2020年7月5日 ロシア、シベリア、北方領土、御前崎、辺野古

2020年7月5日の13件の報道各社の記事を観察しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、掲示板、辺野古、シベリア、見直し、明らか、埋め立て、北方領土、御前崎、中学生、防空壕、こども、みんな、諫早市、ロシア、などの単語をみつけることができました。13個のコンテンツURLを記録しておきますね。
戊辰戦争のさなか、秋田県で命を落とした仙台藩士を供養しようと建てられた秋田市大町の「川反観音像」が2000年の建立から20年を迎えた。
秋田魁新報2020/7/5秋田
戦争はいけないことだと身に染みて分かった」と振り返った。
岐阜新聞2020/7/5岐阜
第2次大戦で2千万以上の人が亡くなったロシアにとって、北方領土は小さくても、戦争に勝って得た大事な土地とみられています。四島を追い出された日本人の元島民は各地に散らばりましたが、多くは島が見える根室市に移り住んでいます。
北海道新聞2020/7/5北海道
日中戦争さなかの1939年に建てられた木造建築で、敷地は約2千平方メートル。戦時中には姫路駐屯の旧陸軍騎兵第十連隊長が通い、戦後には石見元秀・元市長や、飾磨市との大合併を推し進めた進駐軍のラモート中佐らが会合を開いた。
神戸新聞2020/7/5兵庫
兵庫県加西市は5日から、戦争遺跡などの整備を進めている同市鶉野町の鶉野飛行場跡周辺と、北条鉄道法華口駅を結ぶシャトルバスを運行する。6月から巨大防空壕(ごう)での映像上映がスタートしたことなどに合わせ、毎月第1、3日曜に運行。
神戸新聞2020/7/5兵庫
戊辰戦争後、城内の建物が壊されて荒廃したが、1906年に「岩手公園」として整備。37年、国史跡に指定された。2006年、開園100周年を記念して名称を変更した。
河北新報2020/7/5岩手
長崎県諫早市は、市民の戦争・被爆体験記を収めた小冊子「戦争のない未来へ~子どもたちへの伝言~」第3集中学生版を刊行した。小学生版や総集編も合わせて9冊目。市民9人が寄せた戦争体験6編と、被爆体験3編を収録。
長崎新聞2020/7/5長崎
メガフロート案は1999年の稲嶺恵一県政下で、米軍普天間飛行場の移設案の一つとして取り沙汰された。埋め立てによる土地造成ではなく、海上浮体式の滑走路を設置する案。取材に山崎氏は「中谷氏の真意は『軟弱地盤で埋め立ては無理だが、代替案が必要』ということだ。
琉球新報2020/7/5沖縄
東京で日本料理人をしていたところ、知人から浦添市牧港にあったレストラン「アポロ」で働かないかと打診を受け、米軍統治時代の69年に来県した。料理の腕が買われ、参院議員を務めていた故・稲嶺一郎氏の自宅や日本政府関係者に料理を振る舞ったという。
沖縄タイムス2020/7/5沖縄
担当者は「同じ過ちをしないよう、戦後75年の機会に戦争の問題を知ってほしい」。【譲ります】☆猫生後1カ月半の雑種(三毛・雌1、キジ・雌2)。佐賀市、電話080(5253)8574=10~20時まで、小柳(佐賀新聞HPに写真)☆猫生後2カ月半の雑種(三毛・雌2、黒白・雌3、茶白・雄1、キジ白・雄1、グレー白・雄1)。
佐賀新聞2020/7/5佐賀
戦争前夜の薄暗がりで、国家による「壁に耳あり障子に目あり」の言論監視が強まり、自由にものが言えない。小説家など物書きにとっては時代への反発を、特高(思想警察)の取り締まりの目を気にしながら、判じ物に忍び込ませるように、表現しなければならなかった。
山陰中央新報2020/7/5島根
現在の白亜灯台は1874年(明治7年)に完成し、第2次世界大戦時は米軍の銃撃を受けたことや、1957年(昭和32年)には映画「喜びも悲しみも幾歳月」のロケが行われたことなども紹介した。講座は11日も同館で行う。
静岡新聞2020/7/5静岡
牛尾実験所は太平洋戦争時に旧海軍が強力電波兵器を研究した施設。2015年に国による大井川の河道拡幅工事で取り壊された。地元の郷土史家や県内外の研究者でつくる同会は戦跡について語り継ごうと、これまでに発掘調査や関係者への聞き取りなど進めてきた。
静岡新聞2020/7/5静岡