2020年11月14日 馬毛島、かずお、カンボジア、佐世保、文化放送

2020年11月14日の22件の記事を解析しました。この日マスコミで報じられた内容には、オスプレイ、特攻隊、最優秀、馬毛島、居場所、ネット、県知事、飛行場、口利き、かずお、佐世保、モデル、コロナ、文化放送、手助け、カンボジア、といったことばが見出しに使われていました。22の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
岸信夫防衛相は13日の衆院安全保障委員会で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、配備計画を停止した河野太郎前防衛相の判断は正しかったとの認識を示した。
秋田魁新報2020/11/14秋田
ポル・ポト政権下での自国民の大量虐殺や、20年以上に及ぶ激しい内戦を経て、国連監視の下で第1回総選挙が行われたのが1993年。
秋田魁新報2020/11/14秋田
米軍三沢基地は13日夜、基地内で新たに1人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、基地内の感染者は計3人になったと発表した。新たに感染した1人は、民間航空機で東京に到着した後の検査では陰性だったが、他の米軍関係者と借り上げバスで三沢に到着、行動制限終了時の検査で陽性が判明した。
東奥日報2020/11/14青森
同カレッジやグループわでは、働き方改革や地域連携を進める市立学校への支援に取り組んでおり、登下校の見守りや学校行事の受け付け、昔遊びや戦争経験の伝承などをしている。同学級の学習支援は、授業中に子どもに付き添って勉強を教える。
神戸新聞2020/11/14兵庫
このうちの20代男性は陸上自衛隊の隊員で、伊丹駐屯地で勤務している。尼崎市によると、男性隊員は新型コロナではない病気で市内の医療機関に入院する際、PCR検査を受けて12日に陽性と判明した。防衛省陸上幕僚監部によると、感染拡大防止に関係する災害派遣には従事していないという。
神戸新聞2020/11/14兵庫
同カレッジやグループわでは、働き方改革や地域連携を進める市立学校への支援に取り組んでおり、登下校の見守りや学校行事の受け付け、昔遊びや戦争経験の伝承などをしている。同学級の学習支援は、授業中に子どもに付き添って勉強を教える。
神戸新聞2020/11/14兵庫
一般は3年連続の優勝を目指す滝沢市が5区藤村晃誠主将ら陸上自衛隊所属の選手を8区間に配置した。初優勝を狙う奥州市Aは前半を担うベテラン選手が流れをつくれるか。花巻市Aは前半に主力選手を起用、金ケ崎町はバランスが取れたオーダーを編成した。
岩手日報2020/11/14岩手
自衛隊基地整備計画と米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている西之表市馬毛島の買収に関し、防衛省の鈴木敦夫地方協力局長は13日の衆院安全保障委員会で、地権者と売買契約した約160億円の積算根拠について、「取得に向け地権者と交渉中で現時点では答えられないが、適切な段階で説明する」と答えた。
南日本新聞2020/11/14鹿児島
海軍航空隊宮崎基地だった宮崎市・宮崎空港周辺の戦争遺構を巡る修学旅行を前に、戦争や平。
宮崎日日新聞2020/11/14宮崎
花をささげて殉職者の冥福を祈る遺族=松本市高宮西の陸上自衛隊松本駐屯地で 。
中日新聞2020/11/14長野
店先から眺める街にはまだ、戦争孤児がうろうろしていた。6年からは担任の尽力で通学を再開できたが、中学進学と同時に再び行けなくなった。その状況を伝え聞いた児相職員が店を訪問。
長崎新聞2020/11/14長崎
海上自衛隊護衛艦隊(司令部・神奈川県横須賀市)の齋藤聡司令官が13日、8月の着任後初めて、同艦隊に所属する長崎県佐世保の部隊を視察した。同司令官は報道陣の取材に、佐世保の基地の重要性を強調した。佐世保市出身で、県立佐世保南高、防衛大卒。
長崎新聞2020/11/14長崎
在沖米軍関係の感染者はいなかった。累計は435人。県が13日発表した直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数(6~12日)は12・70人で、全国4番目。
沖縄タイムス2020/11/14沖縄
受賞作は19年11月7日にリポートしたもので、観光業者の声や地元青年会の旗頭、玉城デニー知事の会見の様子などを伝え、火災から1週間で地元が動き始め、先の戦争からも復興してきた沖縄の人々の強さや明るさを実感できたことが評価されたという。
琉球新報2020/11/14沖縄
沖縄署は12日、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、米軍トリイステーション所属の2等兵(22)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。追突事故を起こし、酒気帯び運転が発覚した。同署によると「事故を起こしたのは確かだが、酒を飲んで運転していない」と容疑を否認している。
沖縄タイムス2020/11/14沖縄
在沖米軍関係者の新規感染は確認されなかった。(写図説明)県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状(写図説明)県内の感染者数の推移。
沖縄タイムス2020/11/14沖縄
1981年から語り部の活動を始め、約40年にわたって戦争の悲惨さを訴えた。98歳となった昨年5月、体調不良を理由に語り部の活動を終えていた。
琉球新報2020/11/14沖縄
【伊江】米軍基地などの監視を続けている「沖縄ドローンプロジェクト」は、7月中旬に改修工事が終了したとみられる伊江島補助飛行場の滑走路と着陸帯の様子を、4日に小型無人機で撮影した。画像には真っすぐ延びる滑走路と、奥には再編された着陸帯が見える。
琉球新報2020/11/14沖縄
1925(大正14)年に25歳以上の全ての男性になり、45年に太平洋戦争が終わり、20歳以上の男女となりました。特に女性が参政権を獲得するまでには長い時間がかかりました。もし女性に参政権があったら、あの戦争の時代が少し違うものになっていたかもしれません。
下野新聞2020/11/14栃木
改めて戦争の恐ろしさを伝えたいと、気持ちを込めて感想文を書きました。新聞からさまざまな人の経験や思いに触れ、多くを学んでいきたいです。
下野新聞2020/11/14栃木