたプラカードを掲げ練り歩いた。
沖縄タイムス2020/6/12沖縄
PFOSの値が最も高かったのは米軍嘉手納基地周辺を流れる沖縄市の大工廻(だくじゃく)川で、1リットル当たり1462ナノグラムを検出した。PFOA値との合計は1508ナノグラム。国の指針値はPFOS・PFOA合計50ナノグラムで、約30倍の高濃度だった。
沖縄タイムス2020/6/12沖縄
沖縄防衛局は11日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた工事を12日に再開すると発表した。工事関係者の新型コロナウイルス感染を受け、4月17日から約2カ月間、工事を止めていた。7日投開票の県議選では、新基地建設に反対する当選者が過半数を占めていた。
琉球新報2020/6/12沖縄
2004年から沖縄に住み、宜野湾市で飲食店を経営するアルフレッド・シップさん(48)は米軍関係者の事件が起きた際、理由もなく街頭で警察の職務質問を受けた。「黒人は力が強くて怖い、という偏見が差別につながっているのでは」と語る。
沖縄タイムス2020/6/12沖縄
沖縄戦後の物が乏しい時期に米軍が捨てた物資も県民がたくましく活用し、文化へと転換していったことに着想を得た個展。県内で集めた米軍払い下げ品を材料に制作したカンカラ三線やクレヨンなど約20点を展示する。個展では、戦争に使う米軍の道具を平和に向かう文化へと転換していくことを想起させる作品が並ぶ。
琉球新報2020/6/12沖縄
公園内の池は、米軍普天間飛行場の西側にある湧き水「シチャヌカー」から水を引いている。市施設管理課は県の調査結果を踏まえ、池の周辺をロープで囲った。市独自で水質を調査し、結果を公表する予定という。
琉球新報2020/6/12沖縄
那覇市立大名小学校は戦争体験者の講演を撮影して校内で視聴するとし「コロナ感染防止の観点から今後も講師は招けないことも考えられる」と動画の活用を検討している。本部町の本部小学校は「朝や帰りの会などで時間を短くして平和学習を実施し、図書館で写真やパネルを展示する」と時間確保や学習法の工夫を挙げた。
沖縄タイムス2020/6/12沖縄
沖縄防衛局が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた工事を再開したことを受け、玉城デニー知事は12日の定例記者会見で「大変遺憾だ」と語った。7日に投開票された県議選で辺野古新基地建設が争点になったとし「反対する候補者が過半数を占めたことで、民意が改めて明確になった」と強調した。
琉球新報2020/6/12沖縄
新型コロナウイルス感染の拡大防止対策で中断していた沖縄県名護市辺野古での新基地建設を防衛省が12日午前再開したことに、沖縄県の玉城デニー知事は12日の定例記者会見で、「大変遺憾である」と不快感を示した。
沖縄タイムス2020/6/12沖縄