2020年10月5日 鹿児島

2020年10月5日の16件の報道各社の記事を確認しました。にマスコミで報じられたニュースには、倶楽部、鹿児島、ゴルフ、当たり、コロナ、県議会、市議会、ウイルス、こうち、無条件、などのフレーズをみつけることができました。16の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
日中戦争開始後の39年、同社の工場拡張のために残る土地も返却。ついに完全閉鎖となった。救いだったのは、先立つ30年に今の通称「猪名川コース」も開設していたこと。
神戸新聞2020/10/5兵庫
3年前の西南戦争の戦後処理に手間取った鹿児島は、1年遅れた。議員数は40人。23日の閉場式まで会期は13日間だった。
南日本新聞2020/10/5鹿児島
過去に取材した戦争体験者の肉声を再録する内容で、徳島新聞や山形新聞などの分も含め22回連載。高知からの声も多数、他紙で紹介されました。試行錯誤の取り組みは始まったばかり。
高知新聞2020/10/5高知
6人が任命されなかったのは、共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法や安全保障法制など政府が進めた政策に疑義を呈したことが一因との見方もある。この点についても「一切関係ない」と否定した。今回の人事を巡って菅首相は「法令に基づき、内閣法制局にも確認して行った」と従来の姿勢を崩さなかった。
京都新聞2020/10/5京都
1人は陸上自衛隊福知山駐屯地所属の20代女性隊員=福知山市在住。多数の感染が確認されている朝霞駐屯地(東京都練馬区など)での教育課程に参加しており、参加隊員の感染は計28人になった。府内のもう1人は長岡京市の60代男性。
京都新聞2020/10/5京都
穀田氏は「戦争の反省から作られた組織であり、本来、学問の自由を保障するのが政府の責任だ。干渉し脅かした問題を国会で議論したい」と強調し、国会審議で追及する構えを示した。
京都新聞2020/10/5京都
このうち男女2人は、それぞれ航空自衛隊と陸上自衛隊に所属する自衛官。県内の感染者は延べ530人となった。県によると、航空自衛隊笠取山分屯基地(津市榊原町)で勤務する名張市の50代男性自衛官は先月28日に倦怠感があり、今月1日夕に発熱。
伊勢新聞2020/10/5三重
県内で四日、新たに三人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。
中日新聞2020/10/5三重
岡山県戦没者秋季慰霊祭(県戦没者顕彰会主催)が5日、岡山市中区奥市の県護国神社であり、明治から昭和にかけて戦争で亡くなった県関係者5万6724人を供養した。遺族ら約200人が参列。藤本政範斎主。
山陽新聞2020/10/5岡山
【浦添】浦添市議会(護得久朝文議長)は9月定例会本会議最終日の10月1日、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市移設に反対し、即時無条件返還を求める決議を賛成少数(賛成6、反対17、退席1、欠席1)で否決した。
琉球新報2020/10/5沖縄
在沖米軍の感染者は、日曜日のため報告はなかったという。
沖縄タイムス2020/10/5沖縄
新型コロナウイルス対策や経済の再建、米軍基地や子どもの貧困の問題など県政の課題は山積している。翁長雄志前知事の急逝による知事選で玉城氏は翁長県政の継承を掲げ、過去最多となる39万余の票を得て当選した。名護市辺野古への新基地建設に反対する「オール沖縄」勢力は知事選など県内の主な選挙で勝ち、建設反対の民意を何度も示してきた。
琉球新報2020/10/5沖縄
米軍関係者の新たな感染者の報告はなかった。
琉球新報2020/10/5沖縄
米軍関係者の感染者は4、5日とも確認されなかったという。感染者数が二桁台となるのは10日連続。県内では5日現在、新型コロナウイルスに感染し入院中は145人。
琉球新報2020/10/5沖縄
在日米軍関係者はいなかった。感染者は1日に29人、2日に25人、3日に29人、4日に20人が確認されている。20人台の感染が続き、4日は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者が11・05人となり、2日連続で全国最多となった。
沖縄タイムス2020/10/5沖縄
陸上自衛隊は4日、朝霞駐屯地(東京都練馬区など)で実施された教育課程に参加していた20代の隊員5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。3日までに別の隊員22人も感染が確認されており、感染者は計27人となった。
佐賀新聞2020/10/5佐賀