2020年6月26日 辺野古、嘉手納、宜野湾、有明海、グアム、サイパン

2020年6月26日の28件の報道各社の記事などを確認しました。一通りチェックした感じでは、いじめ、有明海、離着陸、レクナ、市役所、パンフ、自治体、嘉手納、サイパン、横断幕、ずさん、ドラマ、辺野古、デシベルオスプレイ、ジュゴン、グアム、ウェブ、ガイド、マニア、同窓生、きょう、図書館、ファン、オスプレイ、宜野湾、などの字句が目に止まりました。28件の記事へのリンクをスクラップしました。
配備候補地となっていた陸上自衛隊新屋演習場を抱える秋田市の住民は、さまざまな思いでこの日を迎えた。
秋田魁新報2020/6/26秋田
イージス・アショア配備計画の撤回を受け、配備候補地とされてきた陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を抱える秋田県の佐竹敬久知事と穂積志市長は25日、撤回を歓迎する一方、ずさんな計画を進めてきた国に改めて疑問を呈した。
河北新報2020/6/26秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の撤回が明らかになった25日、候補地とされてきた陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)がある新屋地区の住民に安堵(あんど)感が広がった。計画が浮上してから2年半余り。
河北新報2020/6/26秋田
陸上自衛隊新屋演習場の近隣16町内会でつくる新屋勝平地区振興会の佐々木政志会長(70)=秋田市新屋勝平町=は25日、地上イージスの配備断念を受けて取材に応じ「1日でも、1分でも早く『断念』という言葉。
秋田魁新報2020/6/26秋田
河野太郎防衛相は26日の閣議後会見で、配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、陸上自衛隊の新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を配備候補地とした経緯につ。
秋田魁新報2020/6/26秋田
胆振管内白老町の陸上自衛隊白老駐屯地に配属されていた自衛官川島拓巳さん=当時(19)=が2012年に自殺したのは、先輩隊員からのいじめに陸自が対応しなかったのが原因として、遺族4人が国に慰謝料など計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、札幌地裁(広瀬孝裁判長)であった。
北海道新聞2020/6/26北海道
「会津白虎隊の行動」「会津新選組の行動」「会津戦争の古戦場」「会津の城」の四種類。古戦場や城。
福島民報2020/6/26福島
戊辰戦争で消失したが、同市河東町に再現され、1987(昭和62)年にオープンした。会津武家屋敷は同市東山町にあり、会津藩家老・西郷頼母邸を復元した施設を中心に、県の重要文化財を含む歴史的な家屋や資料館から成る歴史テーマパーク。
福島民友新聞2020/6/26福島
「最貧前線」は、太平洋戦争末期に海の最前線に放り込まれた漁師と兵士の物語。今回のオーディオドラマ版では新たに、舞台版にも登場した14歳の少年「見習い」の視点で描いている。声のキャストは舞台俳優ら演劇人が担当している。
茨城新聞2020/6/26茨城
舞鶴線支線の中舞鶴線は日露戦争が開戦した04年に新舞鶴駅(現・東舞鶴駅)からの軍港引き込み線として設置され、舞鶴鎮守府の兵員や軍需資材輸送に使われた。19年に民間人も利用できる鉄道として開業して終点に中舞鶴駅が設けられ、鎮守府の門があった付近に東門駅ができた。
京都新聞2020/6/26京都
西南戦争で薩軍に参加し、わずか21歳(数え年)で西郷隆盛らと共に散った佐土原藩出身、島津啓次郎(1857~77年)の遺品とみられる英語辞典「ウェブスター大辞典」を、宮崎市の県立図書館が所蔵しているこ。
宮崎日日新聞2020/6/26宮崎
核戦争後の核使用国の責任を事前に議論する必要性を説いた内容など計17本の論文・インタビュー記事を掲載している。
長崎新聞2020/6/26長崎
三連協によると米軍は火災の通報が遅れた理由を「きちんと調査し、現場の状況を抑えた上で連絡しないと混乱を招く」と説明。周辺住民に影響を及ぼす懸念がある場合は「いち早く連絡して対処する体制は常に取っている」と強調した。
沖縄タイムス2020/6/26沖縄
米軍普天間飛行場の辺野古移設の実現性を疑問視する見方が米国にも広がっている。2021年度国防権限法案を可決した米連邦議会下院軍事委員会の即応力小委員会は、名護市辺野古の新基地建設予定地に存在する軟弱地盤や活断層に対する懸念を初めて法案に記述した。
琉球新報2020/6/26沖縄
「終戦とともに山野が軍事基地化され、毒ガスが貯蔵され、ベトナム戦争への発進が繰り返される。美里村の姿は沖縄の縮められた姿だ」。1969年10月31日、在沖米軍が貯蔵していた毒ガスの撤去を求める県民大会が美里村(現在の沖縄市)で開かれた。
琉球新報2020/6/26沖縄
沖縄戦の継承が課題になる中、証言を封殺する動きに識者は「証言者の萎縮、戦争の教訓継承の妨げになりかねない」と警鐘を鳴らしている。浦崎さんの親族によると、浦崎さんの自宅に男性が現れたのは昨年8月ごろ。ドアを開けて応対した浦崎さんに「あなたが浦崎末子さんか」と尋ね、いきなり「どういうつもりか」と詰め寄った。
琉球新報2020/6/26沖縄
【東京】1970年12月に日米両政府が合意した米軍横田基地(東京都)のF4ファントム戦闘機部隊の移駐先について、米側が米軍撤退を不安視する日本政府に配慮し、当初検討された米本国や米領グアムではなく嘉手納基地に決定していたことが分かった。
琉球新報2020/6/26沖縄
城間市長は「首里城焼失は本当に残念だが、戦争遺跡としての首里城、文化の発信地としての首里城、さまざまな側面をわれわれに気付かせてくれた」と語った。
琉球新報2020/6/26沖縄
サイパンでは多くの日本人と移民生活を送っていたが、激しい戦争で母を失い、自らも九死に一生を得た。サイパンでは第1次世界大戦後の22年以降、多くの日本人が甘蔗(かんしょ)栽培、製糖工場、漁業などに従事していた。
沖縄タイムス2020/6/26沖縄
沖縄県は25日、宜野湾市の米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て予定地周辺でジュゴンのものとみられる鳴き声が確認されたことを踏まえて、工事の中止と工事の影響評価の実施などを求める行政指導文書を沖縄防衛局に送った。
琉球新報2020/6/26沖縄
玉城知事は続く記者の質問に答える形で、伊江島出身の生みの母の戦争体験や戦後の苦しみについても語った。玉城知事は「沖縄戦の教訓」について「多くの住民の犠牲と、その悲しみや傷が75年たっても癒えないことに真摯に向き合い、戦争の犠牲を再び引き起こさない環境をつくるためにどのように努力するか。
琉球新報2020/6/26沖縄
【中部】沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」(三連協、会長・當山宏嘉手納町長)は25日午後、米軍嘉手納基地に立ち入り、22日に火災があった危険物取り扱い施設の状況を確認した。
琉球新報2020/6/26沖縄
宜野湾市は那覇市の北約12キロに位置し、中央部に米軍普天間飛行場がある。【琉球新報電子版】。
琉球新報2020/6/26沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場で、23日の「慰霊の日」前後の22、24の両日、航空機騒音規制措置(騒音防止協定)外の午後10時を超えて垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが夜間飛行した。最大88・8デシベルの騒音が発生するなどし、周辺住民から苦情が宜野湾市にあった。
琉球新報2020/6/26沖縄
沖縄県北谷(ちゃたん)町の市街地で25日、MV22オスプレイが複数回にわたり低空飛行する様子が確認された。騒音や低空飛行への不安を訴える住民から苦情が午後1時40分までに町役場へ6件あった。町は日米合同委員会で合意されたオスプレイの安全高度(150メートル以上)を満たしていないとみられるとして、沖縄防衛局に市街地上空の飛行と低空飛行を行わないよう要請した。
沖縄タイムス2020/6/26沖縄
また「戦争を起こした人を憎み足らない。どんなに世の中が変わっても、戦争はいけない。平和と人の命がどんなに大事か分かってほしい」と強い口調で訴えた。
琉球新報2020/6/26沖縄
佐賀県有明海漁協は26日、通常総代会などを佐賀市の漁協本所で開き、新たな組合長を選ぶ協議を29日(月曜)に持ち越した。
佐賀新聞2020/6/26佐賀
戦争に安全な場所はなかった(吉野川市、上野喜典さん)1945年7月25日、吉野川市美郷(旧東山村)に米軍機から爆弾が数発投下された。全国各地で空襲が相次いでいた太平洋戦争末期とはいえ、標的になるような軍施設のない山間部の小さな村。
徳島新聞2020/6/26徳島