2020年7月6日 辺野古、ともゑ、スロバキア、岩見沢、戊辰戦争、鹿児島、チェコ

2020年7月6日の11件のメディアの記事などを確認しました。この日収集した新聞各社の報道には、戊辰戦争、チェコ、岩見沢、辺野古、スロバキア、鹿児島、美術家、コロナ、ともゑ、ぷろん、などのことばが散見されました。11個のコンテンツURLを記録しました。
戊辰戦争で奥羽越列藩同盟からの離脱を図った秋田藩の説得に訪れ、勤王派の秋田藩士に暗殺された仙台藩の使者12人の慰霊祭が命日の4日、秋田市であった。同市の地元有志でつくる川反先人慰霊秋田委員会と仙台藩志会が主催した。
河北新報2020/7/6秋田
劇団民芸(川崎市)の女優日色ともゑさんが、戦争や原爆の悲惨さを伝える詩を情感を込めて朗読し、地域住民ら約60人が耳を傾けた。同寺では1998年から講演会を開催。日色さんは、広島と長崎の原爆で肉親を奪われた人々らの詩や手記を題材にした朗読劇「夏の雲は忘れないヒロシマ・ナガサキ一九四五年」の一部を朗読。
北海道新聞2020/7/6北海道
奥州市出身の政治家、後藤新平(1857〜1929年)が125年前に手掛けた日清戦争帰還兵の検疫事業に関する特別展が、奥州市後藤新平記念館で開かれている。新型コロナウイルス感染症が流行する中、その功績が注目されており、4月までだった会期を11月1日まで延長した。
河北新報2020/7/6岩手
同日午後、陸上自衛隊が現地で、感染防護具の着脱要領や施設内のゾーニングなどを指導した。感染者が外に出ることはなく周囲に感染の恐れはないという。県内では5日までの3日連続で2けたの感染者が発生。
南日本新聞2020/7/6鹿児島
昨年の津平和のための戦争展では、空襲で甚大な被害を受けた市街地の写真が壁に展示された=津市西丸之内の津リージョンプラザで 。
中日新聞2020/7/6三重
今年は、NHKなどが展開するキャンペーン「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん」と連携、若者に戦争の記憶を伝えます。「すずさん」は、2016年公開のアニメーション映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督、こうの史代原作)の主人公、北條すずさんのことです。
長崎新聞2020/7/6長崎
真喜志さんの高校や大学時代のスケッチブック、オスプレイが描かれた作品など約50年にわたり発表された約100点を展示。ポップな作風を基盤に、米軍基地問題など戦後沖縄の状況を読み解くことができる。大学の授業の一環で訪れたテンプル大学4年の比嘉ジャスミンさん(22)=名護市出身=は「米国文化や基地の問題など、見る人によっていろんな受け止め方ができる。
沖縄タイムス2020/7/6沖縄
海域は米軍の訓練区域とみられ、パラシュートによる米兵か物資の降下訓練の可能性がある。中城海上保安部や沖縄防衛局によると同日、同海域での米軍訓練の情報は入っていない。豊原の自宅窓から、パラシュートの落下を目撃した40代女性によると、落下地点は豊原と辺野古の中間付近の海上で、陸から500メートル以上の距離とみられる。
琉球新報2020/7/6沖縄
沖縄戦で多くの住民が犠牲になり、戦後も米軍基地が集中し過重な負担が続く。日米同盟は、沖縄に犠牲を強いる元凶である。米国の沖縄戦観は、「軍隊は住民を守らない」という沖縄側の教訓とは相いれない。
琉球新報2020/7/6沖縄
「明治事物起原」によると、両手をあげて祝意を表す行為の始まりは、1889年、大日本帝国憲法の公布時からだ▼76年前、サイパンやテニアンの南洋群島で日本軍と米軍の地上戦が展開された。多くの県系移民も巻き込まれて犠牲となった。
琉球新報2020/7/6沖縄
「戦争は終わった後もさまざまな問題が連続し、恣意(しい)的な判断が下される。北緯30度線はまさにそれを具現化していた」。分離の境界を決めた要因とは―。
琉球新報2020/7/6沖縄