2020年9月9日 辺野古、ベナン、辺野古崎、甲子園、共同通信、ベネチア

2020年9月9日の28件の記事をチェックしました。新聞各社の報道では、ウクライナ、甲子園、ゾマホン、ジュゴン、中高生、県議会、鳴き声、辺野古崎、コロナ、ベナン、オスプレイ、ボイス、おいら、辺野古、アフリカ、消防署、共同通信、身ぶり、ベネチア、すっぴん、ロシア、サムライ、埋め立て、腹切り、有明海、グラウンド、といったことばが記事にありました。28件の記事URLは以下の通り。
おいらせ消防署(田中英明署長)は7日、おいらせ町の百石海岸沖合で男子高校生を救助したとして、陸上自衛隊八戸駐屯地業務隊管理科に所属する後藤覚(さとし)さん(46)=八戸市市川町桔梗野=と、同市の高瀬新聞店に勤務する風張裕貴さん(37)=同市白銀町雷=の2人に感謝状を贈り、献身的な行動をたたえた。
デーリー東北2020/9/9青森
⇒【D刊】福井県連の持ち票「3票」の行方は菅氏を支持する理由について、稲田朋美幹事長代行(細田派)は「経済、外交安全保障、憲法改正などの政策を引き継ぐと明言している」と説明。「改革マインドがあり、力のある政治家。
福井新聞2020/9/9福井
「スパイの妻」は、大平洋戦争開戦前、出張先の満州で偶然、恐ろしい国家機密を知り、正義感から世界に訴えようとする実業家と妻の物語。神戸市出身の黒沢監督が初めて地元を舞台に撮った時代もので、主要場面のロケが市内各所で行われた。
神戸新聞2020/9/9兵庫
悲惨な戦争を許すことはできない。対日戦争に参加したソ連当局やソ連兵に恨みや憎しみはある。だがウクライナ人には一切ない。
南日本新聞2020/9/9鹿児島
 神奈川県大和市上草柳で56年前に起きた鉄工所への米軍機墜落事故の慰霊祭が8日、現地で行われ、関係者約25人が参列した。
神奈川新聞2020/9/9神奈川
一九六四年九月、米軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った戦闘機が大和市の鉄工所に墜落し、従業員ら八人が死傷した事故から五十六年となった八日、鉄工所跡地で事故の慰霊祭が開かれ、市民ら二十五人が犠牲者。
東京新聞2020/9/9神奈川
戦争は生活が苦しくなったり、人がたくさん死んだりする。武器を持たなくても平和な国であってほしい。首相が代わっても、今まで通り平和で、自分たちの生活がもっと豊かになる政治を。
高知新聞2020/9/9高知
ただ太平洋戦争による中断を経て、戦前と戦後で生まれた「第1号」の称号は、2氏の球史に残る輝きの副産物なのかもしれない。(原大祐、樋口琢郎)。
熊本日日新聞2020/9/9熊本
海上自衛隊舞鶴地方総監部は9日、後輩隊員に飲食代やジュース代の支払いをさせたり、暴行を加えたりしたとして護衛艦「まつゆき」砲雷科所属の40歳代の男性2等海曹を減給6分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
京都新聞2020/9/9京都
県は8日、他県で療養施設開設などを支援している陸上自衛隊に9〜12日の災害派遣を要請した。陸自松本駐屯地(松本市)の自衛官5人前後が派遣される見通しという。県によると、ホテル内をスタッフの防護具着用が必要な区域と不要な区域に分ける「ゾーニング」などについて助言を受ける。
信濃毎日新聞2020/9/9長野
北村氏は「外交安全保障に強く、責任感がある。武士道精神を持った人だ」と持ち上げる。古賀氏は「これからの日本は国論を二分するようなテーマに果敢に挑まなくてはならない。
長崎新聞2020/9/9長崎
防衛局は米軍の物かどうかを含めて米軍に問い合わせている。県は情報を収集している。
琉球新報2020/9/9沖縄
戦争中の広島県呉市を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」で、絵が好きな主人公すずが段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、憲兵にスパイ行為だと厳しく言い寄られる場面がある。呉は軍港である。海岸線の写生や写真撮影は禁止されていた。
琉球新報2020/9/9沖縄
【北部】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で、辺野古崎西側の「埋め立て区域(2)」の約半分が土砂投入を終えていることが市民団体の分析で分かった。辺野古崎東側の大浦湾では軟弱地盤の存在などが指摘され、埋め立て工事の見通しは立っていないが、西側の埋め立て区域は工事が進んでいる。
琉球新報2020/9/9沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が4月に県に提出した設計変更申請書について、県は8日、申請内容を公開し県民ら工事で影響を受ける人から意見を募る「告示・縦覧」を開始した。
琉球新報2020/9/9沖縄
米軍関係の新規感染は確認されなかった。
沖縄タイムス2020/9/9沖縄
米軍関係者についての報告は0人だった。【琉球新報電子版】。
琉球新報2020/9/9沖縄
米軍関係はゼロだった。死亡したのは、新型コロナ感染症で入院していた患者で、県内の関連死者数は41人となった。亡くなったのは、うるま市の90歳以上の女性、糸満市の70代女性、那覇市の70代男性の3人。
沖縄タイムス2020/9/9沖縄
また、石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の実施を市に求める団体は、同条例の住民投票規定に基づき、市長に住民投票の実施義務があると主張している。
琉球新報2020/9/9沖縄
イラク戦争で従軍取材経験のある儀間さんは「辺野古など米軍基地問題を本土の人に伝えるにはどうすればいいか。新しい視点で考えたい」と抱負を語った。琉球大を卒業後、共同通信社に入社。
琉球新報2020/9/9沖縄
世話人の一人で、建築家の真喜志好一さんは閲覧後、記者団の取材に応じ「政府と米軍が合意しようと沖縄の私たちの安全性の問題が消えたわけではないので、そこをしっかり見たい」と話した。県には告示前から数百通の意見が寄せられているが、県の担当者は「告示・縦覧は法律に基づき期間が定められている」と説明する。
琉球新報2020/9/9沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で沖縄防衛局は8日、第28回環境監視等委員会(委員長・中村由行横浜国立大大学院教授)を那覇市のホテルサンパレス球陽館で開いた。今年2月以降に天然記念物ジュゴンの鳴き声らしき音が水中で録音されている嘉陽沖の「K4」地点に続き、南側にある「K5」地点でも同様の音が6月21日に確認されたことを報告した。
琉球新報2020/9/9沖縄
嘉手納町の嘉手納マリーナで8月1日、溺れかけていた久高吏亜夢ちゃん(5)を嘉手納基地所属の米軍人らが救助した。母の依子さん(31)=宜野座村=は「子どもを助けてもらい、とても感謝している」と喜んだ。依子さんによると、家族が目を離した際に吏亜夢ちゃんが波に流された。
沖縄タイムス2020/9/9沖縄
8日に竹富町竹富島の海岸で軍事訓練などの標的用無人機とみられる物体が見つかった件について、沖縄防衛局は9日、米軍から「米軍の物ではない」と回答を得た。防衛局が9日、本紙に回答した。第11管区海上保安本部によると、竹富島の住民から「オレンジの漂着物がある」と通報があり、流れ着いた物とみられている。
琉球新報2020/9/9沖縄
【オスプレイ配備計画】県有明海漁協では6月30日に西久保組合長をはじめとする新体制が発足し、7月8日に私が組合長を訪問した。防衛省からの佐賀空港の自衛隊使用要請は県として受け入れる判断をしており、漁協においても検討を進め、要請を受け入れていただくよう改めて申し入れを行った。
佐賀新聞2020/9/9佐賀
資源豊かな土地なのに戦争ばかりで水も飲めないほど貧しい」と訴えた。法人の専務理事を務める川口さんは「寄付やボランティアではなく、利益を生み出さないといけない。このプロジェクトで、企業はアフリカと直接パイプもできる」と強調した。
佐賀新聞2020/9/9佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、佐賀県有明海漁協は10日を軸に、各支所の代表者らでつくるオスプレイの検討委員会を開く方針を固めた。9月中旬から本格化するノリ養殖の前に、漁協がどういった協議の道筋を示すのかが焦点になる。
佐賀新聞2020/9/9佐賀
本年度内の退役が決まっている航空自衛隊の戦闘機F4EJ改が8日、境港市小篠津町の空自美保基地に空輸された。同基地に戦闘機が着陸したのは初めて。同基地で燃料系統や火器などを取り外し、来年4月以降に基地内で展示する。
日本海新聞2020/9/9鳥取