2020年6月17日 小野寺、辺野古、オスプレイ、普天間、共産党、琉球新報、世保東

2020年6月17日の29件のマスコミ報道を確認しました。この日収集した新聞各社の報道には、共産党、デシベル、世保東、おわび、コロナ、辺野古、特攻隊、選択肢、長年の夢、防空壕、小野寺、オスプレイ、県議会、琉球新報、普天間、人間味、といったことばが記事にありました。29件の記事URLは以下の通り。
陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への地上イージス配備計画を巡っては、周辺住民らが住宅密集地近くに配備しようとする政府に強く反発し、計画反対の意思を国に届けるよう県や市の議会に求めてきた。
秋田魁新報2020/6/17秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、政府のプロセス停止表明から一夜明けた16日、配備候補地とされてきた秋田市の陸上自衛隊新屋演習場近くでは歓迎と安堵(あんど)の声が上がった。一方、政府が計画の「白紙撤回」にまで踏み込んでいないことに、懸念を示す住民もいた。
河北新報2020/6/17秋田
イージス・アショアの配備計画停止を巡り、元防衛相で自民党の小野寺五典衆院議員(宮城6区)は16日、河北新報社の取材に応じ「防衛省の説明のまずさがこの結果を招いた。(候補地の)秋田、山口両県に不信感を残した」と述べた。
河北新報2020/6/17秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場などが候補地となっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の停止に関し、河野太郎防衛相は16日の閣議後記者会見で「地元に迷惑を掛けて申し訳ない」と陳謝した。
河北新報2020/6/17秋田
米軍三沢基地は17日未明、15日に同基地に到着した一時展開部隊の隊員から、新型コロナウイルス陽性反応が出たとホームページ上で公表した。関係機関によると感染者は3人。自覚症状はないが公衆衛生基準に従い、感染者と、この部隊の他の隊員を基地内に隔離中という。
東奥日報2020/6/17青森
三沢市に17日に入った連絡によると、米軍三沢基地内で新型コロナウイルスの陽性反応があったのは3人。
東奥日報2020/6/17青森
米軍三沢基地は17日未明、同基地を訪れた関係者から、新型コロナウイルスの陽性反応が出たとホームページ上で公表した。基地内に隔離しているという。
東奥日報2020/6/17青森
米軍三沢基地に到着した一時在留部隊の隊員3人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、青森県三沢市は17日午後、市役所で感染症対策本部会議を開いた。出席した米軍三沢基地のクリストファー・W・ストルーヴィ司令官は、隊員への自宅待機命令などについて「安全が確認されるまでは続けたい」、航空自衛隊三沢基地の久保田隆裕司令は「全隊員に不要不急の外出をしないよう指示した」と述べた。
東奥日報2020/6/17青森
日本を守り抜くために必要な措置を国家安全保障会議(NSC)で議論していきたい」と官邸で記者団に述べた。河野太郎防衛相も記者会見で代替地での配備を検討しない考えを示し、計画断念の流れが強まった。河野氏は16日の衆院安全保障委員会で「地元の皆さまにはご迷惑をお掛けしてきた。
北海道新聞2020/6/17北海道
青森県の米軍三沢基地は6月17日、基地を訪れた関係者の新型コロナウイルス感染を確認したとホームページで公表した。三沢市によると、人数は3人。
福井新聞2020/6/17福井
同市には、飛行場の滑走路跡に加え、巨大防空壕などが残り、戦争遺跡群を平和教育に活用するため整備を進めている。加西市の西村和平市長は「地域に残る戦争遺産を通して当時の人たちの思いを伝えるのは、今を生きるわれわれの使命」と話した。
神戸新聞2020/6/17兵庫
鶉野飛行場跡の周辺で進む戦争遺跡群整備の一環で、平和教育や観光振興を目指した事業が徐々に進められている。会場となる巨大防空壕は、神戸大学の敷地にあり、高さと横幅が約5メートル、奥行き約15メートル。市が貸与を受け、2018年度までに電気配線や最低限の補修をした。
神戸新聞2020/6/17兵庫
同市には、飛行場の滑走路跡に加え、巨大防空壕などが残り、戦争遺跡群を平和教育に活用するため整備を進めている。加西市の西村和平市長は「地域に残る戦争遺産を通して当時の人たちの思いを伝えるのは、今を生きるわれわれの使命」と話した。
神戸新聞2020/6/17兵庫
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、石川県から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊による感染防護訓練が17日、感染者ゼロが続く輪島、珠洲、能登、穴水の奥能登2市2町で初めて行われた。各市町の病院や消防職員、介護施設の職員らが陸自隊員から防護服の安全な着脱方法を学び、感染に備えた。
北國新聞2020/6/17石川
防衛省は、安全な場所に落とすためには抜本的な改修が必要だということが5月下旬に分かったと説明する。それが事実なら住民の命を守れるかどうかを詰めないまま、計画を進めてきたことになる。到底許されない。
高知新聞2020/6/17高知
復員後は京都市立中で数学教師として教壇に立ったが、戦争の経験と記憶が「教え子を戦場に送ってはいけない」と政治家を志すきっかけになった。52年に共産党に入党し、59年に京都府議に初当選。蜷川虎三知事の革新府政のもとで2期務めた後、69年の衆院旧京都二区に立候補。
京都新聞2020/6/17京都
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場などが候補地となっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の停止に関し、河野太郎防衛相は16日の閣議後記者会見で「地元に迷惑を掛けて申し訳ない」と陳謝した。
河北新報2020/6/17宮城
イージス・アショアの配備計画停止を巡り、元防衛相で自民党の小野寺五典衆院議員(宮城6区)=写真=は16日、河北新報社の取材に応じ「防衛省の説明のまずさがこの結果を招いた。(候補地の)秋田、山口両県に不信感を残した」と述べた。
河北新報2020/6/17宮城
太平洋戦争中、勤労動員で生徒が軍服の縫製に携わったことにも触れている。50年に女専から県短大に移行し、さらに四年制化で県立大が誕生したいきさつを手厚く紹介。六鈴会が91年から本格化させた四年制化推進運動や、県が2012年に設置した県立大学設立準備委員会での議論の内容なども記録した。
信濃毎日新聞2020/6/17長野
海上自衛隊佐世保音楽隊は16日、長崎県佐世保市重尾町の県立佐世保東翔高鶴田圭子校長、355人)を訪れ、同校吹奏楽部に演奏の基礎技術を伝授した。新型コロナウイルスの影響で、吹奏楽部が出演予定だったイベントが軒並み中止に。
長崎新聞2020/6/17長崎
【宜野湾】宜野湾市の米軍普天間飛行場で15日午前11時ごろから、嘉手納基地所属のE3空中早期警戒管制機がタッチアンドゴー訓練を繰り返した。北側から南側へ飛行し、県と市が騒音測定している南側の上大謝名公民館で午前11時38分に最大109・4デシベルの騒音が発生した。
琉球新報2020/6/17沖縄
【東京】河野太郎防衛相は16日の記者会見で、防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を停止した理由としてコストや期間を挙げる一方、名護市辺野古の新基地建設については「唯一の選択肢」だと説明した。
琉球新報2020/6/17沖縄
川の上流は米軍嘉手納基地で、何らかの理由で基地から汚水が流れ出た可能性もある。市は現時点で原因は不明だとし、17日以降に調査を進める方針。市の担当者は「沖縄防衛局や米軍関係者にも協力を求め原因究明に当たりたい」と述べた。
琉球新報2020/6/17沖縄
防衛省はこれまで、イージス・アショアは安全に運用することが可能と強調していた。性能を確認せずに、うその説明をしていたことになる。住民の危険を顧みない、でたらめな対応だ。
琉球新報2020/6/17沖縄
崎山さんは米軍の孤児収容所に送られ、後に一緒に収容所にいた叔母と日本に帰国した。12歳で叔母の養子となり、名字も高志保から崎山に変わった。平和の礎が完成した当時、叔父が崎山さん一家の情報をそろえて刻銘を申請したが、鴻さんと俊一さんの情報だけがなく、一緒に申請できなかった。
琉球新報2020/6/17沖縄
...米軍普天間飛行場の移設を巡る名護市辺野古の新基地建設問題や、安倍内閣、玉城デニー知事への評価などを聞く県民の意識調査を実施した。その結果、普天間飛行場の返還・移設問題の解決策については「無条件に閉鎖・撤去」が最多の30・28%で、「県外に移設」が19・72%、「国外に移設」が19・52%と続き、無条...
琉球新報2020/6/17沖縄
佐賀空港への配備が計画されている陸上自衛隊輸送機オスプレイについて、佐賀市の秀島敏行市長は16日の市議会一般質問で「水害が目立つ佐賀の特徴を考えると、ヘリコプターの方が頼りになる」と述べ、災害時に有効とする防衛省の説明に疑問を呈した。
佐賀新聞2020/6/17佐賀
河野太郎防衛相が陸上自衛隊むつみ演習場に地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を配備する計画の停止を表明して一夜明けた16日、演習場がある萩市と阿武町の住民らは防衛省側の対応に不信感を募らせ、。
山口新聞2020/6/17山口
萩市の藤道健二市長は16日、河野太郎防衛相が陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)に「イージス・アショア」を配備する計画の停止を表明したことについて、「ブースターを安全に落とすことができないのであれ。
山口新聞2020/6/17山口