2020年8月7日 名古屋、馬毛島、伊江島、嘉手納、辺野古、多賀城、トリイ

2020年8月7日の37件の新聞記事を精査しました。収集した新聞各社の報道を読むと、辺野古、トリイ、市役所、高校生、多賀城、嘉手納、トンネル、名古屋、馬毛島、コロナ、タナカハルナ、伊江島、核兵器、美術館、国内外、のようなことばが使われていました。37個のコンテンツURLを記録しておきます。
若者に戦争体験を伝えたいと、「わたしのいくさごと」を出版した大島さん=弥富市で 。
中日新聞2020/8/7愛知
展示パネルや当時の時計などが並ぶ企画展=名古屋市中区丸の内3の「愛知・名古屋戦争に関する資料館」で 。
中日新聞2020/8/7愛知
陸上幕僚監部(東京)は六日、陸上自衛隊守山駐屯地(名古屋市守山区)の四十代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
中日新聞2020/8/7愛知
75年がたち福井県内にいる被爆者も少なくなる中、「原爆や戦争の記憶を風化させないで」と呼び掛ける。×××当時、私は厳島の西側の対岸に位置する広島県廿日市市大野で両親と姉、祖母の5人で暮らしていた。その日は晴れていたが、そこまで暑い日じゃなかった。
福井新聞2020/8/7福井
連載「私の戦争戦後75年」は原爆編として、現在は東播地域で暮らす被爆者5人の体験を紹介する。◇◇■兵庫県加古川市狩野重治さん(92)お母さんは、お父さんは、どうなったのか。昭和20(1945)年8月10日、広島駅を降りた時、目の前の光景にがくぜんとしました。
神戸新聞2020/8/7兵庫
太平洋戦争末期、旧日本陸軍が本土決戦に備えて兵庫県三田市藍本地区の地下に兵器工場を作ろうとしていた。間もなく終戦75年になる今も未完成のトンネルが残っていると聞いて、現地に詳しい男性に案内してもらった。
神戸新聞2020/8/7兵庫
「無条件に戦争はだめ。あんな思いを後世の人にはしてほしくない」。
神戸新聞2020/8/7兵庫
「歩兵第70連隊」「歩兵第168連隊」「第31航空通信連隊」篠山歩兵第70連隊は日露戦争後の1907(明治40)年に大阪で発足し、翌年に当時の篠山町へ移る。70連隊が日中戦争に向けて37(昭和12)年に満州へ派兵された後も、この兵営からは第170連隊、第216連隊などが目まぐるしく編成された。
神戸新聞2020/8/7兵庫
野田市長は「戦争の犠牲者や震災の犠牲者の上に今の生活があることを永遠に忘れてはならない」と話した。
河北新報2020/8/7岩手
次男兼介さん(76)は「戦争の現実を知らない人が増えた。あの日のことが少しでも伝われば」と話す。タイトルは「長崎原爆15分後」。
南日本新聞2020/8/7鹿児島
防衛省は7日、西之表市馬毛島に計画する自衛隊基地の配置案を公表した。米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転を想定した滑走路2本を新設する。秋にも環境影響評価(アセスメント)の手続きに入り、早期着工を目指す方針。
南日本新聞2020/8/7鹿児島
これを受け政府は国家安全保障会議(NSC)で議論し、9月中に方向性を示す方針だ。しかし、敵基地攻撃能力は国是の「専守防衛」から逸脱する懸念が拭えない。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画断念を受け、代替機能を検討するチームが自民党内に立ち上がったのが6月末。
高知新聞2020/8/7高知
高知空襲の写真が並ぶ高知市役所(6日午後、高知市本町5丁目)戦争の恐ろしさや平和の大切さを写真などで伝える「戦後75年・高知空襲展」が6日、高知市役所本庁舎で始まった。14日まで。広島に原爆が投下された8月6日を、高知市は「高知市平和の日」と定め、関連する催事を毎年企画している。
高知新聞2020/8/7高知
海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は6日、舞鶴航空基地に所属するヘリコプターの部品が飛行中に落下した可能性があると発表した。SH-60K型哨戒機がこの日午前9時すぎに同基地を離陸し、京都府舞鶴市や宮津市、兵庫県豊岡市、鳥取市を経て午前10時25分ごろ、美保航空基地(鳥取県米子市)に着陸した。
京都新聞2020/8/7京都
京都府は7日、京丹後市の米軍経ケ岬通信所で軍属1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。同通信所関連の陽性者は計13人になった。府によると、軍属は40代の男性で、6日に発熱の症状が出たため医療機関を受診し、PCR検査で感染が確認された。
京都新聞2020/8/7京都
小林さんは大きな衝撃を受けるとともに、父の戦争体験をつぶさに記録することを決意した。数年をかけ、当時の記憶を話してくれた喜久男さん。証言や資料を基に被爆者健康手帳を申請していた08年9月、不慮の事故で亡くなる。
河北新報2020/8/7宮城
「戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に伝える一人になれたら」と話す。「夏の空に」は、原爆で亡くなった人たちを悼み、つらい過去の出来事でも未来に語り継ぐことの大切さを訴える曲。落ち着いた曲調だが、「悲しみの涙はやがて乾いていく時の歩みの中で忘れてしまう」と、被爆の記憶が風化していくことへの懸念を、澄んだ歌声でストレートに伝える。
長崎新聞2020/8/7長崎
戦争、原爆、平和をテーマにした美術展「第41回ながさき8.9平和展」(同企画委員会主催)が6日、長崎市出島町の県美術館で始まった。さまざまな表現技法で制作された絵画、写真、立体、児童画など国内外から集まった計約180点が並ぶ。
長崎新聞2020/8/7長崎
防衛省によると、全国で昨年度、対象者の氏名や住所などの情報を紙などで提供したのは719自治体。これに対し、851自治体が閲覧のみで対応した。県内各市町によると、提供に応じているのは佐世保市など10市町、長崎市など11市町は閲覧のみの対応を取っている。
長崎新聞2020/8/7長崎
沖縄防衛局は6日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設工事で、海上警備を担当する男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。濃厚接触者を自宅待機とするなど必要な感染防止策が講じられているなどとして、防衛局は米軍と協議した上で、新基地建設を継続するという。
琉球新報2020/8/7沖縄
【伊江】1948年8月6日、伊江島で起きた米軍弾薬処理船(LCT)爆発事故から6日で72年となった。同村の被爆慰霊碑前で開かれる予定だった慰霊祭は、新型コロナウイルスの感染防止のため開かれず、島袋秀幸村長や戦争体験者らが慰霊碑を訪れ、それぞれ鎮魂の祈りをささげた。
琉球新報2020/8/7沖縄
【東京】防衛省は7日、小型無人機(ドローン)の飛行を禁止するドローン規制法の対象施設に、キャンプ・シュワブや嘉手納基地など在日米軍基地15カ所を指定した。米軍基地の指定は初めて。自衛隊についても、航空自衛隊那覇基地など14カ所が追加指定された。
琉球新報2020/8/7沖縄
【東京】河野太郎防衛相は7日午前、小型無人機ドローンの飛行を禁止する防衛関係施設に、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブを含む29施設・区域を新たに指定した。米軍基地の指定は初めて。指定された施設・区域と、その周囲約300メートルの上空での飛行が禁止となる。
沖縄タイムス2020/8/7沖縄
米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が4日、飛行中に重さ約3・6キロの金属製部品を落下させた。落下場所は不明で、陸上に落ちた可能性もある。住民の命に関わり、即時の飛行停止が必要だ。
琉球新報2020/8/7沖縄
玉城デニー知事は6日、太平洋戦争末期に広島に原爆が投下されてから75年の節目に合わせ、単文投稿サイトのツイッターにメッセージを投稿した=写真。「今から75年前、広島市に原爆が投下され、多くの尊い命が犠牲となった。
琉球新報2020/8/7沖縄
村の担当者によると、米軍から事前通知はなかったという。2機は午後5時過ぎに嘉手納基地を離陸し、トリイ通信施設へ向かった。午後6時過ぎから7時にかけ、いずれも地上約10メートルの高度でホバリングした状態からロープをつるし、複数人の兵士が着陸帯に降下するという訓練を、少なくとも20回以上繰り返した。
琉球新報2020/8/7沖縄
県の発表では、米軍関係は6日時点で新たに嘉手納基地で2人、キャンプ瑞慶覧で2人、キャンプ・コートニーで6人の、計10人の感染が確認されたとしている。米軍関係の累計感染者は299人となった。
琉球新報2020/8/7沖縄
昨年末までに沖縄県内在住の米軍属や高校生ら男女計20人が大麻取締法違反の疑いで摘発された事件で、米軍属らに大麻約1150グラムを密売(販売収益約400万円)したとして、同法と麻薬特例法違反の罪に問われた福岡県宇美町の元町議時任裕史被告(42)の裁判員裁判の判決公判が7日、那覇地裁であった。
沖縄タイムス2020/8/7沖縄
また、尾身会長は沖縄で感染拡大が続くウイルスについて、米軍由来のものが多いのか、東京由来のものが多いのかを国立感染症研究所が調べていると語った。
琉球新報2020/8/7沖縄
一方、米軍関係者の新規感染者は4人確認されたことが米側から報告された。7月に入ってから感染者が相次いでいる事態を受け、玉城デニー知事は8月1日、県独自の緊急事態宣言を発出した。県民に不要不急の外出自粛や離島への移動自粛などを求めているが、感染拡大の勢いは衰えていない。
琉球新報2020/8/7沖縄
一方、米軍関係者の新規感染者は4人確認されたことが米側から報告された。7月に入ってから感染者が相次いでいる事態を受け、玉城デニー知事は8月1日、県独自の緊急事態宣言を発出した。県民に不要不急の外出自粛や離島への移動自粛などを求めているが、感染拡大の勢いは衰えていない。
琉球新報2020/8/7沖縄
【東京】河野太郎防衛相は7日の記者会見で、小型無人機ドローンの飛行を禁止する防衛関係施設に、在日米軍の15施設を指定したことに関し、「知る権利は大事だが、ドローンがテロなどにも使われている懸念もあるので、そうしたことを考慮しながら指定した」と述べた。
沖縄タイムス2020/8/7沖縄
新型コロナウイルスの影響で3密の回避が求められる中、供養の在り方を模索しながら戦争犠牲者を追悼した。例年は、佐賀市の斎場で350人規模で実施していた。新型コロナの感染が拡大し、屋外での開催は断念したものの「途切れさせてはいけない」と6月下旬に動画投稿サイト「ユーチューブ」での配信を決め、アカウントを作った。
佐賀新聞2020/8/7佐賀
戦争の記憶が薄れていく中で、スマは、忘れかけていた「正直に生きる勇気」に気付かせてくれる。(己)。
山陰中央新報2020/8/7島根
 全員で黙とうした後、舟橋貴之町長が「戦争で数え切れないほどの遺族と悲しみが生まれ、苦しみがあったことを忘れてはならない」と式辞を述べた。内山昭町議会議長、亀山彰町遺族会長らが追悼の辞を贈り、参列者が献花した。
北國新聞2020/8/7富山
訓練には警察、航空自衛隊串本。
紀伊民報2020/8/7和歌山
広島「原爆の日」の6日、広島で被爆し語り部活動を続ける柳井市の浅海頼子さん(91)が市内で開かれた講演会で「戦争は人を狂気に変えてしまう。
山口新聞2020/8/7山口