2020年6月29日 白虎隊、献霊祭、ソロモン、クリス、自衛隊

2020年6月29日の17件の報道各社の記事などを収集しました。可能な限りみたところ、ソロモン、コロナ、クリス、献霊祭、博物館、終止符、自衛隊、白虎隊、などなどのワードが目に止まりました。17件の記事URLは以下の通りです。
戊辰戦争に敗れた会津藩士らが、青森県下北地域を中心に築いた斗南藩に移り住んで150年を迎えたのを記念し、藩庁が置かれた青森県むつ市の円通寺で28日、献霊祭が開かれた。戊辰戦争の戦死者や下北で没した斗南藩士の法要が営まれ、藩士の子孫でつくる斗南会津会の役員ら約25人が焼香した。
河北新報2020/6/29青森
下北地域の斗南藩士の子孫らでつくる「斗南會津会」(山本源八会長)に、会津藩の白虎隊が戊辰戦争で自刃した「会津戊辰役白虎隊殉難図」の複製が、福島県会津若松市の「新島八重顕彰会」から贈られた。28日にむつ市の円通寺で行われた斗南藩150年献霊祭で披露された。
デーリー東北2020/6/29青森
戊辰戦争で敗れた会津藩が、青森県の下北半島などで斗南(となみ)藩として立藩し、今年で150年を迎えた。藩士らの子孫や会津ゆかりの人たちでつくる斗南會津会は28日、斗南藩庁が置かれた同県むつ市の円通寺で法要「献霊祭」を営んだ。
福島民友新聞2020/6/29福島
「秘密」に当たる物件について必要な手続きをせず、誤って部下に廃棄させたとして、陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)は29日、中部方面通信群に所属する20代の男性3等陸尉を戒告の懲戒処分にしたと発表した。
神戸新聞2020/6/29兵庫
海上自衛隊は29日、護衛艦「たかなみ」の男性3等海曹(24)が昨年9月、同艦内で複数の同僚隊員の財布から現金計5万2千円を窃取したとして、懲戒免職処分とした。
神奈川新聞2020/6/29神奈川
在日米軍基地に反対する市民集会が28日、京都市東山区の円山公園音楽堂であった。約400人の参加者(主催者発表)が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)や名護市辺野古への移設問題、米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)配備のXバンドレーダーの存在について考えた。
京都新聞2020/6/29京都
太平洋戦争でソロモン諸島沖に沈んだ旧海軍の駆逐艦「菊月」の砲身が27日、京都府舞鶴市森の大森神社に奉納された。砲身は一般社団法人「菊月保存会」(千葉県)が現地で引き揚げ、建造の地・舞鶴市で修復保存していた。
京都新聞2020/6/29京都
1945年の仙台空襲から75年を迎える7月10日、米軍が焼夷(しょうい)弾投下の目標にした「爆撃中心点」を示すプレートが、仙台市中心部に設置される。市民有志が「戦災の記憶を後世に伝えよう」と企画した。中心点は、現在の青葉区中央2丁目、クリスロードと東三番丁の交差する辺り。
河北新報2020/6/29宮城
山下さんは、下平さんの妹遼子さんが被爆から10年後に鉄道に飛び込んで自殺したことを講話の核に据え、戦争の悲惨さや残酷さを伝えた。山下さんは「戦後、生活が苦しかったり、原爆による病気やけがが治らなかったりして自殺する人が多かった。
長崎新聞2020/6/29長崎
達清さんはハワイ出身の妻チヨさん(当時35歳)と2男2女、父達善さん(当時75歳)を連れて、米軍の激しい攻撃の中で「壕の立ち退きとともに、再び玉城へ退去命令あり」など日本軍に壕を追い出されたことや、行き先を指示されたことなどを記録した。
琉球新報2020/6/29沖縄
だが依然沖縄に在日米軍専用施設面積の7割が集中している。負担軽減はなぜ進まないのか。その本質が浮かび上がる歴史の事実がまた明らかになった。
琉球新報2020/6/29沖縄
小学生のころ、原子爆弾の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」(中沢啓治作)を読み、戦争の脅威を具体的に想像するようになった。絵の力は大きい。戦争に反対する主人公一家を非国民と迫害した軍国主義の恐ろしさも伝える▼本紙も4月から、新報小中学生新聞りゅうPON!で「まんがで伝える沖縄戦」(絵・なかもとあやこ)を掲載している。
琉球新報2020/6/29沖縄
米軍上陸後は織った反物を、もみ殻を保存していたつぼの中に入れて隠し、山中の木にくくりつけて戦火を逃れた。反物は焼け焦げた部分を裁ち落とし、しずさん自らが染めて縫製した。照子さんは昨年7月、「長く残せる所に託したい」と同館に寄贈した。
琉球新報2020/6/29沖縄
【うるま】石川・宮森小米軍ジェット機墜落事故から30日で61年になる。石川高校の生徒2人が12日、同校で事故の惨劇を目撃した伊波宏俊さん(80)から当時の話を聞き、動画を撮影した。伊波さんは、この事故で児童ら18人が亡くなった一方で「事故機のパイロットは助かった。
琉球新報2020/6/29沖縄
比嘉自治会長も「悲惨な戦争を遠い記憶の中に埋もれさせない」と話した。慰霊祭では、かつて住民の水くみ場や拝所として利用され、現在は米陸軍トリイ通信施設内にある「クラガー」の水を慰霊碑にかけ、犠牲者を弔った。
琉球新報2020/6/29沖縄
米軍憲兵隊が同15日に身柄を確保したが、日米地位協定に基づき米軍施設内で監視下に置かれた。県警が同26日に2人を同容疑で書類送検し、今月1日に那覇地検が起訴していた。
琉球新報2020/6/29沖縄
政府が断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)への配備計画に反対していた阿武町の住民団体「むつみ演習場へのイージス・アショア配備に反。
山口新聞2020/6/29山口