2020年9月11日 オスプレイ、竹富島、開聞岳、有明海、喜界島、馬毛島、民主党

2020年9月11日の23件の新聞記事をチェックしました。収集した新聞各社の報道を読むと、西海岸、オスプレイ、日米地位協定、自転車、ミサイル、有明海、見直し、飛行場、竹富島、民主党、引き出し、開聞岳、レガッタ、コロナ、馬毛島、市議会、スポット、特攻隊、小中学生、喜界島、掩体壕、和菓子、いっぱい、栽特攻、ガイド、ハイカラ、などなどのことばが目に止まりました。23件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
米軍機事故や在日米軍基地の新型コロナウイルス感染拡大により、在り方を問う声が出ている日米地位協定に関し、米軍三沢基地を抱える青森県三沢市の小桧山吉紀市長は10日の市議会一般質問で「現在のところ、地位協定の見直しを求める考えはない」と説明。
東奥日報2020/9/11青森
安倍晋三首相は11日、安全保障政策に関する談話を発表した。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備断念を受け、検討してきた新たなミサイル防衛について「与党ともしっかり協議しながら、今年末までにあるべき方策を示す」と表明。
北海道新聞2020/9/11北海道
太平洋戦争末期の沖縄戦を描く映画「島守の塔」を撮影している五十嵐匠監督(61)が10日、兵庫県佐用町を訪れ、沖縄最後の官選知事・島田叡(あきら)氏=神戸市須磨区出身=と戦地で言葉を交わした三枝(みえだ)利夫さん(92)=同町=を取材した。
神戸新聞2020/9/11兵庫
だが、戦争のため敏馬の地は売却、戦後の会員数の減少もあり、水上競技のみならず、活動は縮小していった。「昔はサッカーが強くて、社会人リーグの1部でいい成績を残せた」と会員の川口春之さん(55)。23年前に準会員となり、多国籍チームで活躍した頃を懐かしむ。
神戸新聞2020/9/11兵庫
「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」(北國新聞社特別協力)秋の陣の一環で13日に金沢市の本多の森ホールで開かれる「陸上自衛隊中部方面音楽隊コンサート」の出演者らが10日、北國新聞社で飛田秀一会長と懇談し、意欲を語った。
北國新聞2020/9/11石川
市内で戦跡ガイドをしている「出水民泊プランニング」と「戦争遺跡を考える会」で、シバザクラやアジサイで彩る計画。「花の名所にして、戦争遺跡の存在を知ってもらいたい」との思いを込める。掩体壕はコンクリート製で、旧海軍出水航空基地跡近くにある。
南日本新聞2020/9/11鹿児島
西之表市馬毛島への自衛隊基地整備と米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)の移転計画について、地元住民でつくる「馬毛島の自衛隊・FCLP訓練を支援する市民の会」は11日、県庁を訪れ、計画に賛成するよう塩田康一知事宛てに要望書を提出した。
南日本新聞2020/9/11鹿児島
外交・安全保障面では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設中止を明言した。ならば代案はどうするのか。一つ一つ説得力を持った政策を示すことが旧民主党の負のイメージを払拭(ふっしょく)し、政権担当能力の評価につながるのではないか。
高知新聞2020/9/11高知
熊本市と防衛省陸上幕僚監部は、10日に感染が判明した東区の30代男性が、陸上自衛隊健軍駐屯地に勤務する自衛隊員と公表。男性は官舎で1人暮らし。味覚に違和感を覚え、9日に医療機関を受診、10日に陽性が判明した。
熊本日日新聞2020/9/11熊本
日南市の日南学園中高(藤原昭悟校長、598人)で5日、姉妹都市・米国ポーツマス市との友好を願う行事「ベル・リンギング」があった。
宮崎日日新聞2020/9/11宮崎
県は長崎大や陸上自衛隊、災害派遣医療チーム(DMAT)など関係機関の支援を受け、県民への医療提供体制を守りながら乗組員の健康管理に注力するという難しい対応を迫られた。県は今後もクルーズ船事業を継続する姿勢を示しているが、複数の関係者によると、同様の集団感染が発生すると、自治体での対応は再び困難になることが予想される。
長崎新聞2020/9/11長崎
【石垣】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、住民説明会で説明がなかった新たなゲート設置が判明した件で、沖縄防衛局は10日、「住民説明会で説明した内容から大きな変更があったものとは考えておらず、再度の説明会は予定していない」と本紙の取材に回答した。
琉球新報2020/9/11沖縄
【浦添】浦添市議会(護得久朝文議長)9月定例会が10日開会し、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市移設に関連して同市西海岸開発の早期実現を求める意見書を賛成多数(賛成17、反対5、退席2、欠席1)で可決した。
琉球新報2020/9/11沖縄
竹富町竹富島の海岸で見つかった小型無人機とみられる機体に関し、沖縄防衛局に米側から「米軍のものではない」との回答が10日までにあった。同無人機は8日、海岸に打ち上げられているのが見つかった。オレンジ色で長さ約7メートル、幅約1.5メートル。
沖縄タイムス2020/9/11沖縄
米軍関係はキャンプ・シュワブで1人の感染が確認され累計398人となった。
琉球新報2020/9/11沖縄
安倍政権は、特定秘密保護法の制定や集団的自衛権の限定的行使を認めた閣議決定、安全保障法制など、多くの国民の反対や慎重審議を求める声を無視し、数で押し切る政治手法が際立った。安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選を巡り、5派閥が雪崩を打って菅義偉官房長官支持を決めた。
琉球新報2020/9/11沖縄
「あれから国際情勢の報道にびくびくしている」と語っていた▼テロ後、米軍基地が集中する沖縄への旅行控えが広がった。宿泊施設のキャンセルは30万人以上になった。その後は持ち直したが、08年には米大手証券会社リーマン・ブラザーズの経営破綻により経済が落ち込んだ。
琉球新報2020/9/11沖縄
米軍関係では嘉手納基地で2人の感染が確認された。11日の新規陽性10人中、行政検査によって2人の感染が分かった。行政検査は129人に実施していた。
沖縄タイムス2020/9/11沖縄
県によると米軍関係の新規感染は、嘉手納基地で2人が確認された。米側から県に報告があった。【琉球新報電子版】。
琉球新報2020/9/11沖縄
佐賀空港を自衛隊と共用しないと定めた協定の変更よりも、防衛省が地権者に説明することを優先させる-。10日の佐賀県有明海漁協の決定は、自衛隊オスプレイ配備計画を巡る交渉の流れを大きく転換させる意味を持つ。
佐賀新聞2020/9/11佐賀
佐賀県有明海漁協は10日、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関する検討委員会を開き、今後は防衛省による地権者への説明会を優先させることを決めた。漁協が組織として賛否を判断する前に、非組合員も含めた地権者の意思を確認することを認める方針転換となる。
佐賀新聞2020/9/11佐賀
朝霞市と和光市、新座市にまたがる陸上自衛隊朝霞訓練場が来年開催予定の東京五輪・パラリンピック大会の射撃競技会場となっていることから、同協会は発信力のある20代から30代の女性らをターゲットに市をPRしようと、観光ガイド冊子を作成したという。
埼玉新聞2020/9/11埼玉