2020年6月19日 嘉手納、辺野古、比謝川、福岡大、ヒジカタ、サイパン、クラサク

2020年6月19日の27件のマスコミ報道を確認しました。この日確認した報道では、オスプレイ、佐世保、ひとつ、アメフト、クラサク、比謝川、辺野古、コロナ、クラブ、まん延、有識者、ヒジカタ、きょう、福岡大、嘉手納、サイパン、などのことばが散見されました。27件の記事へのリンクをスクラップします。
米軍三沢基地に到着した一時在留部隊の隊員が新型コロナウイルスに感染したことを巡り、18日閉会した三沢市議会の本会議で、佐々木卓也議員(市民クラブ)が市の対応に関する緊急質問を行った。小桧山吉紀市長は「米軍と連携を密にして情報収集し、これまで以上に(米軍や関係機関、市民と)情報共有を図り、感染症対策に万全を期したい」と述べた。
東奥日報2020/6/19青森
米軍三沢基地で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに関連し青森県三沢市は18日、「感染者が所属する部隊の全隊員のPCR検査が終了。感染者は複数人」と米軍側から連絡があったことを明らかにした。米軍は「軍事上の秘密」として感染者の具体的な人数を示していない。
東奥日報2020/6/19青森
米軍三沢基地内で判明した新型コロナウイルス感染について青森県は18日、現時点で基地外の地域に感染がまん延する恐れはない-との見解を示した。17日の時点で判明した感染者3人は米軍部隊員と確認できたとし、国の基準により、県内感染者にカウントしない。
東奥日報2020/6/19青森
【函館】工房アルティスタ(札幌)が手がけるキャラクター「ヒジカタ君」が登場し、箱館戦争を漫画化したコミックス「幕末観光劇場ヒジカタ君箱館戦記」が5月に発売され、幕末ファンらに人気を集めている。ヒジカタ君は「幕末観光」社の市中取締課課長で、土方歳三にあこがれる函館の観光ガイドという設定。
北海道新聞2020/6/19北海道
米軍三沢基地(青森県三沢市)で、海外から訪れた軍関係者3人の新型コロナウイルス感染が確認されたことに関し、三沢市は6月19日までに、米軍から「感染者が所属する部隊のPCR検査が終了し、数人の感染者が出た」との連絡を受けたと明らかにした。
福井新聞2020/6/19福井
米軍の爆撃により、福岡市で2千人を超える死傷者、行方不明者を出した福岡大空襲を報じた西日本新聞が、福岡市早良区西新3丁目の西日本新聞エリアセンター・シーサイド百道に展示されている。
西日本新聞2020/6/19福岡
太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦闘が終結したとされる二十三日の「慰霊の日」を前に、沖縄県糸満市の平和祈念公園にある戦没者の氏名を刻む石碑「平和の礎(いしじ)」に、藤沢市に住む崎山稔さん(80)の弟。
東京新聞2020/6/19神奈川
陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を候補地としてきた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画停止を受け、自民党秋田県連内に困惑が広がっている。防衛省の不手際が2019年の参院選で逆風となったこともあり、国に振り回された県連内からは恨み節が漏れる。
河北新報2020/6/19宮城
しかし、より精度を高めるため県が陸上自衛隊に要請し、CT車を派遣してもらった。知事は感染症の予防・拡大防止のため「CT車は有効な手段」と説明。県健康事業団にCT車を備え、通常は結核や肺がんなどの健康診断に利用し、感染症発生時はその対策の医療設備として活用するという。
長崎新聞2020/6/19長崎
書き始めたときは、詩人の評伝のスタイルを借りながら、終戦時のエピソードを軸に、国家と戦争の話を書こうと思っていた。しかし途中から、結核になった詩人が、病院から出られないという生活を送る中で何を考えていたのか、という方に重点が移った。
長崎新聞2020/6/19長崎
海上自衛隊佐世保地方隊は18日、新型コロナウイルス感染症対策をしながら、災害派遣活動に当たる訓練を、佐世保市干尽町の倉島岸壁で初めて実施。防護服姿の隊員らが、感染症が疑われる住民の輸送や救援物資の搬送などの手順を確認した。
長崎新聞2020/6/19長崎
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場で18日午後10時45分から同11時にかけ、MV22オスプレイ4機が着陸した。日米の騒音防止協定で飛行が制限されている深夜早朝(午後10時から翌午前6時)の離着陸で、15日から4日連続となった。
沖縄タイムス2020/6/19沖縄
祖母は「今は花火の音が大砲の音に聞こえる」「赤ちゃんを背負いながら逃げてきたんだよ」と戦争の話をしてくれた。麻紀さんから話を聞いていた忠真さんは「(イベントが中止となった)今だから、時間を取ってできるのでは」と思い立った。
琉球新報2020/6/19沖縄
【沖縄】沖縄市知花のクラサク川に米軍嘉手納基地から生活排水が流れ込み周辺地域に悪臭を放っている問題で、米軍は19日午前、現場で清掃作業を続けた。クラサク川は同基地内を通り、比謝川に合流する。県は18日午後7時半から、比謝川ポンプ場からの取水を停止している。
琉球新報2020/6/19沖縄
上流が米軍嘉手納基地内にある沖縄県沖縄市のクラサク川で汚水が流れ、悪臭が発生している問題で、流出していたのは基地内の生活排水だったことが18日分かった。沖縄防衛局の問い合わせに対し、米軍が認めた。同局によると米軍が15日、第3ゲート東側のフェンス内で生活排水の流出を発見。
沖縄タイムス2020/6/19沖縄
【中部】沖縄市知花のクラサク川に汚水が流れ込み周辺地域に悪臭を放っている問題で、米軍は18日、米軍嘉手納基地内の汚水管工事中に仮設管が破損し、生活排水が流出したと発表した。仮設管は修復され、流出は止まっている。
琉球新報2020/6/19沖縄
...米軍の役割を自衛隊が肩代わりするなどの持論も展開。「日米間でよく議論し、今の時代にしっかり対応できるような南西の防衛体制というのも必要だ」と強調した。民主党政権で防衛副大臣を務めた長島昭久衆院議員(自民)もツイッターに、アショア配備計画停止に関連して「あと15年もかかりコストは青天井の辺野古移設計画...
沖縄タイムス2020/6/19沖縄
米軍の対応などの報道に「実情が反映されていない」「在沖米軍に否定的とも思われる」内容があると指摘している。文書は「嘉手納基地で行われた抗議についての報道を踏まえ」としており、県の金城賢知事公室長が12日に嘉手納基地を訪れ、抗議した際のやりとりを伝える報道を受けて作成したとみられる。
沖縄タイムス2020/6/19沖縄
現在はアメフトの公式シーズンが始まる秋に向け、体力づくりや組織体制の強化などにいそしんでおり、来春から米軍基地内のリーグに参戦する予定だ。琉大や九州の実業団との練習試合も検討しており、ゆくゆくは九州の社会人リーグ参入を見据える。
琉球新報2020/6/19沖縄
與座さんは「戦争のない平和こそ私たちの究極の願いだ」と呼び掛け、若い世代が戦争のない平和な島を築く努力を続けることに期待した。同会共同代表で県立第二高女4年当時、16歳で動員された中山きくさん(91)は「来年は若い人たちと一緒に命どぅ宝、平和が一番という気持ちを日本中や世界に示すことができれば」と思いを述べた。
琉球新報2020/6/19沖縄
北中城村の国道330号沿いに張り巡らされたフェンスの向こうに、キャンプ瑞慶覧の米軍住宅が広がる。芝生の中にフクギの並木が見える。戦前、瑞慶覧の集落があったという。
琉球新報2020/6/19沖縄
首里城正殿裏手にある留魂壕内で発行された新聞「沖縄新報」は米軍上陸後も連日、日本軍の「戦果」を紙面で伝えていた。壕内にこもっていた同紙の新米職員、許田肇さん(96)=那覇市=が久しぶりに外に出ると、目を疑った。
琉球新報2020/6/19沖縄
【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は18日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部の埋め立て工事を進めた。資材を積んだ計257台の工事車両が、シュワブ内に入った。200台を超える資材搬入は3日連続。
琉球新報2020/6/19沖縄
【中部】米軍嘉手納基地に18日午後4時50分ごろ、米軍岩国基地(山口県)からFA18Dホーネット戦闘攻撃機2機が飛来した。飛来の目的は不明。 嘉手納基地では15日から夜間訓練も行われており、騒音の増加が懸念される。
琉球新報2020/6/19沖縄
ただ「どちらであっても重要なのは、戦争が終わった日ではないということだ。むしろ『終わりなき戦争の始まり』として覚えることが大切」とも考える。第32軍は沖縄戦を、本土決戦を遅らせるための持久戦と位置付けたが、米軍との圧倒的な兵力の差にずるずると後退。
沖縄タイムス2020/6/19沖縄
米軍横田基地(福生市など)に配備されている垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ一機が、サーチライトの部品を紛失していたことが十八日、分かった。
東京新聞2020/6/19東京
萩市が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について独自に設置した有識者会議は近く、防衛省が陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)を配備候補地の適地と結論付けた各種調査結果の最終報告書を市に提。
山口新聞2020/6/19山口