2020年8月3日 彦沖縄、自衛隊、豊見城、稲荷山、大久保、淡路島、嘉手納、伊万里

2020年8月3日の30件のマスコミ報道などを精査しました。この日マスコミで報じられた内容には、横須賀、嘉手納、超党派、中国人、高校生、彦沖縄、ところ、世の中、稲荷山、ウイルス、コロナ、ひっ迫、自衛隊、中学生、大久保、オンライン、ハワイ、淡路島、女学生、日本人、核兵器、コラム、豊見城、伊万里、風呂敷、などなどの単語が目に止まりました。30個のコンテンツURLを記録しておきますね。
米軍機は爆撃に先立ち、周囲を照らすための照明弾を4カ所に投下。真下には前橋市国領町の平方実業女学校(旧明和高の前身)があった。寄宿舎で生活していた生徒4人が直撃弾などの犠牲になった。
上毛新聞2020/8/3群馬
(高田かすみ)太平洋戦争で沖縄県では1万人を超える道内出身者が戦死。厚生労働省によると、同県で未収容の遺骨は630柱(6月末現在)だが、実際はもっと多いとも言われる。
北海道新聞2020/8/3北海道
ずっと昔の戦争が身近に感じた。それを機に、芦原さんらは「少しでも力になれば」と、沖縄に通い続けている。
北海道新聞2020/8/3北海道
太平洋戦争末期の1945年8月2日。淡路島沖の鳴門海峡で、宝塚海軍航空隊の予科練習生らを乗せた民間船「住吉丸」が米軍機の機銃掃射を受け、乗船していた約110人のうち、14~17歳ごろの練習生76人を含む82人が命を落とした。
神戸新聞2020/8/3兵庫
太平洋戦争終戦前日に兵庫県香美町沖で日本海軍の海防艦2隻が米国の潜水艦に撃沈された「香住沖海戦」の戦没者を悼む慰霊祭が1日夕、同町香住区一日市の岡見公園で営まれた。戦後75年の節目を迎える今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模を縮小。
神戸新聞2020/8/3兵庫
市によると、海上自衛隊横須賀基地の20代女性隊員。
神奈川新聞2020/8/3神奈川
75年前の終戦直後、米軍が県内で、菊池恵楓園(熊本県合志市)などを撮影した16ミリカラーフィルムの映像が見つかった。調査した「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク」が3日午前、合志市で会見し、「戦後日本の衛生行政や武力放棄に対する米軍の関心の高さを知る貴重な資料だ」と評価した。
熊本日日新聞2020/8/3熊本
ふろしき研究会(北区)が、戦争の記憶を伝えようと主催した。千葉県在住の木綿古布収集家、豊田満夫さんのコレクションの一部を展示する。満州国や朝鮮半島、樺太の地図や路線図とともに、兵隊が日章旗を地面に差したり、戦闘機が飛んだりする姿を染めた風呂敷が目立つ。
京都新聞2020/8/3京都
陸上自衛隊大久保駐屯地(宇治市)で同市の30代男性隊員が感染し、感染経路や接触者を調べている。残る5人は向日市、南丹市、与謝野町、京丹後市の30代~50代男女で、向日市の男性会社員2人の感染経路は不明。
京都新聞2020/8/3京都
陸上自衛隊大久保駐屯地(宇治市)で宇治市の30代男性隊員の感染が判明。感染経路や接触者を調べている。残る5人は向日市、南丹市、与謝野町、京丹後市の30代~50代男女で、向日市の男性会社員2人の感染経路は不明。
京都新聞2020/8/3京都
京都府は3日までに、米軍の検査で新型コロナウイルスの感染が判明した米軍経ケ岬通信所(京丹後市)の関係者2人について、ホームページ(HP)で公表した。7月30日に米軍から報告を受けていたが、これまで府として明らかにしていなかった。
京都新聞2020/8/3京都
【亀山】市民団体「戦争遺跡に平和を学ぶ亀山の会」(服部厚子代表)は2日、亀山市天神二丁目の中村公民館で、亀山列車襲撃事件の犠牲者を悼む追弔法要を行った。西口昌利副市長や小坂直親市議会議長のほか市民ら計30人が参列した。
伊勢新聞2020/8/3三重
2001年、池田早苗さん=当時(68)、故人=は「戦争が憎い原爆が憎い核兵器が憎い」と吐露した。09年、“核兵器なき世界”を訴えたオバマ米大統領=当時=のプラハ演説を、多くの被爆者が歓迎した。その年、奥村アヤ子さん=当時(72)=は「やっと被爆者の声が世界に届いた形となり、心強く感じている」と期待感を込めた。
長崎新聞2020/8/3長崎
市民が戦争体験を語り継ぐ様子に「自分も話していかなければ」と感じた。被爆体験を修学旅行生らに語り続け、約10年になる。昨年11月のローマ教皇フランシスコの長崎訪問の際には、爆心地公園で献花用の花輪を手渡した。
長崎新聞2020/8/3長崎
「平和への誓い」で政府の安全保障政策を批判し議論を呼んだことに絡め、「発言封じでは」と疑問を呈し、抗議声明を出す事態にまで発展した経緯がある。人選の公平、公正さを保つため、最終的には市が候補者を公募し、被爆者団体の関係者、学識経験者らでつくる選定審査会が選出する方式に落ち着いたが、一連の見直し議論は、被爆者が高齢化する中、「平和への誓い」や人選の在り方に一石を投じた。
長崎新聞2020/8/3長崎
アピール文には「核兵器は二度と使われてはならない」「平和をもたらすのは戦争ではなく、人々の対話と許し合い」との記述を盛り込んだ。最後に「被爆者が身体的だけでなく、精神的な痛みもずっと抱えていると知った」(ハワイ側)、「日本は被爆国なのに核の傘の国ということに矛盾を感じた」(長崎側)など、感想を伝え合った。
長崎新聞2020/8/3長崎
最上稲荷(岡山市北区高松稲荷)は、昭和初期に運行していたケーブルカー「中国稲荷山鋼索鉄道」を撮影した写真やフィルム映像などの資料を募集している。
山陽新聞2020/8/3岡山
県内の米軍基地内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、基地内の社会生活の維持に不可欠な仕事に就く「エッセンシャルワーカー」は、感染の不安を抱えながら業務を続けている。在日米軍は自然災害やテロなど緊急時に基地内で業務に当たる職種を「ミッション・エッセンシャル」と定め、基地への立ち入り制限時も業務の継続を求めている。
琉球新報2020/8/3沖縄
同訓練は、沖縄に関する特別行動委員会(SACO)最終報告で本土移転するとされ、四半期に1度、本土の陸上自衛隊演習場で実施している。防衛省は7月31日までに、7~9月の矢臼別演習場(北海道)で予定していた155ミリりゅう弾砲実弾射撃訓練の中止を発表。
沖縄タイムス2020/8/3沖縄
自民党の中谷元・元防衛相や国民民主党の前原誠司・元外相らが参加する超党派の勉強会は7月30日、国会内で会合を開き、国家安全保障戦略の改定に加え、「国家防衛戦略」の策定を求める提言をまとめた。在日米軍基地の自衛隊との共同使用の促進なども盛り込んだ。
沖縄タイムス2020/8/3沖縄
在沖米軍関係では17人が感染した。所属の内訳は、キャンプ・ハンセン13人、キンザー2人、普天間飛行場1人、嘉手納基地1人で、累計は273人。県には米軍から、1日の検査総数は469件で陽性率4%と報告があったという。
沖縄タイムス2020/8/3沖縄
米軍関係はキャンプ・ハンセンで13人、牧港補給地区で2人、普天間飛行場で1人、嘉手納基地で1人の計17人が感染した。米軍関係の累計感染者は273人となった。
琉球新報2020/8/3沖縄
同日判明した米軍関係の新規感染者は1人で、累計感染者数は274人となった。
沖縄タイムス2020/8/3沖縄
米軍嘉手納基地で7月31日午前11時10分ごろ、米軍三沢基地(青森県)所属のF16戦闘機4機が飛来する様子が確認された。その後、8月1日に離陸し、米軍横田基地(東京都)に移動した。沖縄防衛局が米側に飛来目的を照会している。
沖縄タイムス2020/8/3沖縄
豊見城署は7月31日、正当な理由なく米軍施設区域内に侵入したとして、自称中国籍の無職の容疑者(25)を刑事特別法違反容疑で緊急逮捕した。豊見城署によると容疑者は逮捕当初、「自殺するために入った」などと供述していたが「軍港内にいる友だちに会いに来た」などと供述が二転三転しているという。
琉球新報2020/8/3沖縄
米軍基地内では日本の法律が適用されず、労働行政が機能していない。米軍は基地従業員に対して業務命令権と指揮命令権を有しているが、従業員と労働契約を結んでいるのは国(防衛省)であり、三者間の契約関係において防衛省の雇用責任は曖昧になっている。
琉球新報2020/8/3沖縄
米軍基地内で働く日本人従業員は国(防衛省)が間接雇用し、在日米軍へ労働提供している。職種ごとに契約が分かれ、各軍に属して業務を行う基本労務契約(MLC)、非戦闘船舶の乗組員が結ぶ船員契約(MC)、各軍にサービスの提供を担う諸機関労務協約(IHA)の3種の労務提供契約がある。
琉球新報2020/8/3沖縄
太平洋戦争時に軍需工場だった川南造船所の跡地北側で、1955年に造船所が閉鎖された後は遊休地になっていた。跡地南側は、廃墟になっていた建物を市が2012年に解体、将来は公園として整備する構想がある。発電所では、LNGを気化した天然ガスを燃料として発電する。
佐賀新聞2020/8/3佐賀
平和を継承する大切さを訴える読み手=松江市八幡町、竹矢公民館広島原爆の日(8月6日)を前に戦争の悲惨さを伝えようと、松江市内の小学生を含む7人が2日、同市八幡町の竹矢公民館で原爆を題材にした朗読劇「さあちゃんとヒロシマ」の朗読を披露した。
山陰中央新報2020/8/3島根
■聞名寺にふすま絵「原爆の図」で知られる日本画家、丸木位里(まるきいり)(1901~95年)が、太平洋戦争の開戦翌年の1942(昭和17)年に八尾町(現富山市)の古刹(こさつ)・聞名(もんみょう。
北日本新聞2020/8/3富山