2020年10月27日 オスプレイ、辺野古、新田原、佐世保、臥蛇島、海老名、シリア

2020年10月27日の22件のメディア記事を分析しました。ザッピングしたところ、後押し、佐世保、きっかけ、新田原、マスク、海老名、辺野古、サミット、臥蛇島、シリア、不一致、コロナ、中札内、オスプレイ、きょう、日章旗、のようなワードが使われていました。22の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
菅義偉首相の26日の所信表明演説は、外交・安全保障政策で安倍晋三前首相の路線を継承しつつ、踏み込まない表現が目立った。北方領土問題を含む日ロ平和条約締結交渉については「次の世代に先送りせず、終止符を打たねばならない」と語ったが、安倍氏が過去の国会演説で繰り返してきた1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を進める立場には触れなかった。
北海道新聞2020/10/27北海道
防衛省などによると、自衛官は国家公務員法上、過酷な任務を伴うことから「若年定年制」が取られており、50代半ばで退職する人が多い。陸上自衛隊帯広駐屯地では、同制度で例年約70人が退職するという。
北海道新聞2020/10/27北海道
 サミット実行委員会の稲垣清也副会長(加賀市議)が提案した「加賀宣言」には▽日台の外交・安全保障政策を推進するための交流基本法の制定▽新型コロナの感染拡大を防いだ台湾の世界保健機関(WHO)への参加▽環太平洋連携協定(TPP)への台湾の参加支持―といった提言を盛り込んだ。
北國新聞2020/10/27石川
自衛隊と米軍による日米共同統合演習が26日、全国で始まった。同日、鹿屋市の海自鹿屋航空基地に、十島村・臥蛇島で27日始まる訓練に参加する米輸送機オスプレイ4機が到着した。同市によると、オスプレイ飛来は、同市が受け入れた米KC130空中給油機訓練に伴う展示と地上訓練参加、日米物品役務相互提供協定(ACSA)に基づく給油による立ち寄り以外では初めて。
南日本新聞2020/10/27鹿児島
沖縄・辺野古での米軍新基地建設問題について理解を深めてもらおうと、現場の状況を伝える「辺野古・大浦湾命を守る写真展」が30日から、海老名市河原口1丁目の河の手ギャラリーで開かれる。
神奈川新聞2020/10/27神奈川
それこそが戦争のない平和な世界の実現に続く道のりである」と述べた。遺族を代表して市戦没者遺族会副会長の坂口喜代司さん(81)が「75年がたち、平和な国家として発展したが、遺族にとって忘れられるものではない。
伊勢新聞2020/10/27三重
航空自衛隊新田原基地(新富町)で26日、在日米軍再編に伴う日米共同訓練が始まった。
宮崎日日新聞2020/10/27宮崎
航空自衛隊新田原基地(新富町)で始まった日米共同訓練に関し、県は26日、基地到着後の米兵のPCR検査について、米軍側から「(新型コロナウイルスの)陰性を確認した者が基地に来ており、改めて検査を受ける。
宮崎日日新聞2020/10/27宮崎
在日米軍再編に伴う航空自衛隊と米軍の共同訓練が26日、空自新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)で始まった。11月5日まで、土祝日も実施される。午前8時40分ごろから、自衛隊と。
西日本新聞2020/10/27宮崎
海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」(白石豪艦長ら約200人乗艦)が26日、中東海域での情報収集活動を終え、約5カ月ぶりに母港の長崎県佐世保に帰港した。昨年末の閣議決定に基づく第2次隊として派遣され、現地で延べ約1万6千隻の船舶の動向を確認した。
長崎新聞2020/10/27長崎
条約が核兵器に“悪の烙印(らくいん)”を押すと強調、政府には戦争被爆国として核廃絶に向け国際社会の先頭に立つよう呼び掛けた。長崎原爆遺族会の本田魂会長(76)は政府が米国の「核の傘」に依存し条約に背を向け続ければ「ずるずると核廃絶が進まない」と指摘。
長崎新聞2020/10/27長崎
しかし返還は、ヘリパッドの移設条件付きで高江集落周辺にオスプレイ仕様のヘリパッド六つを建設することが条件だ。明らかに機能強化である。建設が進む地元の住民は騒音に悩まされている。
琉球新報2020/10/27沖縄
【東京】菅義偉首相は26日に国会で実施した所信表明演説で沖縄の米軍基地問題について「抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担軽減に取り組む」と述べた上で「普天間飛行場の危険性を一日も早く除去するため辺野古移設の工事を着実に進める」との考えを示した。
琉球新報2020/10/27沖縄
1995年の少女乱暴事件に抗議する県民大会から25年となったことを受け、「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」など市民団体でつくる連絡会が26日に記者会見し、米軍基地返還の多くについて、県内移設を条件とするSACO(日米特別行動委員会)合意の検証を求める声明を発表した=写真。
琉球新報2020/10/27沖縄
県によると、米軍関係者の感染は、キャンプ・フォスターで1人が確認された。【琉球新報電子版】。
琉球新報2020/10/27沖縄
在日米軍関係は1人の感染を確認した。累計感染者数は414人。県内では石垣市の「かりゆし病院」でクラスター(感染者集団)が発生しており、宮古・八重山地域を18~21日に視察した自民会派の県議団18人のうち、計12人の感染が25日までに確認された。
沖縄タイムス2020/10/27沖縄
26日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の声を上げた県統一連の瀬長和男事務局長(57)は「口先だけの言葉は聞きたくない。沖縄戦の悲惨な体験や歴史をもう少し知れば、本当に『寄り添う』ことがどういうことか分かるはずだ」と不信感を募らせた。
琉球新報2020/10/27沖縄
沖縄署は26日、沖縄市胡屋の店舗先路上で、のぼり旗を立てる台座を壁に投げつけ損壊させたとして器物損壊の容疑で、いずれも米軍普天間飛行場所属で21歳の海兵隊1等兵2人を逮捕した。「やっていない」などとどちらも容疑を否認している。
琉球新報2020/10/27沖縄
米軍関係の新規感染者は25、26日ともにゼロだった。26日現在、県が警戒レベルを判断する七つの指標のうち、療養者数と病床占有率、新規感染者数が第4段階の「感染蔓延(まんえん)期」にある。
琉球新報2020/10/27沖縄
米軍横田基地(東京都福生市など)に配備されている輸送機CV22オスプレイ2機が26日、四国沖で海上自衛隊の護衛艦「かが」に着艦した。同日から始まった日米共同統合演習「キーン・ソード」に合わせた部隊視察のため、防衛省の制服組トップ山崎幸二(やまざきこうじ)統合幕僚長と在日米軍のシュナイダー司令官が搭乗した。
佐賀新聞2020/10/27佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、防衛省は26日、駐屯地候補地と周辺の地権者が所属する佐賀県有明海漁協の4支所に対し、早期の地権者説明会の開催を提案したが、漁協側はノリ漁が終わる来春…。
佐賀新聞2020/10/27佐賀
内戦が続くシリアから逃れてきた男性を雇用したのをきっかけに、栃木県鹿沼市下田町の新聞販売店「瀬谷新聞店」店主瀬谷一(かず)世(よ)さん(41)が、生活困窮者らの就労や自立支援に取り組んでいる。
東京新聞2020/10/27栃木